すわや(4)-夕食編

もてなしのかくれ家「すわや」の紹介、次はお待ちかねお食事、まずは夕食編です。

お食事は18時か18時半の開始が選べます。
まあ、3部屋しかありませんから、3部屋で少しずれてくれるといいな、ってことなんでしょうね。
サービスをしてくださる女性は2人、女将さんともう一人の方です。

うちの部屋はダイニングがあるので、室内でいただきます。18時半スタートです。
d0080998_2243432.jpg


お品が気がないので、かなり忘れてます^^
まず前菜は、ぜんまいとつぶ貝です。これおいしかったのですが、味が説明できない^^
d0080998_22433688.jpg

d0080998_22441031.jpg


椀のものがユニークです。
サトイモ系のおいものすり流しに、オクラ、じゅんさい、うるい、草もちのようなお団子がはいっていました。だしもしっかりしていて凝ってます。お団子の中は鶏のひき肉だったと思います。
d0080998_22463724.jpg

d0080998_22464015.jpg


向付のお刺身は、タイ、ホッキ貝、ウニと八角です。
前菜のつぶ貝もしかり、貝がとてもおいしいのです。ウニに八角がとてもおいしかったです。
あえて大根のつまをいれず、すっきりときゅうりだけです。
d0080998_2311239.jpg


焼物とおしのぎが一緒に添えられたものです。
すみません・・・このあたりから魚の名前もあやしく^^
白身のぷりっとした甘味でにぎりにして出してきたのは今までお寿司でも食べたことのない旨みでした。
d0080998_23122196.jpg

d0080998_23122331.jpg


焚きあわせは、瓜と白身を葛でまとったものだったと思います。若竹にみょうがの香がやさしく。。
d0080998_231457.jpg

d0080998_2314355.jpg


お肉の強肴かな・・・しゃぶしゃぶのお肉を洋風にしたて、ソースは実はごまだれ風です。このすこしばかりのとろーりやわらか牛肉が口どけしました。筍とオクラ、アスパラのセンスもいいですね。
d0080998_23151719.jpg


茶わん蒸し風のもの・・・こちらも詳細はおぼろげ・・です。やさいたっぷりで根菜類など素材の出汁がよく出ています。
d0080998_23173523.jpg

d0080998_2317012.jpg


天ぷらそばだったかな^^。山菜のてんぷらがおいしい!
d0080998_2319957.jpg


お食事は、土鍋で炊いたご飯、生姜の香と甘くに付けたシイタケとのマリアージュが初めての味でした。女将さんがよそってくださり、とてもおいしかったですね。
d0080998_23194171.jpg

d0080998_23194377.jpg

d0080998_23215760.jpg


デザートはメロンにシャーベットでした。シャーベットがその場でつくったようななめらかさ。すばらしい。コーヒーとともに。
d0080998_2323726.jpg

d0080998_23243925.jpg


ワインはクーラーから赤を1つトライしましたが、食べているうちにこれはやはり日本酒だよな・・・と思ってしまいました。

夕食の満足度はかなり高いものでした。
高い素材は使っていないと思います。でも手に入る良い素材をご主人がご自分で仕入れていらっしゃるそうです。特に、魚や貝の使い方がとても繊細でおいしかったです。土鍋で炊いて出すご飯は売り。評判にたがわずとてもおいしかったです。一品ずつは小さめに仕立てているので、おなかがいっぱいになりすぎないのがよかったです。おなかすく人は土鍋をたっぷり食べられますしね。器もご主人の趣味でさまざまなものを取り入れており、非常に目にも楽しいものでした。

さて、次回は朝食などを紹介します。
[PR]

by totoro6008 | 2013-06-20 23:39 | すわや  

<< すわや(5)-朝食編 すわや(3)-温泉編 >>