「ほっ」と。キャンペーン

2015GWの旅(16)- 妙見石原荘-2 - 客室編

2015年GWの旅、妙見温泉「妙見石原荘」の紹介、客室です。

今回はGW中ということで、本館の「山側」の一間+団らんスペースタイプしかとれませんでした。GW中は広い部屋は3名以上だけらしいです。石蔵はいいらしいですが予約もとれず、已む得ずそうなりました。

客室は本館2Fの「千草」です。エレベータで上がってすぐ横の部屋になりsます。

d0080998_23064679.jpg
d0080998_23080499.jpg
d0080998_23080502.jpg

8畳が標準ですが、「広めをご用意しました」ということで10畳のお部屋でした。


どれだけ狭いのかな・・・と心配して入ってみると・・・。踏み込み、廊下、床の間、クローゼットテレビのスペース、キチネット、化粧スペースなどあり、思ったよりとても広くて逆に驚きました。

d0080998_23083100.jpg


10畳の本間です。廊下の左手になります。
床の間、テレビスペースが広めに感じさせます。

d0080998_23073522.jpg
d0080998_23073545.jpg
d0080998_23070696.jpg

談話室といわれる場所には、4.5畳程度の広さでしょうか、ゆとりのソファと大き目なテーブル、その後ろ側にシンクもある水屋、冷蔵庫、デスク兼化粧スペースなどがあります。

d0080998_23070688.jpg
d0080998_23070697.jpg

d0080998_23072429.jpg
d0080998_23084348.jpg
d0080998_23072468.jpg



窓からの眺めは、エントランスにはいる前の道路です。木々があるのでそれほど道路は気になりませんが、川側ではないので、やはりどうしても開放感と風情には欠けます。


d0080998_23070676.jpg
d0080998_23074352.jpg


クローゼットも別スペース、浴衣やタオル、籠、アメニティ類がセットされています。

d0080998_23072433.jpg
d0080998_23072591.jpg
d0080998_23080476.jpg
d0080998_23080598.jpg


水回りは入口廊下から右側、本間の反対側です。
細長いベイシンスペースはダブルシンク、その奥に脱衣所もあります。奥にはバスルームがあり、バスタブ、シャワースペースが洗い場になっているタイプです。トイレは男女用スペースがあってユニークですが、衝立隔てて両方あるので、二人が同時に入れるわけではありませんね(笑)。


d0080998_23075449.jpg
d0080998_23075460.jpg
d0080998_23075481.jpg
d0080998_23075406.jpg
d0080998_23075482.jpg


全体として、やや暗さは否めませんでしたが、広さは十分ありました。窓側に申し訳程度の縁側スペースにソファ&テーブルが置かれている1間タイプとは違い、二間タイプといっても過言ではないゆとりです。廊下と広い水回りもそう感じさせるのだと思います。

さて、次はパブリックスペースのお風呂の紹介です。

[PR]

# by totoro6008 | 2015-06-15 21:00 | 妙見石原荘  

2015GWの旅(15)- 妙見石原荘-1 - 霧島観光&宿到着

2015年GWの旅、熊本を後にして向かったのは、えびのから霧島方面です。ところが、天気が悪く、えびの高原にはいったら、霧がかかっていてもやもや真っ白!「キリシマ」ですか^^

ということで、もう完全にスルーして、霧島へ向かいました。

d0080998_22495933.jpg
次に向かったのは、霧島神宮です。
そうしたら、鳥居の前で車がずらっと・・・そうなんです。駐車場まで長蛇の列でした。GWですねぇ、やっぱり。30分ほど並んでなんとか駐車場スペースを確保することができました。


d0080998_22504304.jpg
d0080998_22505961.jpg


つつじがきれいな季節、緑も鮮やかに、雨上がりの木々のにおいをかぎながら境内を歩きました。

d0080998_22512033.jpg
d0080998_22512020.jpg
d0080998_22512057.jpg


でもねぇ・・・こちらも、お参りに人・ひと・ヒト・・・並ぶのは萎えて、横から眺めてましたよ。

d0080998_22522418.jpg
d0080998_22523277.jpg
d0080998_22525979.jpg

おみくじだけ引いてきました。
「幸福みくじ」200円なり。
無事「吉」が出ました~!

