西那須野温泉 大鷹の湯(3) - 温泉編

西那須野温泉「五つ星源泉の宿 大鷹の湯」、次は温泉編・・・お風呂です。

たくさんのお風呂があります。しかも部屋にも露天風呂!1泊では十分堪能しきれません^^。

こちらの源泉は、とても豊富でとろみのあるすばらしい湯質です。宿の紹介は以下です。源泉かけ流し」への自信と誇りを感じる力強い言葉です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
源泉そのままに、循環せず、何も加えず、新鮮なお湯がお1人ごと十分に触れられますよう真の源泉掛け流しをご提供します。 当旅館ではこの「療養」として期待される真の源泉をご堪能いただけます。

マイナスイオンを多く含んだぬめり感のあるお湯は、湯上がりにはすべすべになると評判です。 乳液のような肌触りをぜひともお試しください。

国内で1%しか利用することの出来ない新鮮な湯をそのままに源泉五ツ星の湯をお届けします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんでも、かの有名な秋田県の玉川温泉岩盤浴と比較してマイナスイオンが1.8倍あるそうな。効きそうなお湯ですね。入った感じは、とにかくやさしい、とろみですべすべ、という湯質でした。


まずは大浴場です。
チェックイン前に利用しました。こちらのみ日帰り利用もできます。
男女別の暖簾です。
d0080998_23272802.jpg
d0080998_23273453.jpg

中にはいると、こちらが脱衣所です。私が入った時は、脱衣所に誰もいなくて、お風呂にはいって少ししたら、こちらも一人になるというラッキーでした。

d0080998_23274807.jpg
d0080998_23275270.jpg

湯気がたっぷりこもっているので、まともな写真はとてもとれません^^でも昔ながらの古い湯船と洗い場の風情がご覧いただけますでしょうか。

d0080998_23281967.jpg
d0080998_23280143.jpg

d0080998_23280954.jpg

d0080998_23282554.jpg
チェックイン後にまずはいったのは、裏山の上(?)にあるこちらの半露天風呂です。男女別にわかれています。写真は女風呂です。

この階段を上がっていきます。

d0080998_23290651.jpg

階段が危ないので、遠回りですがこの階段もOKです。途中に温泉神社がありますよ。

d0080998_23462651.jpg
d0080998_23312502.jpg

お風呂の暖簾です。簡易な建物の雰囲気ですね。
d0080998_23300476.jpg
脱衣所は屋根も壁もありますが、簡易な建物なので、暖房もなく、ちょっと寒いかな。
d0080998_23301315.jpg
d0080998_23301935.jpg

八角形の湯船は、部屋風呂を大きくしたような感じ。もちろん部屋風呂と違って複数の方がはいれる大きな湯船ですよ。

寒くて、冬場に洗い場は使えないですね。半露天ですが雨や雪が降ったら入りづらいかな。脱衣所に番傘がありましたが、使ってまで入る人がいるでしょうか?

d0080998_23304779.jpg

d0080998_23303873.jpg
d0080998_23310494.jpg

さらに、貸切岩風呂が2か所あります。
別棟になっており、以前は男女風呂だったようです。空いていればいつでも使えるスタイル。フロントのこの鍵場所を見て、鍵があれば借りて行きます。

d0080998_23315025.jpg

まずはNo.2のお風呂にはいりました。
こちらの建物の奥側です。

d0080998_23510445.jpg
d0080998_23320562.jpg

扉をあけるといきなり脱衣所です。脱衣所とお風呂の仕切りがないので、かなり湯気がこもっています。

d0080998_23321031.jpg

中を見てびっくり!とっても大きなお風呂なんです。5m x 3m ぐらいはあるでしょうか。泳げそう^^10人ぐらい入れそうな湯船です。ほんのり灯った湯船と岩が幻想的な雰囲気です。いや~こんなに広いお風呂で貸切は、本当に贅沢です。
d0080998_23322306.jpg
d0080998_23324212.jpg
翌日に頑張ってNo.1のお風呂もトライしました♪
こちらです。
朝日が差し込んでとてもいい雰囲気です。No.2とは違うレイアウトですが、同じぐらい広さはあり、ゆったりできます。ただ、脱衣所にも湯気がそのまま来るため、脱衣所がかなり濡れてしまうのが玉に疵。お風呂は抜群です。
d0080998_23341077.jpg
d0080998_23341411.jpg
d0080998_23342405.jpg

飲泉もあります。フロントの横で飲むことができます。食前に2回ほど飲みました。塩っけもないので飲みやすいですね。

d0080998_23330031.jpg
というわけで、お湯三昧なお宿です。

ただ、建物のしつらえ、手入れ、お風呂の風情などは、高級旅館と比べるとやはりちょっと・・・という感じです。まあ、露天風呂付で一万円台の宿ですから、そのあたりは割り引かないといけませんね。お湯を楽しむことに特化した利用、でもその割にはバラエティも楽しみもある、といった感じでしょうか。

さて、次は食事の紹介です。

[PR]

by totoro6008 | 2014-01-21 21:00 | 大鷹の湯  

<< 西那須野温泉 大鷹の湯(4) ... 西那須野温泉 大鷹の湯(2) ... >>