<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

ハイアットリージェンシー東京(3) - クラブラウンジ&朝食編

「ハイアットリージェンシー東京」の紹介、クラブラウンジと朝食編です。


クラブラウンジは9Fにあります。チェックインはこちらのカウンターです。

d0080998_22581370.jpg
ラウンジはカウンターエリアに向かって左手、ドアは客室用のカードキーを使って入室します。

入ってすぐのエリアです。新聞や雑誌のコーナーがあり、椅子とテーブルスタイルのスペースがまず手前にあります。朝食などに向いているエリアですね。

d0080998_22580792.jpg
d0080998_22540540.jpg
d0080998_22542144.jpg

次がミール&ドリングのエリアです。終日ソフトドリンクと簡単なクッキーやキャンディーなどは置かれています。コーヒーメーカーはデフォルトですが、紅茶の種類や中国茶、日本茶などいろいろあって、目にも楽しくディスプレイされています。

d0080998_22543254.jpg
d0080998_22544652.jpg
d0080998_22550636.jpg


その奥はソファースペースです。ここが人気で、いつも最初に陣取る人がはいりますね。
d0080998_22543934.jpg


その奥はソファとテーブルがありますが、打ち合わせに使っている方が多いようです。写真がちゃんととれなかったのは、いつも誰か打ち合わせしていたからです。

その間にスモーキーングの部屋も一つありました(写真はとらず)。昨今肩身が狭くて、タバコが吸えるところが少なくなっているので、喫煙者の方には便利ですね。

夕方にカクテルアワーにちらっと寄りました。18時スタートで、15分ほどいただけです。約束があったので、一回取りに行ってつまんで、泡を飲んでさっと出ちゃいました。時間がなく、あまりじっくり見ませんでしたが、以前よりラインナップが軽くなったような気がします。お味もまあこんなもんかなあと。。。以前よかったと感じた時は、思い出せばセンチェリーハイアット時代ですね。リージェンシーになって、クオリティ少し下がったのかな。

カクテルアワー開始時にミールが並べられた瞬間、ピラニアのごとくだーっととっていく人がいて、思わず笑っちゃいました。SPGやHYATTなどは会員様が多いのかな(笑)

d0080998_22570546.jpg
d0080998_22555605.jpg
d0080998_22555060.jpg

朝食もこちらで、利用しました。外国人の方が多かったですね。

パンや野菜、フルーツがかなりコンパクトで種類が少ないかな。本当に軽くいただく「コンチネンタルブレックファースト」に近いイメージでした。朝食も以前はもっといろいろあったような記憶なんですが・・・正確に思い出せず^^以前利用した時から、いろいろなラウンジを利用するようになって、贅沢になったのかしら?!

d0080998_22572060.jpg
d0080998_22572829.jpg
d0080998_22573613.jpg
d0080998_23171342.jpg

とまあ、以上がラウンジの紹介でした。

正直、以前の感想から随分かわりました。
ラウンジ自体あまりかわってないのかもしれませんが、実は他のホテルで新しい充実したラウンジを利用していると、せっかくHRの広いラウンジでもあまり感動しなくなったのでしょうか。スペースは悪くないんですが、充実のミールやドリンク、と思うと優れたところが増えたのでしょうね。

サービススタッフのクオリティが下がっていないのが救いです。

HR東京の紹介でした。

おまけ。



More
[PR]

by totoro6008 | 2014-02-21 23:23 | ハイアットリージェンシー東京  

ハイアットリージェンシー東京(2) - 客室編

「ハイアットリージェンシー東京」の紹介、客室編です。

アサインされたお部屋は8Fの820号室、ラウンジより1つ下のフロアです。通常は高層階がよい部屋としてラウンジもクラブフロアも上層階にあることが多いのですが、こちらは7~9Fになっています。なぜだろう?と思って眺めを見ると理解できるのがこの眺め。そうなんです、新宿公園がよく見える方が高層より豊かな眺めを楽しめるんですね。

d0080998_21361945.jpg
d0080998_21363782.jpg


お部屋の位置です。エレベータホールからもそれほど遠くなく、眺めもよく便利な位置でした。
d0080998_21344941.jpg


エレベータホール左に、広い吹き抜け前を通ります。
d0080998_21015659.jpg
d0080998_21333798.jpg


お部屋はクラブキングというカテゴリー、35平米です。最近のラグジュアリホテルよりは狭いですよね。古いセンチェリーハイアットを改装しているので部屋の広さは何ともしがたいのでしょう。

