<   2014年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

ホテル椿山荘 リニューアルルーム(1) - エグゼクティブスィート-1

温泉はちょいとおいておいて、そろそろ国内ホテルに戻ります^^。

フォーシーズンズホテルからリブランド、藤田観光の経営するホテル椿山荘としてスタートし早2年近くたとうとしています。大きなリニューアルをせず、フォーシーズンズ時代の雰囲気がそのまま残った感じでした。ホテル自体が好きだった私にとってはそれは安心の証です。

ホテル側も経年の傷みのメンテも続けていたと思いますが、それのみならず、イメチェンも意識していたのでしょう。

2014年11月15日、ホテルはリニューアルルームをオープンしました。9Fと10Fの2フロアの禁煙のみになります。

先般宿泊する機会を得ましたので、ちょっとばかり紹介しましょう。

お部屋は、なんとエグゼクティブスィートにアップされてしまいました。「四季アドバンテージクラブ」の会員特典でUGだったのかな、ときいたら、ホテルのご厚意とのこと。ラッキー!・・・しかも紅葉の季節に庭側です。ただですねぇ、チェックインもそれほど速い時間ではなかったですし、夜は飲み会で外出でしたのでもったいない!翌日の午前中が少しつかえたのが救いでしたね。

さて、今回はいきなりお部屋の紹介からです。
937号室、廊下の一番奥でちょっと出入りは不便でしたね。

ドアをあけると・・・・
雰囲気はシックになりましたね。

d0080998_21012463.jpg

ソファーの色がブラックを基調としていながら、地模様のデザインがはいり、クッションも個性豊かにさまざまなデザインのものが並べられ、すばらしいです。ソファの形も座りやすくなりました。ちなみに、壁の奥にあるカウチソファは、通常のデラックスルームの窓側にあるソファのようです。

壁紙、カーテン、じゅうたんなど、すべてリニューアルされています。カーテンは、レースのほうも開閉が電動になりました。

アールデコ調のヨーロピアンが好きな方にはちょとシンプルすぎると感じるかもしれませんが、最近はあのヨーロピアン=少し古いイメージという感じが否めないので、ホテルとしてはやはりイメージを一新したかったのでしょうね。

リビングのTVは大きくなったと思います。テレビ台の家具も変更されています。

d0080998_21012409.jpg
d0080998_21012449.jpg
d0080998_21022107.jpg

翌朝の明るい時間・・・やっぱり明るい時間のほうがお庭もきれいに見えていいですね。ソファのクッションも鮮やかに見えます。


d0080998_21044108.jpg


私はこのエグゼスィートでは、窓側のデスクスペースがお気に入りです。
ここに座って窓からの眺めを楽しむ・・・最高ですよね。

そして、リニューアル後もこのデスクの位置は健在でした。デスクにほとんど何もおかず、すっきりしています。デザインはヨーロピアンな曲線の美しいデスクだったので、ずいぶんシンプルになったなあという感じですが。

ふと気づいたのですが、電話がですくにありません!このデスクに電話のないホテルって珍しいような。最近はそういうところが増えているのでしょうか。今やほとんどん方は携帯やスマホを領しているので、ホテル内連絡以外は電話って利用しないでしょうね。ですので、リビングのソファ横のサイドテーブルに置かれていました。

d0080998_21044799.jpg

この眺めはやはりすばらしいですね。
部屋の正面は三重塔、左横は神田川沿い(春は桜並木!)、右横は他の部屋の窓がならぶ風景です。紅葉も少し愛でることができました。


d0080998_21050157.jpg
d0080998_21050154.jpg
d0080998_21050243.jpg

となりのベッドルームです。
ベッドは同じですが、ベッドスローのデザインが変わっています。サイドテーブルのランプシェードと陶器の部分も新しいデザインです。ソファーもそうですが、すっきりとシンプル化して、フォーシーズンズ色を消していっているのでしょうね。

