時の宿 すみれ(6) - 番外編 新高湯温泉

「すみれ」の紹介は終わりましたが、番外編として「米沢八湯」のひとつとである「すみれ」のチェックアウト後に立ち寄った「新高湯温泉 吾妻屋旅館」の日帰り温泉を紹介します。

「米沢八湯」とは、米沢市内にある以下の8つの温泉のことです。共同でさまざまな企画をしており、観光活性化に皆さん力をいれられているようですね。

温泉姥湯温泉 
温泉大平温泉
温泉五色温泉 
温泉新高湯温泉
温泉滑川温泉
温泉湯の沢温泉
温泉白布温泉
温泉小野川温泉


宿は全部で24軒、白布温泉と小野側温泉には複数の宿がありますが、あとはみな一軒宿です。一番の秘湯宿である姥湯温泉「桝形屋旅館」には絶景野天風呂があるのですが、今回行き損ねました^^。というのは、「すみれ」到着時の国道で大渋滞があり、立ち寄る時間がなかったからです。

そんなわけで、南下しがてら通った白布温泉を横目に、天元台ロープウェイの奥にある「新高湯温泉」まで行ってみました。このロープウェイ、ちょうどスキーシーズン前の整備で止まっていましたね。
d0080998_00012007.jpg
d0080998_00024411.jpg
d0080998_00021966.jpg
このロープウエイ駅の奥はすごい坂道です。「吾妻屋旅館」の看板があります。

d0080998_00030984.jpg
d0080998_00054504.jpg

宿はこんな素朴な大木でつくられた建物です。「日本秘湯を守る会」の会員宿でもあります。右の手前の木組みのところが男風呂です。丸見えやん^^という構造。本当におおらかな露天風呂ばかりです。
d0080998_00061576.jpg
こちらも囲いのない野天風呂です。山々や滝が見えてとても開放的です。混浴です。ちょうど誰もいなかったので利用できました。だれかいるのが遠目にわかると皆さん避けて行きます(笑)うちが出た後も家族がはいっていましたね。
d0080998_00113737.jpg
d0080998_00082351.jpg

こちらは女性専用のお風呂からの眺めです。洞窟になっているので、目隠しになります。お風呂にはいれば、この通り紅葉の木々も眺められます。上から見たときは階段もすごいことになっていてイマイチでしたが、はいってみるとなかなか悪くありませんでしたよ。
d0080998_00210605.jpg
d0080998_00082820.jpg
d0080998_00081464.jpg
お風呂を出て、天元台の紅葉とすすきの山々を眺めながら、福島県裏磐梯のほうにドライブしていきました。晩秋の山形です。


d0080998_00132881.jpg
d0080998_00134369.jpg
d0080998_00140445.jpg
d0080998_00143234.jpg

磐梯高原に入る手前、こんなジものの野菜を売る店があり、キャベツや大根などを買っちゃいました^^。思わず、焼きイモ買って、お店で振る舞っていたなめこ味噌汁もおいしかった♪
d0080998_00151785.jpg
d0080998_00224737.jpg
というわけで、これで本当に「すみれ」編が終了です。
おまけで、もういちどこちら^^





米沢の新しい名所、「トトロの森」・・・あなたも立ち寄ってみませんか?(笑)季節によって違うトトロが眺められますよ~。
ちなみに、この木はトトロでもジブリ関連もなにもなく、いくつかの木が組み合わさって見えるこの形がトトロに似ているということで話題になり「トトロの森」と命名したそうです。
d0080998_00241171.jpg
d0080998_00241617.jpg
次回は、磐梯高原を超えて、福島県の宿で~す♪

[PR]

by totoro6008 | 2013-12-12 08:00 | 時の宿 すみれ  

<< 押立温泉 住吉館(1) - 到... 時の宿 すみれ(5) - パブ... >>