「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

熱海 蓬(よもぎ)夕食

熱海温泉「三平荘」の宿泊でそとごはん、こちら「蓬(よもぎ)」でした。信頼できるグルメと宿泊を紹介サイトで教えてもらったお店です。伊豆山温泉の元老舗宿「蓬莱」の料理長だったかたが始めた小料理屋的な和食のお店です。

三平荘から歩いて5分ほど、細い道にはいったところにあります。以前ランチに来た時、結構探しましたね。

d0080998_21522198.jpg

料理はおまかせで依頼しました。
お席は、奥のお部屋にセッティングしていただきました。

d0080998_21530343.jpg

お酒のメニュー、どの日本酒をとったかしら?
失念です。うちは純米しか基本呑まないので、杉錦と磯自慢だったのでは?

d0080998_21572728.jpg
d0080998_21533129.jpg

まずは、前菜3品です。
白和え(春菊と柿だったかな?)、からすみ、サツマイモを仕立てたものです。「二の酉」と書いた紙に包んでいるのがお芋ですね。からすみは自家製で大根とで相性よくとても日本酒が進んでしまいました。白和えもお出汁とよくからめて、品よく仕立てています。おいしかったですよ。

d0080998_21573555.jpg

d0080998_21533100.jpg
d0080998_21533185.jpg
d0080998_21533108.jpg

伊勢海老の鬼殻焼です。
焼きたて、風味よく、熱いところをはふはふいただきました。

d0080998_21533145.jpg

大きな生ガキが出てきました。とろりとミルキーに甘いです。
つるりと一口!

d0080998_21533164.jpg

椀の物は、平目のだしで炊きこんだもの。シイタケとなんだったかな?
脂ののった魚から出る滋味深い出汁でした。

d0080998_21542412.jpg

お刺身は、鯛、イカ、鮑などです。新鮮なよいものを仕入れています。

d0080998_21542407.jpg

これはマグロのからし醤油だったかしら?

d0080998_22153364.jpg

このあわびの肝、絶品でしたよ。お酒のアテに最高です。

d0080998_21542427.jpg

焼き魚はハタだったかしら。すみません、ずいぶん前でかなり失念多く^^。

d0080998_21544709.jpg
d0080998_21544767.jpg

大根と豚三枚肉のこっくりした煮つけです。白髪ねぎがよいアクセントです。

d0080998_21544858.jpg
d0080998_21544871.jpg

ユリ根や銀杏の餡かけでです。ユリ根の軟らかさと甘さが滋味深い。わさびでこの甘さを〆ます。

d0080998_21550645.jpg
d0080998_21550655.jpg

お食事はシラスごはんでした。こんなにおいしいシラスごはんは初めていただきました。おなかいっぱいなのに、完食してしまいましたよ。

d0080998_21551680.jpg

食事とともに、牡蠣フライが出てきました。カキフライって普段あまり私は好きでないのですが、牡蠣がいいので、ぺろりと行ってしまいました^^。

d0080998_21552300.jpg

デザートは庵と白玉とフルーツでした。

d0080998_21552558.jpg


素材の扱い方、出汁のよさに、とてもおいしい懐石のコースをいただくことができました。少し上の料金でお願いしたせいか、ちょっと豪華な食材を意識されずぎたように思いました。好みをしっかり伝えてアレンジしてもらうべきでしたね。

おいしかったです!また行きたいですね。
おいしいお店を紹介していただいて感謝です。
熱海の宿は素泊まりか片泊まり限定ですね^^。

[PR]

by totoro6008 | 2015-03-29 22:30 | グルメ  

熱海 三平荘(2) - お風呂&朝食編

熱海温泉「三平荘」の紹介、お風呂と朝食です。

お風呂は男女交代で2か所にあります。
まずは女性が1Fのほうでしたので、こちらから。

「下の湯」、昔ながらの大浴場という感じで、古さは否めませんが、小ざっぱりとしています。ここの1Fというのは外が町中なので、周りが塀で囲まれ、ちょっと暗いのが欠点です。ただ、誰もいない時間、一人ではいることができましたので、ゆとりを感じました。

d0080998_23473785.jpg
d0080998_23475742.jpg
d0080998_23475776.jpg


湯船にはかけ流しのお湯がたっぷりと流されています。
ちょっと暗い目なので、露天の岩風呂はレイアウトやライトアップが工夫されており、入ってみると、空を見ながら、意外となかなか落ち着く空間でもありました。


d0080998_23475736.jpg
d0080998_23475735.jpg
d0080998_23475708.jpg
d0080998_23475745.jpg
d0080998_23480365.jpg