d0080998_22524746.jpg
d0080998_22524790.jpg
d0080998_22521296.jpg


さて、お疲れです。
温泉はいりた~い!
どんよりの中、宿に向かいました。

d0080998_22531472.jpg


到着したのは妙見温泉「妙見石原荘」です。お泊りとグルメに詳しい方がお褒めの宿で、行ってみようということになりました。もともと雑誌等でここの渓流沿いの野天風呂にはいりたくて、「行きたいリスト」のひとつでした。

坂を下りて本館の建物があります。両方の坂にきれいにスタッフが駐車してくれるのですが、すごい立地ですね。

d0080998_22562187.jpg
d0080998_22562150.jpg
d0080998_22562112.jpg

エントランスです。
昔からある宿なのですが、温泉宿のイメージとは違ったスマートなデザインです。入口にはっぴきたおじさんや着物の女性がお出迎えに来る感じを想像していましたので^^。

d0080998_22542099.jpg
d0080998_22542814.jpg
d0080998_22551722.jpg


ロビーでお茶と柏餅をいただきました。そうですね、翌日がお節句の日だったのね。

d0080998_22545275.jpg

ロビーからは渓谷が見えます。
d0080998_22550261.jpg

対岸、お向かいは、よく引き合いに出されるお宿「忘れの里 雅叙苑」です。まったく雰囲気が違いますね。

d0080998_22560181.jpg

本館のとなりには、石蔵の建物があり、こちらは露天風呂付きオールスィートです。今回は本館しかとれませんでした。

d0080998_22562107.jpg

お部屋に案内されます。
お部屋の紹介は次に。


[PR]

# by totoro6008 | 2015-06-13 18:00 | 妙見石原荘  

2015GWの旅(14)- 山しのぶ-4 お出かけ&ランチ編

2015年GWの旅、小田温泉 静寂な森の宿「山しのぶ」の紹介、連泊でのおでかけとランチです。

2泊目の朝、雨がしっかり降っていました。天気予報で想定範囲内でした。阿蘇から高千穂峡まで行こうかという話もしていましたが、とんでもない!しかもゆっくりくつろぐために、近所の黒川温泉までちょこっと出かけました。

これがえらいことに!なんせ、黒川温泉内の駐車場が満車で、温泉郷入口で係員がシャトルバス用の駐車場へ案内するのです。走ってみたら3キロ以上離れてる!なんかすでに萎えていたのですが、シャトルバスがすぐに着たので乗ってしまいました。次に萎えたのは、シャトルバスは温泉街の外で下すのです。またそこから中まで結構歩く・・・&雨・・・。これですでに意気消沈でございました。

とりあえず寄ったところの写真だけでも。
中心にある丸鈴橋のところです。レトロ感ある風情ですね。

d0080998_20082913.jpg
d0080998_20083558.jpg


川沿いにはつつじも咲いていました。雨に濡れて鮮やかです。

d0080998_20084689.jpg


日帰り温泉を物色しましたが、すごい人出で撃沈。ちらっと見て回っておしまいでした。


d0080998_20084686.jpg
d0080998_20084666.jpg


黒川温泉観光協会と休憩所に寄りました。
この駐車場に長蛇の列!・・・いや=、やっぱりゴールデンウィークですね。甘く見すぎました。

d0080998_20084607.jpg
d0080998_20085308.jpg


ちょい散策だけで、ランチもとらずさっさと退散し、小田温泉に戻りました。
のどかな緑と田んぼの温泉街なので、ほっとします。

d0080998_20090797.jpg
d0080998_20090745.jpg



ここできたのは、草太郎庵のそばやです。
ランチに来ました。泊まっている「山みずき」と同じ経営です。
こちらも実はけっこう人がいっぱい!ちょっと遅めの時間だったのでそれほど並ばずに入れましたが、それにしてもやっぱりGWだわ。

d0080998_20092898.jpg
d0080998_20093483.jpg


もりそばを待つ間、このわさびをすってのんびりと。

d0080998_20095021.jpg
d0080998_20095657.jpg

てなわけで、すっかり疲れて宿に戻り、どぼ~んお風呂に入りました。
どこも混んでました、GWです。

以上、「山みずき」の紹介でした。



感想は。。。
[PR]

