八甲田ホテル(3) - 客室編

青森県荒川温泉「八甲田ホテル」の紹介、客室編です。

今回は一休.comを通して連泊を予約しました。通常のツインでしか予約できなかったのですが、リクエストとしてメゾネットをお願いしていました。宿泊の1週間ほど前にリクエストが通り、メゾネットを確保いただけました。リクエストですから、もちろん差額お支払いです。このメゾネットのあるE棟はお風呂やレストラン、ロビーに近く、移動はとても便利でした。

メゾネット502号室、44平米で、リピング、ベッドルーム、バスルームがそれぞれ独立しています。

ドアをはいると、数段あがる階段があります。
d0080998_2393276.jpg


階段手前の左となりは水回りのあるバスルームです。
まず、洗面エリアです。シングルシンクでシンプル、アメニティも一通りあります。
d0080998_23102265.jpg

d0080998_2310256.jpg

d0080998_23102710.jpg


トイレは個室なので使いやすいですね。
d0080998_23102977.jpg


その隣はお風呂です。このすごい色のタイル、なんともレトロ^^(笑)ライティングもかなり暗く、ほとんどの方が利用しないと思います。うちはたまたま硫黄泉のにおいを少し落としたくて1回利用しました。
d0080998_23103133.jpg


数段の階段を上がると、リビングエリアです。この502号室は実は角部屋なんですね。窓が2面にあって明るいのです。
d0080998_23105280.jpg

d0080998_23105564.jpg


デスクとミニバーなどはこちら。メゾネットの下にあります。
d0080998_23105877.jpg

d0080998_2311215.jpg


ホテルのスリッパです。部屋番号を自分で書くスペースがあります。スリッパで大浴場には行けるのでそのための対策でしょう。
d0080998_23152063.jpg


冷蔵庫は空っぽです(写真は自分のボトルをいれたものです)。冷やしたコップのみです。中身は館内で買ってくるなど、自分で入れるスタイルです。
d0080998_231753100.jpg


お湯と冷たい水のポットが常設されて、とても便利でした。
d0080998_23182543.jpg


カップやお茶類のミニバーもごく普通のシンプルさですね。
d0080998_2319171.jpg


さて、このエリアの右に階段があります。上がメゾネットの2F、寝室です。
d0080998_2311568.jpg


ベッドはツイン、かなりクラシックなしつらえですね。折りヅルなど、ニッポンのホテル、って感じ、ちょっと前の帝国やオークラを彷彿させます。
d0080998_232255100.jpg

d0080998_23111240.jpg


ベッドの横に荷物置き場があり、ここでいろいろ広げて使いました。
d0080998_23111446.jpg


ベッドの前にクローゼット、はんてんやバスローブが備え付けられています。
d0080998_23111738.jpg


扇風機や加湿器もあります。
d0080998_23112063.jpg


階段上からのリビングはこんな感じ。44平米より広く感じるのはこの天井の高さでしょう。
d0080998_2311848.jpg


外から見る、我が家にアサインされた部屋です。
d0080998_2327476.jpg


部屋からの眺めはエントランスで、バスや到着、出発客がよく見えます(笑)・・・ということは覗く気になればあちらからも見えるわけですが、そんなに中まで見えないと思われます。それでも、好みの分かれる部屋ですね。うちは喫煙指定なのでこれはいたしかたないのですが。ベランダから、けっこうピープルウォッチングできておもしろかったですよ。酸ヶ湯温泉への送迎をいつやってるのか見えて楽しんでました。

以上お部屋の紹介でした。
次は温泉のお風呂です。
[PR]

by totoro6008 | 2013-09-02 23:34 | 八甲田ホテル  

<< 八甲田ホテル(4) - お風呂編 八甲田ホテル(2) - エント... >>