もう一つの湯殿は「上の湯」、庭から出られる上の方にあるお風呂です。
下の写真は、通常の本館側から入る入口です。高台にあり明るいお風呂です。宿本館の3Fとほぼ同じ高さのうようです。

d0080998_23455167.jpg
d0080998_23461897.jpg


庭からあがっていき、はいる入口はこちらです。私たちはこちらからのみ利用しました。離れ風の部屋が3つほどあり、これらのお部屋の方々はこの入口を利用すると思われます。

d0080998_23440601.jpg
d0080998_23441166.jpg
d0080998_23444771.jpg
d0080998_23445379.jpg
d0080998_23442183.jpg


まずはお休み処のソファーとお水飲み場です。
ソファが改装でいれられたのか、座り心地もなかなかです。


d0080998_23455181.jpg
d0080998_23455134.jpg
d0080998_23455195.jpg
d0080998_23452711.jpg

脱衣所がこちらです。


d0080998_23434894.jpg


内湯はこぢんんまりです。古い宿のお風呂であることを感じさせます。


d0080998_23435659.jpg

露天がとてもよいのです。
丸い桶型のものと、奥に岩の露天風呂があり、特に岩風呂からの目線が抜群に心地よいのです。写真ではなかなかその雰囲気は出ませんが・・・。

d0080998_23440116.jpg
d0080998_23450067.jpg
d0080998_23450546.jpg
d0080998_23452695.jpg
d0080998_23462957.jpg

露天目線の写真を少しばかり♪
少しカメラで遊んでみましたよ。

d0080998_23464429.jpg
d0080998_23465966.jpg
d0080998_23471352.jpg

朝食をさくっと。

お部屋にセッティングです。

d0080998_19325177.jpg


こちらが朝食です。
煮物やおさかなの干物などオーソドックスな和朝食の定番を丁寧に作っています。まずまずの出来ですね。旅館で朝食だけの評価ってなかなか難しい^^。


d0080998_19325644.jpg
d0080998_19330075.jpg
d0080998_19331386.jpg

チェックアウト後は、コーヒーをこちらのバーのようなスペースで出していただきます。チェックアウトの人がずらっといて、結構混んでました。雰囲気から、夜にバーでもやっているのか、と聞いてみたら、チェックアウト後のコーヒーサービスの場所のみだそうです。

以上、三平荘の紹介でした。
メインイベントの夕食はこの次別トピで紹介します。



More
[PR]

by totoro6008 | 2015-03-24 21:00 | 三平荘  

熱海 三平荘(1) - 到着&客室編

さて、次は熱海のお宿です。ネットの検索でたまたま見つけた、「三平荘」という老舗の宿に片泊まりしました。夕飯に行きたかったお店があったからです。

箱根から熱海に向かう途中、「熱海梅園」に立ち寄り、紅葉を楽しんできました。人だかりでとてもにぎやかでしたよ。きれいな紅葉や木々を楽しめました。

d0080998_22491161.jpg
d0080998_22493781.jpg
d0080998_22494878.jpg
d0080998_22514110.jpg


さて、早々に宿に到着です。熱海駅からは少々遠いのですが、行きたい夕飯の場所から徒歩が選択の決め手でした。ホテルではなく、温泉宿で片泊まりって珍しい私たち。

門構えから玄関は老舗の風格です。すぐ目の前がスーパー、隣が郵便局ですが、とても静かです。

d0080998_22574017.jpg
d0080998_22591542.jpg
d0080998_23003925.jpg

玄関にはいると、重厚というよりわりに簡素なつくりです。ちょっと老舗を感じさせるものがところどころにあるという感じで。。。

玄関横のコーナーでお部屋の準備ができるのを待ちました。実はかなり早く着いてしまったのです。

d0080998_23000784.jpg
d0080998_23003236.jpg
d0080998_23014870.jpg


案内いただいたのは、「曙の間」です。12.5畳の本間に、こたつの間と洋間の広縁があり、展望温泉風呂付の和室です。部屋の扉が洋室のドアみたいな感じで、ちょっと違和感かな^^。


d0080998_23044413.jpg
d0080998_23135073.jpg

離れ風の造りで、部屋はゆったりとしています。夕食は外ですが、朝食はお部屋でいただけますので空間はけっこう重要で宇s。到着時は洋間でお茶をいただきました。掘りこたつがなかなか使いやすく、ここでテレビを見たり庭を眺めたりして、くつろげましたね。こたつにはいってお庭を眺める目線がいいんですよ。立ったままではそのよさがわからないかもしれません。


d0080998_23022190.jpg
d0080998_23270834.jpg
d0080998_23023197.jpg
d0080998_23031277.jpg
d0080998_23024464.jpg
d0080998_23050367.jpg
d0080998_23051165.jpg


