<   2014年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

会津東山温泉 向瀧(4) - お食事編

会津東山温泉「向瀧」の紹介、お食事です。

春夏秋冬で献立を工夫されている向瀧さん、今回は「秋の献立」をいただきます。

d0080998_10162720.jpg

お品物は2~3品ずつ温かいもの、冷たいものをしっかり良い状態で出してくださいます。いつも思うのですが、あの階段の下からえっこらさ~と持ってきてくださる仲居さん、しかもあったかいものなどちゃんと・・・頭が上がりません。若い人でないと務まらないかな(笑)

遊んでみて、最初のセッティングを3つのモードで写真撮ってみました(料理の紹介じゃなくて、自己マンの紹介だろ~と、つっこみいれてやってください^^)


レトロモード
d0080998_22445437.jpg


ミニチュアモード

d0080998_22450782.jpg


モノトーンモード

d0080998_22451114.jpg

メニューにしっかり説明もありますので、その他の写真は一気に!

ちなみに、鯉の甘露煮、会津の名物でこちらでも名物料理なのですが、うちはちょいとアイデアを。このおっきいのが二人で2つ出てくると量が多かったり、味があきちゃうので、いつも1つはお持ち帰りにします(事前に頼めばOKです)。真空パックしてあるので、おうちに帰ってからしばらくしてお夕飯に活躍です。当日もあとからも楽しめます^^。

d0080998_22473715.jpg
d0080998_22473846.jpg
d0080998_22475244.jpg
d0080998_22475269.jpg
d0080998_22475204.jpg

こちらは、朝食もメニューあるんですよ。
お手製の朝食、おいしいです♪お米もつやつや!

d0080998_22480056.jpg
d0080998_22480560.jpg

こんなところに、レトロな爪楊枝ケースですよ。

d0080998_22481091.jpg

以上、お食事の紹介でした。

さて、総括・・・・


More
[PR]

by totoro6008 | 2014-12-31 17:00 | 向瀧  

会津東山温泉 向瀧(3) - お風呂編

会津東山温泉「向瀧」の紹介、お風呂です♪

お風呂は、熱めの湯の「きつね湯」、ぬるめ湯の「さるの湯」、そして3つの貸切風呂とあります。源泉かけ流しのやわらかいお湯で、どのお風呂も同じ泉質です。

まずは熱い「きつね湯」です。
熱いといってもたぶん43度~44度ぐらいでしょうか。今や42度でも熱いと感じる方が多いほどぬるめのお湯がもてはやされているので、たいていの人にはかなり熱いかもしれません。よって、いつもすいています。脱衣所も昔の銭湯みたい(ってわかるかしら?)で、かな~りレトロです。

こんだけ人気がいまいちだと、熱い湯の方をちょっと温度調整しては?と思ったりするのですが、気骨なくぅ~っとしみる温泉好きはこの温度を求めるのでしょうかね。

d0080998_14363332.jpg
d0080998_14363395.jpg
d0080998_14553328.jpg
d0080998_14553364.jpg

ぬるめの「さるの湯」です。

体を洗い&シャンプーでゆったり利用する方は、みなさんこちらです。シャワーがここだけってのもあるからですけどね。利用者が多い割に脱衣所が狭いので、ピーク時はかなり混雑です。

それでもこれだけ写真とれちゃったってことは、すいている時間もかなりあるってことです(私一人のときですよ、もちろん)。

かけ湯用のお湯、湯口の湯の花など、温泉らしさを感じます。41度ぐらいでしょうか。ちょうどよい入りやすさだと思います。

d0080998_14361926.jpg
d0080998_14361227.jpg
d0080998_14350271.jpg
d0080998_14351516.jpg
d0080998_14351503.jpg
d0080998_14351591.jpg
d0080998_14355097.jpg
d0080998_14372403.jpg