# by totoro6008 | 2015-06-11 21:00 | 山しのぶ  

2015GWの旅(13)- 山しのぶ-4 お食事編その2

2015年GWの旅、小田温泉 静寂な森の宿「山しのぶ」の紹介、お食事の2泊目です。

メニューはこちらです。
2泊目もちゃんとメニューを出してくるのは手をかけていますね。
連泊プランも出す宿なので、2泊は想定範囲内なんでしょうね。
席の位置は変わりました。

d0080998_22230834.jpg

食前酒は日本酒、箸休めと前菜がでました。
昨日よりシンプルだけどちゃんとバラエティ、手抜きなしです。
合鴨の味噌漬け、粟麩田楽、イカの胡麻和えがよかったですねぇ。
蟹とホタテの葉山椒和え、昨日の白きくらげのより箸休めよりおいしかったです。

d0080998_22232167.jpg
d0080998_22232706.jpg
d0080998_22232714.jpg


お造りがいけない><!
2連泊で馬刺しは出せないでしょうから、無理やり海の刺身になってしまいます。うちは馬刺しが好きなので追加でとりました。こちらのほうが数倍おいしかったです。最初からこうくると読んで、差し替えてもらったらよかったと後悔・・・。

d0080998_22234713.jpg
d0080998_22233556.jpg


吸物は、蓮餅とてまり湯葉です。

d0080998_22233514.jpg

蓋ものは、きのこの飛龍頭。
こちらも素朴ですが丁寧に手作り、おいしいです。

d0080998_22240415.jpg


焼き物は、鰆の柚庵焼きです。
品よく仕上がっています。

d0080998_22240491.jpg


油ものは、リンドウ豚の網焼きです。
豚のうまみを素朴に味わえます。

d0080998_22241788.jpg


火山はせいろ蒸しです。
昨日と違う牛肉のアレンジは温泉蒸しで、阿蘇地鶏、地物野菜とともにさっぱりとポン酢やゴマダレでいただけました。


d0080998_22241783.jpg
d0080998_22243231.jpg
d0080998_22243252.jpg


しのぎは、炭を練り込んだうどんです。
蕎麦が続いてスタイル変えるのかなと思ったら、ちゃんとうどんになっていました。さっぱりおいしかった!(じゃあ、3泊したら何にするんだろう?とイヂワルな想像も(笑))

d0080998_22243275.jpg


食事は、ごはん、香の物、味噌汁ですが、白みそ仕立てです。
私たちは大阪出身なので、白みそ仕立てにまったく違和感なく、いいアレンジだと思いました。

d0080998_22244624.jpg


デザートは、キウイと栗の蜜づけ、レアチーズケーキでした。

d0080998_22244638.jpg


朝食です。
緑があざやかに、田園は田植えモードです。
メニューは変えてきました。まあ、こんなもんでしょう。ソーセージがサラダにはいってきたのは今一いただけないので、固形燃料コンロの鉄板で焼いちゃいまいた^^。

d0080998_22245309.jpg
d0080998_22250569.jpg
d0080998_22250553.jpg

以上、食事の紹介でした。
1泊目のほうが計算されてきれいにまとまっていましたが、2泊目のほうが私の好みに合っていて、結構おいしかったです。もちろん、1万円台の宿ですから、本格懐石宿と比較してはいけませんが、ここは素材に向き合い、丁寧に作って、センスが良いと思います。

[PR]