水回りは改装されていました。ベイシンは一つですが周りが広めです。トイレもウォッシュレットに改装したものでしょう。なんたって、ここのお風呂がとても気持ち良いのです。温泉が蛇口からでて、檜風呂から外の庭を眺めてゆったりとはいる・・・とてもいい空間&くつろぐ時間でした。

d0080998_23073773.jpg
d0080998_23081681.jpg
d0080998_23082717.jpg
d0080998_23083290.jpg

お庭に出ることができ、散策できます。階段をあがると大浴場のお風呂です。男女交代でしたので、この庭から行けるお風呂は、到着時は男性用でした。女性は翌朝楽しめましたよ。


d0080998_23054407.jpg
d0080998_23054437.jpg
食事から帰ってくると、夜のお布団はこのような感じで、本間の和室にひいていただきました。

d0080998_23093044.jpg

次回はお風呂と朝食の紹介です。


More
[PR]

by totoro6008 | 2015-03-22 21:00 | 三平荘  

箱根 佳松(4) - お食事編

箱根「匠の宿 佳松」の紹介、お食事にはいります。お食事がおいしいとの評判で選んだ宿です。

お食事は部屋だしです。セッティングにはいりました。

d0080998_22081227.jpg


こちらがメニューです。
一品ずつ出される、純和風の懐石コースになります。

d0080998_22075180.jpg

お酒の出し方もなかなか演出がいいですね。

d0080998_22081753.jpg


まずは食前酒と箸付、前菜です。
手前のがの雲丹包み、奥がきれいな前菜の品々です。きれいな演出と色目、揚げ物と酢の物、豆腐、合鴨、サーモンなど食感や味もバランスよく盛り込まれました。わくわく・・・次が楽しみ♪

d0080998_22082424.jpg
d0080998_22093763.jpg
d0080998_22093107.jpg
d0080998_22084827.jpg

椀の物はふたを開けた瞬間の楽しみ!ふたの裏の絵柄がすばらしいです。
蟹真薯に野菜の飾りで、控えめなだしが品を感じます。

d0080998_22090647.jpg
d0080998_22095607.jpg

お造りは、大トロにエビでしたでしょうか。普通においしかったです。

d0080998_22100734.jpg

口直し的に出てきたのが、おしのぎのカツオです。カクテルつまみのような感じですね。お造りの後にちょっと刺身のようなものが続き枚s種。

d0080998_22101325.jpg


台の物として、あじのつみれ鍋がでてきました。お団子のアジが臭みもなく白髪ねぎもしゃきしゃき、だしもさっぱりと。

d0080998_22102464.jpg


焼き物は、ブリの柚庵焼です。

d0080998_22104234.jpg


留め鉢の煮物、酢の物がでてきました。里芋などきちっと仕事をした煮物です。

d0080998_22105579.jpg

ごはんはつやつや、留め椀の赤だしも上々のできです。

d0080998_22111808.jpg

デザートは柿、キウイ、リンゴのムースです。まずまずでしょうか。

d0080998_22114586.jpg


翌朝の朝食です。
ごはんがほかほか!
おかずがすごい数です。丁寧に作っていますが、中には切っただけのたらこやかまぼこ、佃煮なども並んでおり、これならここまで無理しなくてもよいのでは、とは思いました。おいしかったですよ。

d0080998_22115378.jpg
d0080998_22115971.jpg
d0080998_22120732.jpg
d0080998_22121308.jpg
d0080998_22122286.jpg
d0080998_22123340.jpg
d0080998_22123818.jpg

以上食事の紹介でした。
お宿の紹介もだいたいこれカバーしたかな。
で・・・・



More
[PR]

by totoro6008 | 2015-03-21 21:00 | 匠の宿 佳松  

箱根 佳松(3) - お風呂編

箱根「匠の宿 佳松」の紹介、次はお風呂です。

こちらは男女別交代の大浴場と露天風呂、それにいつでもあいていたらはいれる家族風呂があります。お風呂へのアプローチです。マッサージチェアとイスがありました。囲炉裏を囲むエリアは、朝に味噌汁を振舞ってくれました。

d0080998_22240228.jpg
d0080998_22241775.jpg
d0080998_22241729.jpg
d0080998_22475598.jpg


大浴場は到着時から夜、女性はまずは「相模の湯」です。
木々に囲まれた庭園です。眺めはあまりないですね。

d0080998_22243977.jpg
d0080998_22243949.jpg
d0080998_22243918.jpg
d0080998_22243998.jpg
d0080998_22243954.jpg