ちなみに、男性風呂の方はこちら。
美しい女性のレプリカがあるようですよ。

d0080998_21574665.jpg

そして、貸切風呂です。
空いていればいつでもはいれます。
かなり小さい湯船でお湯は熱めのため、ちょっと温度を調節して一人ではいるのがいいかも。二人でもはいれますが、せませまですよ。

天井の鈴の模様が由緒あるお風呂って感じですよね。

d0080998_14343572.jpg
d0080998_14344326.jpg


お風呂がいくつもあるので、そういう意味で、いつでもはいれるのはいいですね。

お風呂の後はアイスクリームが恋しい!
おいしいアイスクリームが売店にあったので買っちゃいました♪


d0080998_14365609.jpg
さて、次はお食事の紹介にいきます。

[PR]

by totoro6008 | 2014-12-29 22:05 | 向瀧  

会津東山温泉 向瀧(2) - お部屋編

会津東山温泉「向瀧」の紹介、次はお部屋です。

この宿はお部屋が素晴らしく、みな違うため売りなんです。複雑なレイアウトで、アップダウンが多いのですが、お部屋はすばらしく、全部意匠が違うんですよ。意匠、眺め、間取り、広さなどで部屋指定で選ぶことができます(向瀧HPネット予約限定ですが)。20年近く前から部屋を選ぶコンセプトを取り入れているのはすごいと思います。

私たちは選んで、毎回違うお部屋です。今回は「菊の間」となりました。
実は離れに泊まってみたかったのですが、あいにく予約がはいっていて、お庭が見られるお部屋で他のところにしていただきました。

下記の平面図はHPにあります。でも、行ったことのない人には、複雑なのでイメージわきにくいでですよね。

d0080998_14234446.jpg
d0080998_14030751.jpg
d0080998_14024439.jpg
d0080998_23335076.jpg

お部屋を入ると、まずは4.5畳の前室があり、衝立があります。
この衝立の屏風も、素晴らしい襖絵になっています。前室には鏡台もはいっていて、奥ゆかしい古い日本のしつらえですね。

d0080998_13460987.jpg
d0080998_13460142.jpg
d0080998_23365412.jpg


本間は10畳です。床の間、縁側がゆったりあり、2面採光ので10畳よりかなり広く感じます。右側の明かり障子の半円形窓がとてもやわらかな部屋の雰囲気を醸し出しています。欄間も美しい。こういうところをきっちり楽しめる人は、うっとりしてしまうと思います。

雪障子もあげて外の光を入れると雰囲気がさらに変わりました(下の写真はすべてあげたあとのものです)。

d0080998_23372252.jpg
d0080998_23372232.jpg
d0080998_23374851.jpg
d0080998_23345208.jpg

到着にはお茶と芋羊羹をだしていただきました。羊羹はお手製だそうですよ。やさしい甘味です。

d0080998_23361575.jpg

部屋から庭を臨む縁側です。ここにいるとちょっと大正スリップみたいな感じです。庭もきれいにされていて、心落ち着く空間です。

d0080998_23382819.jpg
d0080998_23350722.jpg


座卓も古いよいものです。漆の手入れが大変そう。

その他、床の間などの部屋のしつらえやセッティングされたものをどうぞ。最初からお湯もお水もセッティングしてくれているので、うれしいですね。

d0080998_23373094.jpg
d0080998_14041156.jpg
d0080998_23372995.jpg
d0080998_23361603.jpg
d0080998_23361660.jpg