もう一つ大きな家具がなくなりました。アーモアです。薄型テレビの時代に分厚い家具にテレビを収める必要がなくなりましたよね。ただ以前はその家具があったため奥が空のまま、手前のほうに薄型テレビが置かれていました。これはこれでOKだと思います。

d0080998_21022134.jpg
d0080998_21022176.jpg
d0080998_21022150.jpg

お部屋の紹介、この続きは次回に。


[PR]

by totoro6008 | 2014-11-30 23:00 | H椿山荘(旧フォーシーズンズ)  

石葉(4) - お食事編

奥湯河原温泉「石葉」の紹介、次はお楽しみの食事です。

お部屋での食事にわくわく・・・若いのですがとても良い感じの仲居さんがついてくれてサービスしていただきました。我が家のぬいぐるみにも反応(笑)

夕食のメニューです。

d0080998_20424579.jpg

珍しく食事でシャンパンをいただきました。
先付は茄子ですね。滋味な味です。

d0080998_20425564.jpg
d0080998_20432228.jpg
d0080998_20432273.jpg


冷蔵庫の飲み物のメニューがありましたので、参考まで。

d0080998_20424957.jpg


八寸です。
銀杏や松風風の卵焼き、菊菜、みょうが、ひじきのとんぶり和え。とてもしっとりした組み合わせですね。おいしいです。

d0080998_20432205.jpg


お刺身は鯛とめじまぐろだったかしら?
あしらいの妻もおいしいですよ。

d0080998_20432223.jpg
d0080998_20432218.jpg


日本酒に切り替えます。やはりこういう氷のしつらえは温度管理にも見た目にもうれしいですよね。

d0080998_20432214.jpg


かますの柚庵焼です。柿の葉につつんで焼いたこおばしさ!
。。。でこの「カマス」・・・3日間続けて出てきました^^ どのお宿も季節のおさかなというとこれになるのですね。もっとも味わいはそれぞれ全く違いましたよ。


d0080998_20442680.jpg

d0080998_20450369.jpg

炊き合わせは冬瓜のスープ炊きです。
いいだしを含んで冬瓜に味わいをだしています。

d0080998_20450394.jpg

強肴は、落ちアユの若狭揚げです。へえ~、こんな風に出すんだ!と。骨も揚げていて本当においしいんですよ。しし唐もアクセントです。そして止め肴の、さっぱりとした金時草との岩茸のおひたしを添えて。

d0080998_20450322.jpg
d0080998_20450305.jpg
d0080998_20450400.jpg


最後の食事はキノコご飯です。
お味噌汁に香の物をそえて。めずらしいキノコでうまみがとても強かったです。

d0080998_20452374.jpg
d0080998_20452344.jpg


デザートは2種類出てきました。
水菓子のフルーツ&シャーベットと甘味はなんと丸十=サツマイモなんですよ。大学芋風ですね。


d0080998_20454043.jpg


翌朝の朝食です。
冷豆腐やマスの焼き魚などおいしかったです。
ゴーヤをつかった煮物はまだ苦味が聞いていて私はちょっと好みではなかったかな。

最後のコーヒーまでおいしくいただけました。


d0080998_20461516.jpg
d0080998_20461583.jpg
d0080998_20461528.jpg
d0080998_20461598.jpg
d0080998_20461562.jpg
d0080998_20463958.jpg

さすが食事のすばらしい石葉、じっくりと堪能させていただきました。

ざっと紹介させていただきました。
また行きたい宿です。


More
[PR]

by totoro6008 | 2014-11-27 21:00 | 石葉  

石葉(3) - お風呂編

奥湯河原温泉「石葉」の紹介、次はパブリックのお風呂です。

温泉は自家源泉だそうで、無色無味の透明なやわらかいお湯です。お風呂は2か所あり、どちらも内湯と露天風呂からなり、男女交代になります。

お風呂は上の方にあり、母屋を出て階段を上がっていきます。


d0080998_23060723.jpg
d0080998_23040289.jpg
d0080998_23041175.jpg


まずは最初に女性用となったお風呂のほうです。
ガラス戸で張り巡らされた内湯は明るくてびっくりしました。台形の湯船がはいりやすいです。
おしゃれな椅子があり、お風呂、外、露天とすべて眺められます。

d0080998_20294334.jpg
d0080998_23044790.jpg
d0080998_23051050.jpg
d0080998_20340569.jpg
d0080998_20311698.jpg
d0080998_23055139.jpg