脱衣所はこんな感じです。タオルは部屋から持ってくる必要はありません。
脱衣かごの下にもう一つ棚があって、スリッパや草履を入れられるのはいいですね。ほかの人に吐いて行かれる心配がありません。レトロな体重計にびっくり!


d0080998_22243932.jpg
d0080998_22243983.jpg
d0080998_22243967.jpg
d0080998_22243975.jpg


翌朝からは「駿河の湯」でした。
こちらのほうがやや露天風呂が広いでしょうか。空を眺められる面積がやや広いですね。


d0080998_22251342.jpg
d0080998_22252459.jpg
d0080998_22252421.jpg
d0080998_22252512.jpg


家族風呂は、母屋から階段を下りて少し湖寄りの場所にあります。窓からの眺めは立ち上がらないと見えませんが、なかなかいいですよ。でもせっかくの高台、どれかのお風呂をながめのよいつくりにすればよいのに、思いました。目隠しが優先してしまうんでしょうけど、惜しいですね。


d0080998_22265996.jpg
d0080998_22270901.jpg
d0080998_22272305.jpg
d0080998_22272398.jpg
d0080998_22272352.jpg
d0080998_22273000.jpg

湯上りに、ここで涼み、富士山をまったり眺める。いい空間ですよ。

d0080998_22274974.jpg
d0080998_22275336.jpg

さてさて、次回はお食事の紹介にはいります。

[PR]

by totoro6008 | 2015-03-14 21:00 | 匠の宿 佳松  

箱根 佳松(2) - お部屋編

箱根「匠の宿 佳松」の紹介、お部屋にはいります。

ゆったり過ごしたいと思い、二間続きで8畳+8畳のお部屋を選びました。角部屋で眺めがよいのです。露天風呂付きはお値段が・・・ということで、けちってしまいました^^。

3Fの308号室 早雲です。実際2Fが1Fのようになっているので、階段一つ上がったフロアになります。1Fは半地下みたいですね。高台の立地なのでこういうかたちになるのでしょう。鍵は近頃の宿お約束の2本です。

d0080998_22561727.jpg
d0080998_22580533.jpg


8畳の本間、副室、そして4畳以上ある広縁が洋間のようになっています。角部屋で窓が大きくとられており、とても明るいです。やっぱり明かる部屋が好きだとつくつく自分で思います。

d0080998_22574053.jpg
d0080998_22580521.jpg
d0080998_22575297.jpg
d0080998_22575292.jpg
d0080998_22580553.jpg


ちょっと外輪山や木々に隠れますが、富士山も窓から見えます。

d0080998_21421035.jpg
d0080998_22585011.jpg


箱根名産の寄木細工のティッシュボックスや裁縫箱など、こまごまとしたところにこのお宿らしい気遣いを感じさせます。

d0080998_22581374.jpg
d0080998_22581375.jpg
d0080998_22580543.jpg
d0080998_22590395.jpg
d0080998_22590327.jpg

水回りは一昔前の感じですが、使い勝手は問題ないです。タオルもたっぷり、化粧品もあり、最近のおしゃれな洗面は水跳ねがすごかったりして、良し悪しですね。内風呂が部屋にあり、温泉です。

d0080998_22582624.jpg
d0080998_22582635.jpg
d0080998_22582621.jpg
d0080998_22584541.jpg


夜のお布団の質はまずまずでしょうか。立派なマットレスと布団の宿に比べるとやはり、ちょっと劣るかもしれません。副室にひいていただき、本間では布団なしでくつろげるので二間続きはうれしいです。

d0080998_22583903.jpg

つぎは、お風呂の紹介です。


[PR]

by totoro6008 | 2015-03-12 22:00 | 匠の宿 佳松  

箱根 佳松(1) - 到着編

たまっているバックログにはいります。

箱根の芦ノ湖畔の宿「匠の宿 佳松」に行ってきました。箱根は実はけっこう久しぶりです。千葉県側から車で行くのはかなり渋滞などで時間距離が大変なのです。かといって電車も結構不便で、首都圏の有名観光&温泉地でありながら、我が家はなかなか足の向かない地域のひとつでした。たまには行ってみよう!・・・ってことで^^。

箱根に行くなら富士山を拝むコースを、ということで仙石原経由で箱根に入りました。
いやいや、たくさんの富士山を眺めることができましたよ。紅葉もけっこう残っていました。

d0080998_23484795.jpg
d0080998_23485814.jpg
d0080998_22133670.jpg
d0080998_22134825.jpg
d0080998_22140145.jpg


