祝い宿 寿庵(1) - 到着&お部屋編

高湯温泉を後にして東北道を南下、次に向かったのは川治温泉です。途中、塩原温泉郷を通りましたが、特に立ち寄りはせずそのまま川治にはいりました。お宿は「祝い宿 寿庵」です。2013年7月リニューアルオープンという、ほやほやの宿です。元「東山閣」で80年以上の歴史がある宿のリニューアルです。

実はこの宿、泊まる日にテレビ東京の「源泉いい宿」で紹介がオンエアされていたようでした。しかも、私たちの泊まった部屋がオンエアだったのです。宿一番の押しということで。

宿のコンセプトが、名前の通り「祝い宿」「寿」。。。つまりお祝いのハレを演出する宿でありたいというもの。ですのでそこかしこの造りがゆったり、ゴージャス、楽しみ・・・を演出しています。

エントランスです。
d0080998_1573338.jpg


エントランス前を宿側から。ちょっとのっぺりとした駐車スペースなんですね。
d0080998_1575789.jpg


あとからとった写真ですがロビーは、立派な革張りのソファがゆったりと置かれ、日本絵画がかけられ、豪華さが演出されています。空間に余裕を感じさせるつくりです。
d0080998_21918.jpg

d0080998_211219.jpg

d0080998_211533.jpg

d0080998_214393.jpg


エレベータで案内された4Fは「祝」という名前のフロアです。お部屋は一番奥の10号室。
d0080998_1591452.jpg

d0080998_1592620.jpg


スタンダードなお部屋です。最初から布団が敷かれたローベッドと畳スペースです。
d0080998_262154.jpg

d0080998_263665.jpg

d0080998_264453.jpg


窓側にはリラックスチェアと掘りごたつがあります。この竹林の眺めがこの宿一番のおすすめなんですね。
d0080998_265913.jpg

d0080998_2181678.jpg

d0080998_2727.jpg


入口近くにミニバー&冷蔵庫があります。冷蔵庫は空っぽで自販機などで買ってくるスタイルです。
d0080998_2112524.jpg

d0080998_2112815.jpg


トイレと洗面スペースは和モダンのシンプルさです。
d0080998_2113273.jpg

d0080998_2121128.jpg


ゆかたとクローゼットです。
d0080998_2132294.jpg

d0080998_2134321.jpg


さて次回はお風呂の紹介です。
[PR]

by totoro6008 | 2013-11-09 08:00 | 川治温泉 寿庵  

<< 祝い宿 寿庵(2) - お風呂編 信夫温泉のんびり館(5) - ... >>