トイレと洗面台は、昔のお部屋に無理やりつけているので少々難点ですが、古いお宿では已むえないでしょうね。むしろ快適に滞在するために、リニューアルしており、お湯はでますし、ウォッシュレットを全室につけて清潔&快適にしているのは努力はさすがです。古さに奢りはありません。

d0080998_13592463.jpg
d0080998_13595451.jpg

夜お布団をしいていただいたところです。このお布団ちょっと薄いので、寝心地は今一つ。冬はやや寒いぐらいかも。でもこの宿でベッドは無理でしょうですし・・・。1万円台からのお宿だとこの辺りはどうしても弱くなりますよね。

d0080998_14365237.jpg

以上お部屋の紹介でした。

参考まで、今までに我が家が泊まったお部屋は以下です。

●竹の間(源泉温泉風呂つき)
http://www.mukaitaki.com/room/take/

●すみれの間(2Fのお庭正面の眺め)
http://www.mukaitaki.com/room/sumire/

●かきつの間(お庭横、雪見ろうそくが美しかった!)
http://www.mukaitaki.com/room/kakitsu/


次は、やはり宿自慢である、温泉風呂の紹介をします。



More
[PR]

by totoro6008 | 2014-12-27 21:00 | 向瀧  

会津東山温泉 向瀧(1) - 到着編

米沢をあとにして、次に向かったのは会津です。会津に行くと毎度こちらの宿・・・とばかりに「向瀧」です。東山温泉にはたくさんの宿があるのですが、たまに行くとここに行きたいとなってしまいます(特に主人がお気に入りです)。会津藩時代からの老舗宿、建物は国の登録有形文化財というレトロ感たっぷりな宿です。

以前にも何度か紹介しているお宿なのですが、今回はカメラのレトロモードを使ってお宿の雰囲気を出してみました^^(腕ないので、出てるかどうか(><)。

川向うの宿の顔、建物がすでにこの宿独特の雰囲気を醸し出しています。(写真は到着時でなくそのあとの散歩のときにとったので薄暮な時間になってしまいました)

d0080998_21413078.jpg
d0080998_21413071.jpg

玄関先は意外にこぢんまり、ここに車を付けてチェックインです。そのままお部屋に案内され、車はバレットサービスのごとく、駐車場に回してくださいます。

d0080998_21413535.jpg

帳場はこぢんまり、隣に売店があります。


d0080998_23173223.jpg
d0080998_23172894.jpg

敷地は平らな土地ではありません。建物、庭とも階段や坂が多く、おみ足の弱い方はちょっと泊まりづらいかもしれません。健脚の若い方でも一番奥の上のお部屋・・・となるとこの階段を5つ6つ使いますので、かなり驚くかもしれませんね。


d0080998_21413049.jpg
d0080998_23171240.jpg

廊下はぴかぴかに磨かれ、こんな庭を見ながら案内されます。


d0080998_23174121.jpg
d0080998_23174772.jpg

d0080998_23184389.jpg

さて、お部屋の紹介は次へ!


More
[PR]

by totoro6008 | 2014-12-25 21:00 | 向瀧  

時の宿 すみれ(4) - 番外編 日帰り温泉ー姥湯&白布

「時の宿 すみれ」の紹介は終わりましたが、宿泊の前後に米沢八湯であるまわりの温泉に立ち寄り湯を利用しましたので、そちらを紹介します。

まずは「姥湯温泉」です。福島飯坂ICから米沢へ向かう国道・・・そのから思いっきり細い道で山奥に入っていきます。でもその秘湯感がまた魅力なんですね。

この鉄橋を渡って向こう側です。

d0080998_21484533.jpg

ね、秘境感たっぷりでしょう。
紅葉も始まっていた10月、癒されました。


d0080998_21480193.jpg
d0080998_21482419.jpg

こちらが女性用の温泉でしたが、人がいたので写真は取れていません。

d0080998_21480146.jpg

そして混浴の湯・・・これは思いっきり男性だらけで、前も隠さない方々が多くてとってもはいれません!主人がはいったところによるとなかなかワイルドでよかったとのこと。女性の方は開放感はないので、やはり楽しむなら混浴なんでしょうけど・・・かなり勇気がいりますね。