露天風呂は岩風呂になっています。
風情あるつくりです。


d0080998_20312164.jpg
d0080998_20334921.jpg
d0080998_20335354.jpg


翌朝利用したもう一つのお風呂です。
こちらが、HPなどでよく紹介されている眺望がすばらしいお風呂ですね。脱衣所の明るさ、この椅子も象徴的です。よく見るとこの椅子は以前のとちょっと違いますよ。

お風呂としてはこちらのほうが好みでしたね。


d0080998_23063285.jpg
d0080998_23065351.jpg
d0080998_23065830.jpg
d0080998_23070512.jpg
d0080998_23070929.jpg


内湯は独特の扇型です。ここから外を眺めてもいい気持ちですよ。


d0080998_23072460.jpg
d0080998_23074466.jpg
d0080998_23074426.jpg


外に出て露天風呂・・・少しばかり階段があります。
小ぢんまりした四角い露天ですが、この木漏れ日からの木々がまぶしい。みかんまでありますよ。



d0080998_23081037.jpg
d0080998_23081095.jpg
d0080998_23081105.jpg
d0080998_23081178.jpg
d0080998_23082314.jpg
d0080998_23082498.jpg
d0080998_23081128.jpg


以上お風呂の紹介でした。
次はお楽しみの食事です。



More
[PR]

by totoro6008 | 2014-11-24 21:00 | 石葉  

石葉(2) - 客室編

奥湯河原温泉「石葉」の宿泊、次はお部屋の紹介です。

今回宿泊したのは離れの「草楽庵」です。
前回書きましたが、「連山」で予約をいれていましたが変更していただいたものです。差額も払って、別にUGではありませんよ^^

d0080998_22372805.jpg
d0080998_22372867.jpg

実はこの部屋を見せていただいたときに、え?こんなに暗いの?とちょっと心配になりました。スペースはゆったりなんですが、母屋から階段を降りた下の方にあるので、かなり部屋が暗い印象だったのです。迷いましたが、しつらえやゆとりのスペース、別室のベッドでゆっくり休めることから決定しました。ところが滞在しているうちにどんどん好印象になり、結果として正解でした。

d0080998_23055916.jpg

離れの玄関です。数寄屋造りの一戸建て玄関という感じですね。
玄関には男女別の下駄草履が備えられ、滞在中はこちらでお風呂に行ったりします。


d0080998_22363324.jpg
d0080998_22363382.jpg
d0080998_22334914.jpg

主室の8畳と縁側です。8畳の窓が小さく暗い印象だったんですね。縁側の4畳がユニークなつくりで、足元までガラス張りの窓と角に書斎スペースがあります。掘りごたつ式なので足は楽です。軒によしずで晩夏の風情でした。縁側の木漏れ日はとてもきれいで、翌朝の印象がとてもあがりました。

d0080998_22334807.jpg
d0080998_22334819.jpg
d0080998_22334986.jpg


ベッドルームはツインで、こちらも朝の木漏れ日がとてもきれいでした。柱の木にびっくり!でもこの木の使い方がナチュラルで、ほっとします。
窓の障子の後ろ側に遮光カーテンがあるのですが、開けた時は袋戸に隠せるようになっており、和の風情を壊さないしつらいが素晴らしいです。


d0080998_22334859.jpg
d0080998_22343366.jpg
d0080998_22371240.jpg


お風呂は源泉かけ流しの贅沢なもの。内風呂なんですが、こちらも木漏れ日がはいるととても風情があり、心が和むスペースです。


d0080998_22343219.jpg
d0080998_22372832.jpg
d0080998_22372869.jpg
d0080998_22372824.jpg