仙石原でカフェによりホッと一息。お店の名前・・・失念^^
夕飯に響かないように軽めに・・・とチーズとナンやオニオンスープがなかなかおいしかったです。ワインが飲みたくなりましたよ♪それに結構、おなかにしっかりだったかも(笑)


d0080998_22143441.jpg
d0080998_22144258.jpg
d0080998_22150182.jpg
d0080998_22150627.jpg

途中紹介はしょって、宿到着へ。あちこち混んでましたから、断念したんです(涙)。箱根ってこんなに混んでるんですね。

お宿は芦ノ湖の東側、すこしはいったところの高台にあります。
端正な門構えと玄関です。上質さを感じられます。

d0080998_23485309.jpg
d0080998_23483924.jpg


中に入ってまずはお茶を一服いただきます。お抹茶とお干菓子です。

d0080998_23490949.jpg
d0080998_23492523.jpg
d0080998_23501330.jpg


お部屋は母屋が池の向こう側です。
池の周りの庭は手入れされ、池には錦鯉がたくさん泳いでいます。いまどき古風なつくりかもしれませんね。

d0080998_23502893.jpg
d0080998_23501821.jpg
d0080998_23515764.jpg
d0080998_23520961.jpg


この提灯のある建物にはいり、2Fに案内されました。


d0080998_23514037.jpg
d0080998_23512372.jpg
d0080998_23512949.jpg
d0080998_23510268.jpg
d0080998_23510710.jpg
お部屋の紹介は次です。

[PR]

by totoro6008 | 2015-03-09 21:00 | 匠の宿 佳松  

ゆめや(7) - その他スペース、カーブドッヂなど

新潟県岩室温泉「著莪の里 ゆめや」の紹介、最後はその他のパブリックスペースと中日のおでかけです。

お部屋からお庭にでました。冬で木々は緑がほとんどないので、雪がないとちょっと寂しいですね。木々や花が華やぐ季節がよいのでしょう。

d0080998_22124680.jpg
d0080998_22125496.jpg
d0080998_22125430.jpg
d0080998_22125415.jpg
d0080998_22130752.jpg

ロビーの朝には、昆布茶がセットされていました。皆、ことりサロンのほうにいって、あまりこのロビーの方には来ないようです。

d0080998_22134745.jpg

ことりサロンのよこの廊下にこんなかわいい置物!

d0080998_22133393.jpg

泊まりの紹介はここまでです。

そのほかもちょこっと紹介です。
帰りには酒蔵に寄ってみました。お宿に一番近い「宝山酒造」です。予約をしていないので、見学はできません。老舗らしい建物が味を出していました。こちらでお酒と酒粕を買ってきました。

d0080998_22140199.jpg
d0080998_22140839.jpg

中日にお出かけした「カーブドッヂ」です。宿から車で30分ほどの距離です。
ワイナリーとレストラン、スパの総合施設です。こちらのワインショップに立ち寄り、ついつまんでいただいてきました^^。

d0080998_22375909.jpg
d0080998_22380820.jpg
d0080998_22382806.jpg
d0080998_22382492.jpg
d0080998_22383400.jpg


ワインショップの横のお店はパンなどのショップと軽食のカフェになっています。パンを買ってそのままそこでいただくことができるのです。

d0080998_22392162.jpg
d0080998_22391244.jpg
d0080998_22392194.jpg

反対側は温浴施設です。温泉宿に泊まっているので、ここのスパはいいかな^^。

d0080998_22393553.jpg

そのあとは、雑誌で見つけたジェラードのお店でこれ!お外は寒いんですけど、お店の中で食べたらおいしいのなんのって。追加をカップで買って、お部屋でもお風呂上がりにいただきました。


d0080998_22394783.jpg
d0080998_22395588.jpg
d0080998_22395587.jpg
写真がありませんが、実は「ゆめや」の姉妹館・・・というか親館ですね。この帰りに「富士屋」の大浴場に入りに行きました。姉妹館なので入浴は無料です。同じ湯質だと思うのですが、「富士屋」は大旅館の迫力ある大きな湯船、露天は眺めも良く気分が違います。そしてお湯がとっても効いて、上がった後も汗が止まらないほどでした。

以上、ゆめやとそれにまつわる旅の紹介でした。
ゆめや、いいお宿です。お食事もおいしくて、ゆったりできます。とても心配りのあるしつらえとサービスです。
ただ、ちょっと週末とお部屋による料金がかなり強気だなと思ってしまいました。離れにとても興味があるのですが、ますますお高く^^(笑)

[PR]

by totoro6008 | 2015-03-02 21:00 | 著莪の里 ゆめや