d0080998_21483125.jpg
d0080998_21593872.jpg
d0080998_21480117.jpg

さて、すみれのあとに立ち寄ったのは「白布温泉 西屋」です。

歴史ある建物とやわらかいお湯がなんとも風情ある湯殿でした。
この茅葺の建物が郷愁を誘いますね。

d0080998_21504402.jpg
d0080998_21504463.jpg

お風呂はこの中にあります。男女別になっています。

d0080998_21514481.jpg
d0080998_22014432.jpg

脱衣所は意外に普通な感じです。
改装して快適な空間にされたのでしょう。

d0080998_22025889.jpg
d0080998_21511731.jpg

お風呂の扉を開けると、おもわずレトロな湯船が目の前に!
高い天井から差し込む光がとてもきれいでした。
お湯は無色透明、柔らかくていつまでもはいっていたくなるような感じでした。

d0080998_21512899.jpg
d0080998_21513559.jpg
d0080998_22042100.jpg
d0080998_21505994.jpg

秘湯感たっぷりとレトロ感満喫のお湯でした。


[PR]

by totoro6008 | 2014-12-23 23:00 | 時の宿 すみれ  

時の宿 すみれ(3) - お食事編

「時の宿 すみれ」の紹介、お楽しみの食事です。

食事処「すみれ庵」はこちらです。

d0080998_21561259.jpg
d0080998_21561230.jpg

ご存じ牛尽くしの和洋折衷コースが売りのこちらの宿、いつも楽しくわくわくしてお夕食です。今回も、4組限定カウンター席を予約、目の前でシェフが焼いてくださるステーキのコースです。通常ロースステーキですが、フィレに変更しました(追加料金あり)。脂のりのりはもうちょっと^^

d0080998_21561261.jpg
d0080998_21545108.jpg


本日のコースメニューです。わくわく^^


d0080998_21545111.jpg

宿泊プランについたスパークリングワインをいただきます。

d0080998_21552823.jpg

説明はしょって、一気に紹介です!
手抜きですみませんm(__)m.

前菜の牛とフォアグラテリーヌ、そしてやっぱり定番の大トロポワレ握り寿司がよかったですね。コースでお寿司は追加でついてきました。

d0080998_21545114.jpg
d0080998_21550782.jpg
d0080998_21550763.jpg
d0080998_21550788.jpg
d0080998_21550712.jpg
d0080998_21550794.jpg
d0080998_21550760.jpg
d0080998_21550734.jpg
d0080998_21550884.jpg
d0080998_21551780.jpg
d0080998_21551814.jpg
d0080998_21551805.jpg
d0080998_21551821.jpg
d0080998_21552911.jpg
d0080998_21552903.jpg
d0080998_21552912.jpg


そしてここで・・・結婚記念日が近くて行きましたので、こちらのアレンジをいただきました♪かぼちゃプリンもソルベもおいしいですよ。

d0080998_21553486.jpg


翌朝の朝食ももりもりいただきました♪

芋煮が牛肉いり、サラダがおいしい!ソーセージも牛なんですよね。ずっと牛肉づくしなのに飽きない。楽しい!不思議ですほんと。


d0080998_21555984.jpg
d0080998_21565552.jpg

私は普段は、けっこう野菜&魚派です。お肉もなんでも食べるけど、「●●尽くし」が食べたいと思ったことはないんですね。私にとってすみれの楽しみは「牛づくし」だから行くんじゃなくて、純粋に料理が好き、おいしい・・・それがたまたま牛肉のバラエティだっていうだけなんです。「牛のさまざまな部位がこんなに楽しく食べられるなんて初めて来たときは目からうろこでした。

ストレートに行ってしまうと、すみれのほかの部分は絶対・・・ってほどではない。お部屋もお風呂も・・・すてきだけどそれだけが目的じゃない。でも、そんなわけでここのお料理の魅力に取りつかれ、もう何度も来ちゃいました。また行かなくっちゃ^^(笑)