洗面スペースです。ベイシンがアシンメトリーで面白い。
アメニティはMarks & Webの自然派のものです。小袋にはいった化粧品もついてきました。
グラスの形やアメニティにさりげないセンスを感じます。


d0080998_22334930.jpg
d0080998_22354502.jpg
d0080998_22354546.jpg
d0080998_22373693.jpg

ミニキッチンの水屋が別室にあります。
食事をここに運び込み、部屋に配膳してくださいます。カップやグラス、冷蔵庫もこちらに集まっています。


d0080998_22351569.jpg
d0080998_22345932.jpg
d0080998_22345996.jpg
d0080998_22350797.jpg


クローゼットとドロワーのスペースがゆったりあり、連泊で滞在にもよいですね。


d0080998_22343302.jpg

朝のお庭です。
本当に感動的でした。初めて見た到着の午後と翌朝で印象が180度変わりました。
チェックアウトしたくなくなりましたよ、ホント。

d0080998_22370658.jpg
d0080998_22370666.jpg

「草楽庵」の紹介でした。
次はお風呂です。

[PR]

by totoro6008 | 2014-11-22 21:00 | 石葉  

石葉(1) - 到着編



さて、あさばを出発、向かいましたのは湯河原温泉「石葉」です。以前より泊まってみたかったものの、機会がなく最近に至っていました。
大好きなあさばと組み合わせて泊まってみようと思い、予約をいれました。

熱海経由で湯河原にはいりました。
湯河原町の通りでお菓子を買ってから行ったので、オレンジラインではない細い道にはいりえらく苦労!奥湯河原は本当に「奥」です^^。

坂をくねって到着したのは本当にひっそりと立った一軒宿でした。
白いのれんの「石葉」という文字が品よく書かれています。


d0080998_22233867.jpg

中はロビーというようなところはなく、玄関先からすぐにお部屋に案内されます。


d0080998_22254992.jpg

玄関前のラウンジは小ぢんまりとした感じです。パブリックスペースは本当に限られた空間ですね。

d0080998_23283108.jpg
d0080998_22260130.jpg


廊下などを伝って中にはいってきます。初めての私たちにとっては最初迷路のような感じでしたね。


d0080998_22255451.jpg
d0080998_22273453.jpg

ちょっと順番が実は違うのですが・・・

宿泊は結果として「草楽庵 離れ」となりました。

離れですので、母屋から外に出て、階段を下りていきます。
d0080998_22280717.jpg
d0080998_22270796.jpg
d0080998_22280348.jpg


さて、草楽庵のお部屋の紹介は次に!

実は、ちょっとわけがあって・・・



More
[PR]

by totoro6008 | 2014-11-19 21:00 | 石葉  

あさば2014-09(5) - ラウンジ編&おまけ

修善寺温泉「あさば」の紹介、今回はラウンジなどの紹介です。

あさばといえばこのラウンジ!毎回楽しみにしています。
今回は9月のまだ晩夏のころ、窓を開けた眺めを楽しめて、すばらしいひと時を過ごせました。ただ、夕暮れは食事の時間になってしまい、明るい時間の利用となってしまいました。夕暮れは初めてのあさばがベストでしたね~。それでもすばらしい。

ピッコロシャンパンとの組み合わせは、私たちのお約束です♪


d0080998_00302472.jpg
d0080998_00293130.jpg
d0080998_00294230.jpg
d0080998_00311312.jpg
d0080998_00312339.jpg


ラウンジの中のコンプリメンタリーの飲み物、お水、オレンジとリンゴのジュース、コーヒー、紅茶とセットされています。セルフスタイルは気楽に利用できていいですよね。でも、カップもあっためているのがあさば流のもてなしですね。若女将になってからのしつらえと記憶します。若い感覚なのかな、何でもスタッフがサーブするより・・・。そのうち、部屋にコーヒーマシンも入る時代が来るのかなあ。


d0080998_00293558.jpg
d0080998_00295634.jpg
d0080998_00300341.jpg
d0080998_00300378.jpg