# by totoro6008 | 2015-06-09 21:00 | 山しのぶ  

2015GWの旅(12)- 山しのぶ-4 お食事編その1

2015年GWの旅、小田温泉 静寂な森の宿「山しのぶ」の紹介、お食事です。

実はここには2泊しました。のんびりお風呂でドライブの疲れを癒そうという組み方をしてみました。まず1泊目のお食事です。

お食事処での夕食です。
掘りごたつ式になっており、明るい時間は田園風景を眺めながら楽しめます。間仕切りタイプで個室はありません。朝食の写真ですが、ちょいとはずかしい恰好の写真ですみません^^。

d0080998_22213759.jpg


夕食のメニューです。
熊本県の野菜、ブランド牛・豚、馬刺しなどを堪能する会席スタイルの食事になります。


d0080998_22183794.jpg


馬肉や牛肉がでるので、めずらしく赤ワインにしてみました。

d0080998_22193221.jpg

箸休めと前菜の盛り合わせです。
かわいらしい籠の器に彩りよく盛り付けられ、サトイモの米粉揚げ、そら豆の蜜煮、南京白玉など、素材を丁寧に作っているのがわかります。姫大根もおいしい!

d0080998_22185301.jpg
d0080998_22185744.jpg


お吸い物は、タケノコ真薯がやさしく、じゅんさいの食感がいいですね。

d0080998_17354428.jpg



お刺身は、名物の馬刺しです。
新鮮で臭みなくとてもおいしいです!油のたてがみのところは好みですかね。私は赤味のほうがいいかな。刺身こんにゃくや湯葉と取り合わせてよい組み合わせです。

d0080998_22191333.jpg


蓋ものは、オランダ豆腐、桜麩、ごぼうなどの炊き合わせです。
オランダ豆腐って、何だろうと思ったら、どうも高野豆腐を揚げてにつけたものことのようです。

d0080998_22193244.jpg


小鍋は、小国大根地鶏スープ煮です。
あっさりとしています。

d0080998_17470529.jpg


焼き物はヤマの塩焼きです。
パリッとした焼き上がり、中はほくっと、ライムをかけてさっぱりといただきました。


d0080998_22193292.jpg



火山とは面白い!熊本赤牛のすき焼きです。
適度なサシで柔らかいうまみのお肉です。


d0080998_22193237.jpg


おしのぎは、草太郎蕎麦です。
そう、この宿は「草太郎」という蕎麦屋も経営していてそちらの蕎麦を出してくださいました。(ちなみに、「草太郎」は宿もあります)

d0080998_22201718.jpg


最後の〆は、ごはん、香の物、なめこの赤だしでオーソドックスです。

d0080998_22202366.jpg

デザートは、メロンにそばのシフォンケーキでした。

d0080998_22202390.jpg


開けて翌朝の朝食はこちら。
卵かけごはんが朝ごはんらしくおいしい。
おかずは少々盛りだくさんで、ちょっと種類多いかな。

d0080998_22214233.jpg

さて、2泊目の食事は次回です。

[PR]

# by totoro6008 | 2015-06-07 20:00 | 山しのぶ  

2015GWの旅(11)- 山しのぶ-3 お風呂編

2015年GWの旅、小田温泉 静寂な森の宿「山しのぶ」の紹介、お風呂です。

お部屋以外にこの宿は5か所7つのお風呂があります。美肌によりメタケイ酸がたっぷり含まれた自家源泉です。よく温まり、やわらかくお肌になじむ肌触りの湯で気持ちがよいです。

まずは男女別のお風呂で、どちらにも内湯と露天風呂があります。
男湯と女湯の入れ替えはありません。

d0080998_22201677.jpg
d0080998_22202216.jpg


脱衣所にはタオルがたっぷり!このタオルは小さいほうなので、バスタオルは部屋から持ってきます。バスタオルもあるとなおいいんですよね~。贅沢かな。

d0080998_22204026.jpg
d0080998_22204072.jpg
d0080998_22204069.jpg

大浴場の内湯と露天風呂です。
景色はあまりありませんが、窮屈感はありませんね。
森林浴が気持ち良いです。

d0080998_22204003.jpg
d0080998_22204756.jpg
d0080998_22204830.jpg
d0080998_22204092.jpg
d0080998_22204853.jpg
d0080998_22205944.jpg
d0080998_22205963.jpg
d0080998_22205942.jpg