だって・・・



More
[PR]

by totoro6008 | 2014-12-19 23:00 | 時の宿 すみれ  

時の宿 すみれ(2) - 客室&お風呂編

山形県米沢市の湯の沢温泉「時の宿 すみれ」の紹介、客室です。

今回は実は・・・じゃらんのポイント有効期限で捨てるのがもったいない!では予約空いてたらどこかじゃらんでとろう♪・・・ということになり、お気に入りのすみれが空いていたので部屋カテゴリーを選べなかったにもかかわらず、ぽちっと押してしまいました。だって1万円以上のポイントが期限キレ寸前だったんですもの。

お部屋に案内されました。2Fです。

d0080998_23043138.jpg
d0080998_23043524.jpg
d0080998_21420058.jpg
d0080998_23044547.jpg

今回泊まったのは「さくら」という和室です。シンプルな8畳の和室に縁側スペースが2畳ほどの小ぢんまりなお部屋です。

d0080998_21415414.jpg
d0080998_23045394.jpg
d0080998_23050463.jpg

お部屋はこんな感じのちょっと古民家和風なデザインです。お部屋によってすべて違い、アジアン、ヨーロピアン、ベッド有り無しなどバラエティです。この宿のコンセプトから、お泊りはお二人様のみ、テレビや時計は部屋になし・・・どの部屋もトイレ付ですが、お風呂もつけてないという徹底ぶりです。

私たちはなんといっても料理が目当てなので、お部屋は重要視していません。しいて言えばお庭にアクセスできる1Fがいいのですが、急な予約ではなかなか空いてない人気の部屋です。お風呂については、いつでも使える貸切2つと男女別大浴場があるので、不便は感じないのです。

料理めあてのお客様にとってはコスパな宿だと思います。

d0080998_23062166.jpg
d0080998_23063305.jpg
d0080998_23063917.jpg
d0080998_23065399.jpg
d0080998_23073591.jpg
d0080998_23073534.jpg
d0080998_23073610.jpg
d0080998_23073624.jpg

大浴場は2つあります。以前にも紹介しているのでさくっと。
夜に男女入れ替えで、両方楽しめます。昔の鉱泉(低温の温泉)なので、加温していますが、加水してないそうですよ。軟らかい温まるお湯です。


「森と風の湯」は内湯のみです。
外のチェアのところから川のせせらぎが見えます。女性はちょっと勇気がいるかな。寒い季節は出るのがちょっと大変かも。

d0080998_21421557.jpg
d0080998_21421572.jpg
d0080998_21421532.jpg

「時と光の湯」は内湯と露天風呂があります。

露天風呂から乗り出すと、新幹線の線路も見えます。川のせせらぎもあって、私はこちらが好みです。

d0080998_21423141.jpg
d0080998_21422222.jpg
d0080998_21423848.jpg
d0080998_21424111.jpg
d0080998_21493948.jpg
あら、今回は貸切温泉は1回しか利用しなかったのですが、写真がみあたりません^^。
ご紹介できず申し訳ありません。2つの川沿い風呂でいいですよ。

去年のお風呂紹介でどうぞ♪

さて、次はお食事ですよ~。

[PR]

by totoro6008 | 2014-12-16 21:00 | 時の宿 すみれ  

時の宿 すみれ(1) - 到着編&パブリックスペース

リピの宿紹介が続きます。次は「時の宿 すみれ」の紹介にはいります。
ここは食事が楽しみで、そして楽しい女将さんに会えるのを楽しみに行きます♪・・・もうひとつ、「里子」を置いてきたので、顔を出しに(笑)

d0080998_22500803.jpg

10月の紅葉前ですが、さわやかな天気でとてもよい季節です♪
車で到着です。

大自然に抱かれたこのアプローチ、とてもわくわくしますよ。

d0080998_22170174.jpg
d0080998_22345729.jpg
d0080998_22351587.jpg
d0080998_22343970.jpg