ラウンジのドリンクをもって、天気のよい能舞台の前にも行ってみました。これもいいですね。至福の空間です。


d0080998_00303531.jpg
d0080998_00305309.jpg


ラウンジの横に食事室にもなる小さなお部屋があり、こちらもラウンジになっています。PCが置かれていたりして、気軽に利用できます。池にせり出しているので、またここの空間も違った楽しみになります。



d0080998_00292610.jpg
d0080998_00291957.jpg


我が家恒例、池の鯉たちへのえさやり!・・・っていうか、うちの旦那が好きなだけです^^(笑)。どこ行っても鴨やら魚やらにやってますね、ホント。庭側のロビーに、エサ用の麩が置かれています。


d0080998_00305778.jpg
d0080998_00310136.jpg


以上、あさばの紹介でした。

今回はベテランのスタッフの方に担当いただき、とても配慮いただきました。

実は帰り際、ガラスをがちゃ~んと落としてしまい、洗面エリアに破片がちりぢり!ごめんなさいm(‗)m。でも、宿もスタッフも慌てることなく、私たちにけががないか、破片を残さないようきれいに掃除してくださり、本当に恐縮しました。気持ちよく対応してくれるそのホスピタリティはさすがでした。

空間、お部屋、お風呂、もてなし・・・すべてに素晴らしいお宿。チェックアウト時に他の部屋を案内してもらい、主人はお気に入りの部屋を見つけてご満悦。今度ここだ!って。

でも行けるときに空きがあるのかしら???次はいついけるかな~^^、という気持ちであとにしました♪

おまけで散策編も。


More
[PR]

by totoro6008 | 2014-11-18 21:00 | あさば  

あさば2014-09(4) - お食事編

修善寺温泉「あさば」の紹介、次はお楽しみのお食事です。

9月の、晩夏から秋に向かうメニューです。
マツタケが登場しますよ。

d0080998_22475753.jpg


先付は銀杏と小柱・・・これがうまいんですわ^^あつあつで出してくるんですから、本当にすごい。


d0080998_22480774.jpg


長月盛り合わせは二人分をこのお皿に乗せてきました。

いくら、サトイモ、栗、イノシシベーコンなど・・・シンプルですが、いつもながらあさばの素材の自信作ですね。


d0080998_22482992.jpg


お酒の種類は忘れました^^おちょこが選べます。氷でしっかり冷酒を守って。


d0080998_22482977.jpg
d0080998_22482934.jpg



鱧とマツタケの吸い鍋です。
いや~おいしい&薫り高い。ハモもやわらかく・・・鍋のだしを根こそぎよそってるのは誰ですか~?(笑)


d0080998_22482999.jpg
d0080998_22483023.jpg
d0080998_22483008.jpg
d0080998_22503580.jpg


おつくりは、本海老、めいち鯛、赤いかです。
少量ずつおいしくいただきました。

驚きは、ほとんど白い組み合わせなんですよ。ちょっとエビの赤味はありますが・・・美的には色のしっかりしたマグロや焼き目のあるものをいれるなど、色に変化を持たせたくなりますよね。あさばは頑固に、食べさせたいものにこだわるのでしょうね。もろみ醤油、わさび、妻が上品に色のアクセントとなっています。

d0080998_22504768.jpg
d0080998_22504776.jpg


かますの炭火焼きです。いったん焼いてきて、ここではアツアツをいただくための最後の仕上げだけです。


d0080998_22505551.jpg
d0080998_22505581.jpg


しろだつ菊花胡麻あえです。
上品・・・口の中でとろける甘さ!