そして、この宿のうれしいところは、3つの貸切風呂があることです。どれも無料&予約不要で、あいていればいつもはいれます。たった12室の宿で、露天風呂付きが半分ある上にこのお風呂ですから、はいれないということはまずありません。

3つとも楽しませていただきました!
このアプローチに並んでいます。

d0080998_22214159.jpg


石風呂の内湯
それほど大きくありませんが、手すりもあり入りやすいです。
d0080998_22211642.jpg


岩組みの露天風呂
竹林が風情あります。
d0080998_22213242.jpg
d0080998_22213233.jpg
d0080998_22213215.jpg
d0080998_22214189.jpg
d0080998_22211639.jpg
d0080998_22211622.jpg


少々小さいですが、檜とくりぬき風呂の湯船が2つある内湯
小ぢんまりと素朴さを感じさせます。

d0080998_22211688.jpg
d0080998_22214144.jpg
d0080998_22211615.jpg
d0080998_22214177.jpg

ご覧のとおり、この宿はこぢんまりながら湯三昧なんですね。お風呂好きにはたまらないと思います。部屋のお風呂もゆったりしていますしね。

さて次は、お食事の紹介です。


[PR]

# by totoro6008 | 2015-06-04 21:00 | 山しのぶ  

2015GWの旅(10)- 山しのぶ-2 客室編

2015年GWの旅、小田温泉 静寂な森の宿「山しのぶ」の紹介、お部屋にはいります。

客室は、離れ、新館、本館と3つにわかれ、離れと新館に源泉かけ流しの露天風呂がつきます。ゆったりとした敷地に12室のみ、そして大浴場以外にもいつでも使える3つの貸切露天風呂もあります。

私たちが泊まった部屋は離れの「蓮華荘」です。

d0080998_20275204.jpg
d0080998_20285063.jpg


客室は10畳と6畳の二間続きで、ゆったりとしたスペースです。離れなので、間口、窓が3面にあり、採光がよいですね。お庭にも出られます。私たちは、寝室を6畳の副室のほうにして、お布団を引いていただきました。

d0080998_20283548.jpg
d0080998_20284018.jpg
d0080998_20285587.jpg
d0080998_20311901.jpg


チェックイン時のお茶とお菓子です。
お饅頭がなかなかおいしかったですよ。自家製の小豆のようですね。


d0080998_20284531.jpg


ゆかたは1枚ですが、パジャマもありうれしいですね。最近は旅行にはパジャマを持っていくことが多く、浴衣ははだけて寝にくいですからね。

副室の棚にお茶のポットやコーヒーサーバー、冷蔵庫などがありました。コーヒー好きの私たちにとって、この自分で入れるコーヒーサーバーはうれしかったです。コーヒー豆も補充してくれますし。

d0080998_20292058.jpg
d0080998_20290574.jpg
d0080998_20290517.jpg
d0080998_20292080.jpg


洗面所は古いタイプですが、周りにゆとりがあるので物を置くのにはそれほど不便を感じませんでした。トイレはセパレートです。

d0080998_20290583.jpg
d0080998_20290596.jpg
d0080998_20292056.jpg


そして、お部屋のお風呂です。
内湯は石風呂、洗い場があります。源泉かけ流しでちょっと熱め。自分でお水をいれて温度調整します。温まるお湯です。

d0080998_20292719.jpg
d0080998_20293122.jpg


外に出ると、露天風呂です。お庭を眺めながらゆったりと・・・湯船が結構広くていいですね。ちょっとお庭の山肌がはげちゃっているのはご愛嬌かな。

d0080998_20293955.jpg
d0080998_20293988.jpg
d0080998_20294072.jpg


離れの和室の前から眺めるお庭です。まあ某京都のお宿とくらべちゃあいけませんね^^。木漏れ日と苔がしっとり、素朴な雰囲気がほっとする感じです。

d0080998_22214832.jpg
d0080998_22214918.jpg

次は、パブリックのお風呂の紹介です。

[PR]

