ザ・キャピトルH東急(3) - 朝食編

「ザ・キャピトルホテル 東急」の紹介、朝食編です。

朝食はロビーフロアのオールデ―ダイニング「ORIGAMI」でいただきました。クラブフロアの宿泊者はライブラリーラウンジでの軽い朝食とこちらのレストランでの朝食、どちらもとることができます。逆にいうと、ライブラリーのほうは本当に軽いようなので、ちゃんと食べたければレストラン、ってことになりますね。以前は和食の「水簾」でも出していたようですが、今は「ORIGAMI」で予約で和食もとれるようです。アラカルトやセットもあり、選択肢がありますね。

ただですね・・・最近クラブラウンジの朝食が多く、レストランのほうはあまり知らないので比較が難しいです。

とても充実していて、プレゼンテーションもすばらしい、素材もフレッシュです、というのが感想です。これがこのクラスホテルのレストランの標準なのか、秀でているのかが分からないんですね。少なくとも私の「絶対値」では◎の朝食レストランです。

8時ごろに行ったところ、レストランが思いっきり混んでおりました^^。手前のソファラウンジのスペースで待っている間にぱちり、と。明るい木目に天井の高さと窓が開放的でよいですね。
d0080998_2256182.jpg

写真の奥のエリアが朝食用に案内されます。
d0080998_2256411.jpg


さて、ビュッフェエリア内に案内されました。お客様に外国人が多くてびっくり!東急という日本のホテルでエア系でもないのに、随分と人気のようですね。ビジネスから子供づれまで様々な客層で、西洋人が多いです。旧御三家などはアジア人が多かったので対象的&意外でした。

ビュッフェの写真はこんな感じで、豊富かつ美しい食欲をそそる並べ方です。人がとったあとぐちゃぐちゃになって食欲が減退するような状態ってあったりしませんか?ここはそのようなことがありませんでした。
d0080998_22573840.jpg

d0080998_22574017.jpg

d0080998_22574231.jpg


ちょっと惹かれてアップでとったのはプチトマトのお皿です。大小と3色の組み合わせが入り混じり、なかなかポップなアート風ですよね。赤いプチトマトを無造作に山盛りしてあるより、思わず食べたくなりませんか?
d0080998_22574877.jpg


ビュッフェのお皿に盛ってきたものです。フルーツは食べやすくカットされていました。パンはオリーブにトマトのものですね。このあとも何度かとりに行きましたよ、もちろん!コーヒーだって、席をたっているときにいれてさめたのを飲まされるようなことはありません。
d0080998_22575199.jpg


あまり詳しい紹介や写真はありませんでしたが、今回のザ・キャピトルホテル東急、いかがでしたか?

私としては、正直「クラブラウンジ&デラックス」ではなく、通常の部屋と朝食で十分かなって思いました。スタンダードクラスでも45m3あり、お部屋のレイアウトや使い勝手がよいです。ラウンジは好みにハマらなかったので、このおいしい朝食さえあればいいかなって。プールももともと無料ですし♪

ホテルの顔、ロビーは・・・



シックな落ち着いた感じがこのホテルらしさを醸し出していました。
この空間も楽しむのも一向ですね。
d0080998_2310951.jpg

d0080998_23101420.jpg

[PR]

by totoro6008 | 2013-07-04 23:22 | ザキャピトルH東急  

<< 御宿かわせみ(1) 13-6 ... ザ・キャピトルH東急(2) -... >>