2015GWの旅(7)- ふかほり邸-4 食事編

2015GWの旅、「天然田園温泉 ふかほり邸」の紹介、お食事です。

母屋の食事処でいただきます。
敷地内を通って、母屋につきました。

d0080998_22141724.jpg


個室です。
昔の日本家屋の和室に、いすとテーブルをいれており、快適に食事がいただけます。

d0080998_22144560.jpg


今夜のメニューです。

自家農園で採れた旬のお野菜や雑穀を使っており、からだにやさしい素材を生かした料理が中心です。

d0080998_22145502.jpg

日本酒
福岡の「金将門」をいただきました。天然水仕込みのすっきり系でいいですね。

d0080998_22153896.jpg


小鉢
せりとしめじのお浸し
いいお出汁で控えめな味付け・・・いいスタートを切りました。私の好みのお浸しです。

d0080998_22152398.jpg


前菜
サーモンてまり、ウドの酢味噌、葉山椒の白和え、たたみイワシ、タラの芽の変わり揚げなどです。色合いは地味ですが、おもしろい発想の前菜ですね。山菜が中心です。

d0080998_22153260.jpg


椀物
ハマグリ真薯

ていねいにつくられた真薯です。ハマグリの香りがいいですね。

d0080998_22154693.jpg


刺身
カワハギの昆布しめと肝ポン酢

大好きなカワハギがでてきました。いい素材です。肝ポン酢が絶品!日本酒がすすみますね。

d0080998_22155563.jpg

d0080998_22160051.jpg


揚げ物
新じゃがとホタテ吉野餡かけ

ジャガイモがこんな料理になるのですね。くずがかかって上品に仕上がっています。

d0080998_22161353.jpg


焼き物
鯛のうぐいす焼

鯛の上に蓬の味噌がかかっています。焼そら豆もほくほくしています。

d0080998_22163025.jpg



すっぽん

あの、お庭で飼っていたすっぽん君のようです。しっかり煮込まれているのでしょう。滋味深いスープでした。


d0080998_22163537.jpg


中皿
野菜スティック

これがとてもおいしいのです。自家製の味噌をつけて・・・ばくばく食べちゃいました。おかわりもいただきましたよ。

d0080998_22164359.jpg


主菜
黒毛和牛のペッパーソース

おいしいやわらかい牛肉です。一番食べごたえなメニューですね。

d0080998_22165106.jpg


ごはん
筍とグリーンピースのご飯

土鍋で炊き立てをほくほく!牛肉、お味噌汁と一緒にいただきました。

d0080998_22170032.jpg
d0080998_22171282.jpg


デザート
苺のティラミス

ふんわりとしたティラミスが舌触りなめらかです。おいしい!

d0080998_22172621.jpg
d0080998_22173787.jpg


さて、朝食です。
こちらも同じ個室でいただきます。

干物、卵焼き、お浸し、サラダなど自然の恵みの素材を使った料理たちが並びます。七輪は干物を温めるものです。卵は薄いいろですが、味は濃厚でした。卵ごはんがすすみました。
ご飯は雑穀でヘルシーです。主人は白いごはんのほうがよかったようですが。

d0080998_22183704.jpg
d0080998_22184401.jpg
d0080998_22185015.jpg

以上、食事の紹介でした。
食事は全般に自然の素材をふんだんに使ってヘルシーを前面に出しています。ですので、奇をてらったあしらいやアクセントのある料理があまりないかもしれません。野菜スティックが一番おいしかった、というと怒られますよね(笑)。






まとめです。日本家屋の風情、広い部屋、ゆったりとした敷地、自然素材の料理で、ナチュラル派の方なら絶賛の宿だと思います。私はかなり気に入ったのですが、主人のほうがそれほどでもなかったようです。食事のインパクトが少なかったからのようですね。お湯もとろりとしていますが女性受けの湯質ですしね。

好みが分かれますが、おもしろい宿です。ナチュラル嗜好でくつろぎたい方にはおすすめです。

おまけです。

帰りに、入り口付近にあるパン屋さん「天然酵母パン じゃぱん」によりました。
宿泊プランに1000円のお土産券がついていたからです。

このパン、このあとのドライブで小腹がすいたときにかじるおやつに重宝しました。

d0080998_22191887.jpg
d0080998_22192418.jpg

[PR]

by totoro6008 | 2015-05-27 23:00 | ふかほり邸  

<< 2015GWの旅(8)- 阿蘇観光 2015GWの旅(6)- ふか... >>