# by totoro6008 | 2015-06-02 21:00 | 山しのぶ  

2015GWの旅(9) - 山しのぶ-1 到着編

2015年GWの旅、阿蘇から向かったのは小田温泉 静寂な森の宿「山しのぶ」です。かの有名な黒川温泉の南側にあり、数件の宿のみの自然豊かな静かな温泉街です。10年以上前に九州旅行で泊まった「藤もと」はここから車で5分ほど、あちらは奥万願寺温泉といいます。このあたり一帯を黒川温泉郷となっており、人気のエリアですが、穴場の温泉ですね。

d0080998_20185096.jpg
d0080998_20185666.jpg


緑の茂るエントランスとアプローチです。

d0080998_23151351.jpg
d0080998_23154247.jpg
d0080998_23164953.jpg
d0080998_23155093.jpg


古民家風の建物に入ると、左手がチェックインカウンター、左手が待合スペース、その奥にお土産ショップがあります。チェックインはお部屋に案内されてから行いました。


d0080998_23172049.jpg
d0080998_23174080.jpg
d0080998_23173319.jpg


お部屋へのアプローチです。渡り廊下になっています。


d0080998_23193155.jpg
d0080998_23191570.jpg
d0080998_23192538.jpg


お部屋の紹介の前に、パブリックスペースを少し紹介しましょう。
プローチの右にライブラリーがあります。ライブラリー内にテーブルとイス、ピアノ、そして外側にはベランダもあります。少々ごちゃっとした感じのスペースですすね。


d0080998_23233579.jpg
d0080998_23234812.jpg
d0080998_23204875.jpg
d0080998_23200273.jpg
d0080998_20314718.jpg


渡り廊下の突当りに、囲炉裏の休憩所があります。
田舎家の囲炉裏部屋風にしたてていますね。ここは夜、日本酒が置かれており、食後にいただくことができます。もちろんお茶もあります。囲炉裏に火も起こしており、ほっこりくつろぐ方がけっこういます。


d0080998_23211514.jpg
d0080998_23242851.jpg
d0080998_20243835.jpg
d0080998_23221814.jpg
さて、お部屋の紹介は次に!

[PR]

# by totoro6008 | 2015-05-31 21:00 | 山しのぶ  

2015GWの旅(8)- 阿蘇観光

2015GWの旅、ふかほり邸を出て、阿蘇のほうに向かいました。熊本ICあたりからかなり車が多くて、混んでいます。やっぱりGWですね~。

まず向かったのは、阿蘇山西側にある「阿蘇ファームランド」の「ふれあい動物王国」です!球種旅行でわざわざ動物園?・・・と笑われるかもしれませんね。最近「カピバラ」loveなんです。カピバラと触れ合えるコーナーがあると知って寄ってみることにしました。最初駐車場が激混みでくじけそうでしたが、なんとかスペースを見つけました。でも動物王国から一番遠いエリアだったため、入場後10分以上歩きました。日差しの強い暑い日で、歩き回ってバテバテです^^。

エサはこちらで買います。

d0080998_22052799.jpg

ちょうどこの笹を食べさせるなどのカピバラショウもやっていて、すごい人だかりでした。温泉水浴びは狭くてかわいそうでしたね。

d0080998_22043539.jpg
d0080998_23082067.jpg
d0080998_23100221.jpg
d0080998_22045617.jpg
d0080998_22052328.jpg


そのほかにもいろいろな動物たちに癒されました。頑張ってファームランドの端まで、暑いなか歩いた甲斐ありましたね~^^。

d0080998_22051549.jpg
d0080998_22051966.jpg
d0080998_22054007.jpg
d0080998_22054047.jpg
d0080998_22055340.jpg
d0080998_22055341.jpg


その後米塚を通り、阿蘇パノラマラインをドライブしました。とても良い天気で、ドライブ日和でしたね。

d0080998_22060671.jpg
d0080998_22060699.jpg
d0080998_22060651.jpg


そして、212号を北上して向かったのは大観峰です。
3時を回ってちょっと曇りはじめましたが、すばらしい眺めのポイントとあって、まだまだ人だかりです。

d0080998_22062870.jpg


阿蘇五岳を展望できるすばらしい場所です。もう少し晴れた時間に来たかったな^^。でもそんな時間にきたら、混んでて駐車場はいれないの必至でしたね。ラッキーとしか言えない駐車場スペースでしたから。パラグライダーやっている人たちもいましたよ。

d0080998_22063790.jpg
d0080998_22062899.jpg
d0080998_22090029.jpg
d0080998_22064321.jpg

さて、こんな時間だ!次の宿に向かいます。黒川温泉郷へ・・・・「黒川温泉」ではないんです。
紹介は次に!