はいったとたん、「あ、ハイアットだ!」と感じました。なぜでしょう?でもこのデザインのセンス、まさにハイアットです(笑)。すっきりとしたデザインに、ベッド上のナチュラルな木のデザインとテーブルのカーブが、シンプルモダンの中に、センス良く温かみを与えている感じです。

d0080998_21351361.jpg


ベッドは180cm幅のキングサイズ。デュベタイプであえてデザインのない真っ白さが、部屋の狭さを補っていますね。

d0080998_21354555.jpg

テーブルのラウンドがいいですね。赤いチェアもいいアクセントに。

d0080998_21355417.jpg

窓側のチェアとオットマンはモダンなデザインですが、この椅子・・・ちょっと落ち着かないかな。肘掛があるほうがやっぱりくつろぎにはいいかも。ただ、この部屋のすっきりさを演出するのには、赤い椅子も窓側のチェアも肘かけがないことがけっこうポイントだと思いますね。
d0080998_21361115.jpg

ベッドルームにはいる通路の右側がこちらのクローゼットとミニバーです。え、どこに?

d0080998_21373126.jpg

写真奥の取っ手内がこちらのクローゼットです。ハンガーが立派でとても使いやすいものでした。パジャマもあります。扉がもう一つあって、そちらにはバスローブもはいっていました。
d0080998_21372547.jpg

じゃあ、ミニバーってどこ?なんと、手前の角の部分をあけると、ほら、こちら!
最初びっくりしました。...と同時に、狭いながらすっきり収めるデザインがとても工夫されているのに感心しました。グラスやポット、冷蔵庫も皆おさまっていますよね。使い勝手も悪くないです。
d0080998_21373845.jpg
d0080998_21374606.jpg
d0080998_21375175.jpg

ドアをはいってすぐ右側にバスルームがあります。個室のトイレ、ベイシンエリア、バスタブに洗い場のシャワースペースと、コンパクトに、でも機能的に使いやすい作りを上手に造り上げています。トイレの扉は中が見えないすりガラスなので落ち着いて使えます。これ重要です。でも完全な光の通らない扉するとけっこう圧迫感があるので、これも狭く感じさせない工夫だと思います。

d0080998_21385612.jpg
d0080998_21390843.jpg
d0080998_21391548.jpg

d0080998_21380176.jpg
d0080998_21381049.jpg
d0080998_21381752.jpg

お風呂とベッドルームは、最近のホテルに多いガラス張りです。一人で泊まったら、これはとても明るくて便利だし、二人ならブラインドを下ろして使うことになると思います。圧迫感のない部屋を作り出す工夫をとても感じます。
d0080998_21390298.jpg
d0080998_21365944.jpg

全体にとても気に入りました。
使い勝手、デザイン、狭さを感じさせない工夫など、いいですね!
欲を言えば、窓側のくつろぐソファが肘付の座りやすいものであれば、◎なんですけどね^^

では次は、クラブラウンジの紹介です。

[PR]

by totoro6008 | 2014-02-18 21:00 | ハイアットリージェンシー東京  

ハイアットリージェンシー東京(1) - 到着編

今回の紹介は「ハイアットリージェンシー東京」です。久々の宿泊で、前回はどんなだったかな~?とかすかな記憶をたどると・・・2006年のセンチェリーハイアット時代以来でした(前回の宿泊記はこちら)。レストランだけは何度か利用していますが、宿泊は本当にひさびさです。

やはり泊まるなら、あの時に気にいったリージェンシークラブの再訪を!・・・と思い、予約をいれました。

ホテルのエントランスエリアは、吹き抜けの独特な雰囲気です。
写真は夜にとったので人がいませんが、昼間はけっこう人があふれています。シャンデリアの豪華さがちょっと一昔前っぽいかな^^。
d0080998_21000281.jpg
d0080998_21000816.jpg
d0080998_20595611.jpg
d0080998_20593892.jpg

チェックインは9Fで、ラウンジフロアにあがります。
d0080998_21005830.jpg

ラウンジのエントランスです。入口の雰囲気・・・このドキドキ感がいいんですよね。
d0080998_21282755.jpg

次は、客室の紹介を先にしましょう。

[PR]

by totoro6008 | 2014-02-16 21:00 | ハイアットリージェンシー東京  

奥日光湯元温泉 ゆの森14-02(3) - お食事編

奥日光温泉「ゆの森」、お食事の紹介です。

夕食は18時からスタートです。食事処「森の蔵」でいただきます。

d0080998_21465344.jpg

最初にこちらの前菜がセッティングされています。これで全部かと思いきや。。。
d0080998_21464030.jpg

なんと、アツアツの焼きごま豆腐出てきました!
そうなんです。こちらは熱いものは熱く、冷たいものは冷たく・・・を徹底してその場で出してくださったのです。

d0080998_21480142.jpg

寒い雪の中、岩魚の燗酒をいただきました。

d0080998_21481113.jpg
椀のものは、ぶりの粕汁です。あったまる~。
d0080998_21481664.jpg

おつくりは、ふぐとシマアジです。煮こごりがいい旨みです。ふぐは養殖で造っているところとタイアップしているので、ふぐ料理もだせます。

d0080998_21483590.jpg
煮物は、京芋の蟹あんかけです。やさしいお味ですね。

d0080998_21484488.jpg

台のものは、選べます。牛しゃぶしゃぶ、軍鶏のみぞれ鍋、すっぽん鍋です。うちは牛しゃぶしゃぶにしました。特製ポン酢とごまだれでいただきます。

d0080998_21485370.jpg
食事とともに酢のものも出されます。干し柿のなますでした。

d0080998_21485840.jpg

デザートはとちおとめの苺と葛切りです。

d0080998_21490392.jpg
夕食は一品ずつが小さめで多すぎず、でもきちっとつくられていてるので、いい満足感で終わることができました。たくさん食べる方は少々物足りないかも。追加メニューは結構いろいろあるので、調整したらよいかと思います。