d0080998_22510830.jpg


舌平目のおかき揚げ、菊菜餡

さくっとあげた素材、菊菜を細かく切ったあんにつけていただくって初めての食感でした。


d0080998_22510897.jpg


石川芋 四角豆 地鶏炊き合わせ

これは通常の料理じゃなくて、実はアナゴの黒米寿司の差し替えだったんですね。
一度あなご寿司をお断りしたことがあり、そうしたら、嫌いなのと勘違いされちゃったんです。でも続いたから他のものにしてほしかっただけなので、ちょっと残念^^。

d0080998_22510803.jpg


折戸茄子 田楽

みそのうまみでそのまんま!初めての真ん丸茄子でしたよ。


d0080998_22512797.jpg


そして、食事です!・・・そう松茸ごはんです。
余計なものは入っていませんよ。松茸たっぷり香りを楽しんで、秋です♪
胡麻味噌汁は初めての体験でした。こちらの名物だそうです。

d0080998_22514361.jpg
d0080998_22514379.jpg
d0080998_22514305.jpg

デザートは、定番のブラマンジェとアイスクリームをいただきました。アイスはショウガと茄子だったかな。なすはびっくりです!本当に茄子の香りなんですね。


d0080998_22514342.jpg
d0080998_00101177.jpg
ふぅ~。食べました。
夕飯満足です♪

さて、翌朝の朝食です。
定番なのでさらっと。

d0080998_22522198.jpg

しいたけの網焼き、あつあつのだし巻き卵など、おいしく朝から食べました♪

d0080998_22522017.jpg
d0080998_22522156.jpg
d0080998_22523180.jpg
d0080998_22523056.jpg
d0080998_22523106.jpg
d0080998_22523156.jpg
d0080998_22523100.jpg
以上食事の紹介でした。
次はその他もろもろ・・・もちろん、あのサロンも!

実は・・・


More
[PR]

by totoro6008 | 2014-11-16 21:00 | あさば  

あさば2014-09(3) - お風呂編

修善寺温泉「あさば」の紹介、次はパブリックのお風呂です。

以前にも紹介しており、変更はないようなので、さらっと。

大浴場は景色がないのに、なぜか世界に引き込まれる雰囲気です。部屋のお風呂を利用する人が多いのか、大浴場でそれほど人とあいません。

d0080998_21372532.jpg
d0080998_21373060.jpg
d0080998_21373763.jpg
d0080998_21374597.jpg
d0080998_21375281.jpg
d0080998_21375965.jpg


大浴場前のドリンクは冷たい水と常温は以前より同じです。こういう心配りは尋常じゃないと思いますね。


d0080998_21370420.jpg
d0080998_21370611.jpg


そして、こちらの貸切風呂があることも、大浴場に人が少ない原因でしょうか。空いていればいつでも使えるので便利です。1度片方だけ利用しました。貸切なのに、脱衣所も圧迫感なく、ふかふかのタオルがたっぷりで、洗い場でもゆったり洗えます。部屋のお風呂はやはり湯船や洗い場が狭いので、大浴場や貸切にに来るとほっとします。

お風呂なしの部屋に泊まっても、これらがあるので、コスパ重視なら全く問題ないと思いますね。

d0080998_21344389.jpg
d0080998_21344795.jpg


そして、一番の魅力といってもいい・・・野天風呂です。

竹林、もみじ、桜、能舞台・・・と季節や角度でさまざまな眺めが楽しめます。お湯加減もよく、天気がよいとさらに長湯したくなります。私はだいたい翌朝の最後の時間を利用させていただくことが多く・・・混浴タイムなんですが、ほとんど人が来ないのです。いや、逢ったことがない^^。


d0080998_21424891.jpg
d0080998_21424803.jpg
d0080998_21415422.jpg
d0080998_21411175.jpg
d0080998_21411807.jpg
d0080998_21412937.jpg
d0080998_21414412.jpg
d0080998_21404227.jpg


お風呂の紹介でした。

次はお楽しみの食事です。


[PR]

by totoro6008 | 2014-11-15 21:00 | あさば  

あさば2014-09(2) - お部屋編

修善寺温泉@あさば」の紹介、次はお部屋です。

今回は、清水の舞台をを飛び下りる気持ちで・・・「松風」の間に泊まりました。う~@\@...$$$!