お宿でお茶とお菓子をいただきき、ほっと♪

d0080998_22360579.jpg


ロビー&ラウンジは小ぢんまりですが、コージーな居心地の良いスペースです。


d0080998_22363998.jpg
d0080998_22383127.jpg
d0080998_22355203.jpg


ラウンジ横のパンフやお土産のコーナー、コーヒーなどいただくカウンターもあります。

d0080998_22440729.jpg
d0080998_22440690.jpg
d0080998_22371132.jpg
d0080998_23030572.jpg


ラウンジ外のデッキえりあがとても気持ちいい!季節の良い時はここでお茶をいただくのがいいですよ。寒くなるのが早いので、10月がぎりぎりでしょうか。

d0080998_22355942.jpg
d0080998_22365503.jpg
d0080998_22374755.jpg


宿まわりの雰囲気もとてもいいので、いつも写真をとってしまいます。癒しの山、川・・・そして新幹線までついた(笑)眺めです。


d0080998_22373696.jpg
d0080998_22373669.jpg

d0080998_22353285.jpg
d0080998_22353756.jpg

ちょっとレトロモードにしてみて写真をたくさんとってしまいましたので、雰囲気がいつもと違いますでしょ。腕悪くて、単に暗いだけの写真になってしまいました^^。

次は客室の紹介です。



[PR]

by totoro6008 | 2014-12-14 23:01 | 時の宿 すみれ  

鬼怒川金谷ホテル(5) - 番外 おでかけ編

鬼怒川温泉「鬼怒川金谷ホテル」の紹介・・・は終わりましたが、鬼怒川の立ち寄りおでかけを番外で紹介します。

まずは、ランチに寄ったハンバーグのお店Cafe Salon de The OKA (カフェ サロン ド テ オカ)
です。

お蕎麦屋さんも飽きたかな、なんて思い、検索して見つけたお店です。
鬼怒川温泉の奥の方にある細い路地にひっそりとありました。落ち着いた雰囲気のカフェです。

d0080998_21544042.jpg
d0080998_21544585.jpg

おすすめは大田原牛ハンバーグランチだということで、迷わずこのメニューをとりました。
サラダに始まり、小鉢と手作りハンバーグ、ごはん、自家製のデザート2品と充実のラインナップでしたよ。ロイヤルコペンハーゲンなど、ヨーロッパの陶器も集めていらっしゃるようで、こじゃれた感じでした。お茶とケーキでくつろぐ、マダム向けのお店でしょうか。

d0080998_21550204.jpg
d0080998_21550362.jpg
d0080998_21550313.jpg
d0080998_21550347.jpg
d0080998_21550366.jpg
d0080998_21550321.jpg

さて、このあとは、鬼怒川で初めて「ロープウエイ」に乗って「おさるの山」に行ってみました。鬼怒川何べん行ってるの?・・・はい、ほとんど観光しておりません(笑)。いつも宿にこもっちゃいまして^^。


d0080998_21571088.jpg

土曜日なのにずいぶんすいてるよな~^^、という印象でした。せっかく観光資源のはずなんですが、あまりみなさん来ないようです。日光か塩原のほうに行っちゃうんでしょうね。

d0080998_21572271.jpg
d0080998_21582369.jpg

ロープウエイで丸山を登って、眺めはなかなかでした。
温泉街から、山々のすがすがしい景色まで、青い空のもと拝めます。

d0080998_21572790.jpg
d0080998_21575755.jpg
d0080998_21575735.jpg
d0080998_21575712.jpg

おさるの動物園?がちょい貧弱でしたね。これがもっと面白いつくりになっているといいんですけど、子供は誰もいなかったし、これではなかなか集客厳しいかもしれません。
湯田中温泉の奥にあった「地獄谷野猿公苑」は、お猿が温泉にはいるところが演出されなかなかユニークで、たくさんの人が来てましたよ。

d0080998_21580985.jpg
d0080998_21581564.jpg

ハイキングで神社の奥、一本杉なども散策できますが、今一つ魅力に欠けました。

d0080998_21574475.jpg
d0080998_21574448.jpg
d0080998_21574493.jpg
うーん、鬼怒川もうちょっと観光資源のほうを頑張ってほしいですよね。我が家は場所的にけっこう便利なんですが、泊まる以外あまり利用してないのが本音です。ライン下りもまだしてないなあ・・・いつになる??