[PR]

# by totoro6008 | 2015-05-30 23:13 | 国内旅行  

2015GWの旅(7)- ふかほり邸-4 食事編

2015GWの旅、「天然田園温泉 ふかほり邸」の紹介、お食事です。

母屋の食事処でいただきます。
敷地内を通って、母屋につきました。

d0080998_22141724.jpg


個室です。
昔の日本家屋の和室に、いすとテーブルをいれており、快適に食事がいただけます。

d0080998_22144560.jpg


今夜のメニューです。

自家農園で採れた旬のお野菜や雑穀を使っており、からだにやさしい素材を生かした料理が中心です。

d0080998_22145502.jpg

日本酒
福岡の「金将門」をいただきました。天然水仕込みのすっきり系でいいですね。

d0080998_22153896.jpg


小鉢
せりとしめじのお浸し
いいお出汁で控えめな味付け・・・いいスタートを切りました。私の好みのお浸しです。

d0080998_22152398.jpg


前菜
サーモンてまり、ウドの酢味噌、葉山椒の白和え、たたみイワシ、タラの芽の変わり揚げなどです。色合いは地味ですが、おもしろい発想の前菜ですね。山菜が中心です。

d0080998_22153260.jpg


椀物
ハマグリ真薯

ていねいにつくられた真薯です。ハマグリの香りがいいですね。

d0080998_22154693.jpg


刺身
カワハギの昆布しめと肝ポン酢

大好きなカワハギがでてきました。いい素材です。肝ポン酢が絶品!日本酒がすすみますね。

d0080998_22155563.jpg

d0080998_22160051.jpg


揚げ物
新じゃがとホタテ吉野餡かけ

ジャガイモがこんな料理になるのですね。くずがかかって上品に仕上がっています。

d0080998_22161353.jpg


焼き物
鯛のうぐいす焼

鯛の上に蓬の味噌がかかっています。焼そら豆もほくほくしています。

d0080998_22163025.jpg



すっぽん

あの、お庭で飼っていたすっぽん君のようです。しっかり煮込まれているのでしょう。滋味深いスープでした。


d0080998_22163537.jpg


中皿
野菜スティック

これがとてもおいしいのです。自家製の味噌をつけて・・・ばくばく食べちゃいました。おかわりもいただきましたよ。

d0080998_22164359.jpg


主菜
黒毛和牛のペッパーソース

おいしいやわらかい牛肉です。一番食べごたえなメニューですね。

d0080998_22165106.jpg


ごはん
筍とグリーンピースのご飯

土鍋で炊き立てをほくほく!牛肉、お味噌汁と一緒にいただきました。

d0080998_22170032.jpg
d0080998_22171282.jpg


デザート
苺のティラミス

ふんわりとしたティラミスが舌触りなめらかです。おいしい!

d0080998_22172621.jpg
d0080998_22173787.jpg


さて、朝食です。
こちらも同じ個室でいただきます。

干物、卵焼き、お浸し、サラダなど自然の恵みの素材を使った料理たちが並びます。七輪は干物を温めるものです。卵は薄いいろですが、味は濃厚でした。卵ごはんがすすみました。
ご飯は雑穀でヘルシーです。主人は白いごはんのほうがよかったようですが。

d0080998_22183704.jpg
d0080998_22184401.jpg
d0080998_22185015.jpg

以上、食事の紹介でした。
食事は全般に自然の素材をふんだんに使ってヘルシーを前面に出しています。ですので、奇をてらったあしらいやアクセントのある料理があまりないかもしれません。野菜スティックが一番おいしかった、というと怒られますよね(笑)。




全般に・・・
[PR]

# by totoro6008 | 2015-05-27 23:00 | ふかほり邸