d0080998_20415044.jpg


泊まるとなれば、腹をくくってもちろん楽しまねば、はい!
2Fのこのお部屋、踏み込みも広い2畳の畳です。左右に廊下もあるので、4~5畳分はあるでしょう。

d0080998_20390615.jpg
d0080998_20391377.jpg


扉を開けると、8畳+8畳の二間の和室です。
簾戸(すだれ障子)が夏の名残ですね。
和室にテーブルとイス、違和感を感じられるかもしれません。あさばではリクエストすれば、座卓・座椅子を、テーブル&椅子に変えてくれます。食事の時の足がつらいので、観念して、最初からいれてもらっちゃいました^^。和室にあう、しっとりとしたデザインです。


d0080998_20401589.jpg
d0080998_20401687.jpg
d0080998_20401601.jpg
d0080998_20401654.jpg

到着時のお茶とお菓子をいただきました。

d0080998_20441143.jpg

和室の縁側は二間窓なのでとても長いです。

d0080998_20401602.jpg
d0080998_21141342.jpg


そして、こちらからの眺めは・・・まさに能舞台の正面!すばらしいです。


d0080998_20402496.jpg
d0080998_20435964.jpg
d0080998_20435956.jpg


浴衣&パジャマはどの部屋でも同じようにしつらえらています。浴衣の柄、質感と帯がとても好きです。


d0080998_20425668.jpg
d0080998_20425655.jpg


お部屋にお布団を引いていただくとこんな感じです。マットレス、シーツ、お布団、枕ともにすばらしいものです。夕方にマッサージを頼みましたので、早い時間に引いていただいています。


d0080998_20430346.jpg


廊下に戻って左手にこの扉です。水回りがこの奥にあります。
扉の左手に冷蔵庫と水屋があります。


d0080998_20423324.jpg
d0080998_20423740.jpg

水回りは、あさばのセンス光るベイシンエリアと、温泉がでる檜のお風呂です。タオルの質感といい、アロマテラピーのアメニティといい、センスは抜群です。そして、お風呂からもの舞台が眺められる贅沢さです。

d0080998_20424990.jpg
d0080998_20424909.jpg
d0080998_21201094.jpg
d0080998_20424956.jpg
d0080998_20424973.jpg

以上、お部屋の紹介でした。

次は、何度も紹介していますが、パブリックのお風呂もざっとまたご覧あれ。


[PR]

by totoro6008 | 2014-11-13 21:00 | あさば  

あさば2014-09(1) - 到着編

さてさて、次は楽しみにしていた訪問・・・それは修善寺温泉「あさば」でした。

ちょうど特別のタイミングを狙っていました。それは、平日泊をしたかったからです。セコイを言われるかもしれませんが、休前日は今や5000円アップがデフォルトになってしまいました。「あさば」としては太鼓の催しをつけて週末はもてなす形となっているのです。ただ、太鼓がお好みの方はいいのですが、私たちは静かに自分ペースで泊まりたいなと思い平日を希望しました。ただ、仕事もあるのでそうそう平日宿泊はできないため、飛び石連休を使って予約を取ったのでした。

伊豆高原から車で移動、修善寺に到着です。
時間をある程度調整してきたので、すぐにあさばに向かいました。
のれんの柄は四季で変わるそうですが、この月の柄は秋ののれんですね。

d0080998_19510418.jpg
d0080998_19510958.jpg

玄関は相変わらず凛として、あさばの空気が漂います。
あら?いきなり畳ですよ。そう、スリッパがなくなりました。そのまま素足でお部屋まで案内されます。

d0080998_19512129.jpg
d0080998_19494043.jpg

エントランスまわりのパブリックスペースは相変わらず素晴らしいです。能舞台に面して、畳の床のすがすがしさと相まって、あさばの良さを感じます。初めて来たときは、この雰囲気と能舞台の荘厳さに呑まれてしまいましたが、今やこれが楽しみで心地よさになっています。


d0080998_19501944.jpg
d0080998_19502560.jpg
d0080998_20314801.jpg
d0080998_20321380.jpg


廊下はすべて畳になっています。階段をあがって、2Fのお部屋に案内されます。
今回初めてのお部屋です。

d0080998_20174194.jpg
d0080998_20173740.jpg

さて、お部屋の紹介は次回に!


[PR]

by totoro6008 | 2014-11-11 21:00 | あさば