鬼怒川観光のご紹介さくっと、でした。

鬼怒川にはまたいっているのですが、その紹介はそのうちに^^

[PR]

by totoro6008 | 2014-12-12 21:00 | 鬼怒川金谷ホテル  

鬼怒川金谷ホテル(4) - お食事編

鬼怒川温泉「鬼怒川金谷ホテル」の紹介、次はお食事です。

「和魂洋才」をテーマとしたお宿、食事もその路線で行っています。
夕食は、1Fロビー横のダイニングでいただきました。

まずはラウンジでアミューズと最初のドリンクを提供されます。

d0080998_22130999.jpg
d0080998_22132612.jpg

こちらを楽しんでから、ダイニングに案内されます。
ここは完全に洋の雰囲気です。

d0080998_22143914.jpg

メニューです。
金谷流懐石~和敬洋讃~

d0080998_22141255.jpg

細かいメニューの味は覚えていないので、紹介はザクッと行きます♪
ペアリングのおすすめワインもいただいてみました。シャンパン、白、赤の3種類だけですけど。

基本は和食ですね。洋風なアレンジや料理の仕方を混ぜているといった感じでしょうか。
見た目に楽しくきれいにすることにかなり腐心していると思います。もう少し味の驚きがあってもよいかなと贅沢なことをいったりして^-。


d0080998_22134317.jpg
d0080998_22140423.jpg
d0080998_22141939.jpg
d0080998_22142978.jpg
d0080998_22144442.jpg
d0080998_22145684.jpg
d0080998_22145603.jpg
d0080998_22145634.jpg
d0080998_22145646.jpg
d0080998_22153878.jpg
d0080998_22153886.jpg
d0080998_22155699.jpg

小皿に紙のかたまり?・・・お水をかけるとおっきくなった~!はい、ペーパーおしぼりですって。ちょっとおちゃめな演出も。

d0080998_22155631.jpg
d0080998_22155692.jpg

さて、食後はまたラウンジに戻ってショコラやコーヒーです。
贅沢な空間、時間を演出してくれます。


d0080998_22161344.jpg
d0080998_22161386.jpg
d0080998_22161353.jpg
d0080998_22161347.jpg


うちは一匹ヘビースモーカーがおりますゆえ、このジョン金谷の葉巻を楽しむ空間がお気に入りです。かなり広めのスモーキングルーム、チェスなどもおいてあり、独特の空間tづくりとなっています。

d0080998_22161356.jpg
d0080998_22182345.jpg
d0080998_22182316.jpg
d0080998_22182310.jpg

お部屋に戻ると、お夜食のおにぎりが冷水と置かれていましたよ。
まさに、旅館のもてなしですね。

d0080998_22184483.jpg

さて、朝食です。
和洋ありますが、和朝食を選びました。同じく1Fのダイニングです。

やっぱりこのダイニングは日差しのあたる眺めが似合いますね。
昔より少しシンプルかな・・・でもかなりたくさんおかず並んでいますね。やっぱり旅館の朝食で贅沢できる1泊の滞在のしめという方が多いのでしょうね。ここを手を抜けないのだと思います。

d0080998_22192415.jpg
d0080998_22194799.jpg
d0080998_22194885.jpg
d0080998_22194833.jpg
d0080998_22194839.jpg
以上、食事の紹介でした。



More
[PR]

by totoro6008 | 2014-12-11 21:00 | 鬼怒川金谷ホテル