翌朝、朝食は和食と洋食が選べます。

私は洋食を選びました。
最初にサラダやヨーグルト、ジュースなどが並びます。
d0080998_21492875.jpg

このあと、順次トーストや、オムレツなど暖かいものが出されてきました。コーヒーも席に着いてからです。

そうなんです。朝食でも、出しっぱなしはほとんどなく、席に着いた順番に様子を見て出してくださるんですね。アツアツです。この心意気がとてもうれしいです。

d0080998_21494598.jpg

ちなみに、主人の和食はこんな感じです。焼き魚、卵出汁巻きは、席に着いてから焼き始め、後から出てきました。卵は温泉卵との選択です。
d0080998_21495367.jpg
前回朝食はこんなお皿が壮観にずらっと並べられいたのですが、今回は色も形も違う器に一つずつ盛られてきました。こちらのほうが断然品格も見た目もパワーアップです。量は少し抑えたと思います。

d0080998_22323842.jpg

食事のおいしい宿はうれしいです。懐石のすごいものは出されていませんが、きちっと手作りで心のこもったものが出されるのがうれしいですね。食事時間があまり選べないのはちょっと玉に疵ですが、まあそこはコスパとの兼ね合いでしょうね。

食後に暖炉・・・
d0080998_22364966.jpg

朝食後には、コーヒーを。
d0080998_22372071.jpg

ほっこりくつろぐお宿でした。
今度は外が寒くない、いい季節に行ってみたいものです♪

おまけ。



More
[PR]

by totoro6008 | 2014-02-15 21:00 | 奥日光湯元温泉 ゆの森  

奥日光湯元温泉 ゆの森14-02(2) - 客室&お風呂編

奥日光湯元温泉「ゆの森」の紹介、客室とお風呂です。

客室は1Fの102号室「りんどう」、ローベッドのはいった和モダンのお部屋です。以下のレイアウトで部屋の位置がおわかりいただけると思います。ちなみに以前利用したのは、107号室と105号室。2Fのお部屋は未体験なんですよね。
d0080998_20364447.jpg
d0080998_20312439.jpg
d0080998_20342314.jpg


入口をはいるとまず右手にクローゼットとミニバー、トイレがあります。ミニバーは飲み物やお茶受けが充実、コーヒーカップにお茶椀、お皿、ガラスのコップが2種類あり、種類があって便利です。

d0080998_20335010.jpg
d0080998_20335850.jpg
d0080998_20340921.jpg

トイレは広くて、バリアフリー仕様の広さがあります。バーがないぐらいかな。レイアウト上これだけとることになっちゃったんでしょうね。無駄に広いともいえたりして^^
d0080998_20342903.jpg


さらに進むとこちらのローベッドです。ベッドボードは照明が中にあって、間接照明できれいです。ベッドの棚にあるのは加湿器。こちらも冬には重宝します。
d0080998_20314838.jpg
d0080998_20330053.jpg

ベッドの奥には、畳が埋め込まれています。ロークッションとテーブルのリビングスペースですね。ここがやはりソファーのほうが使いやすいかな。床でごろごろする人は便利です。冬はこの畳がやや冷たくて、床暖房があったらいいなあと思いました。畳の右側はロールカーテンがあって、洗面スペースと区切られるようになっています。
d0080998_20314495.jpg


で、こちらが洗面スペース。前回紹介した105号室のものとほぼ同じですね。アメニティは充実しています。

d0080998_20334403.jpg

部屋付きの露天風呂はこちらです。楕円形の陶器のお風呂です(105号室は檜の四角い湯船、107号室は円形の陶器でした)。ちょろちょろと源泉が流れ出ているのですが、源泉が高温なためかなり熱い目です。お水をいれて自分で調節することになります。椅子はお湯からあがってくつろぐのに便利なんですが、寒いこの季節はちょっと座っているのがつらいかな?
d0080998_20331573.jpg
d0080998_20332386.jpg

シャワーブースが洗面後ろ、露天横にあるのですが、これが今回はお湯がちゃんと出なくて利用できませんでした。


大浴場は前回とおなじですので、サクッと写真で。
アメニティ充実、冷水も備えられています。朝日の時間はとても気持ちよくはいれて、温度もわりに良かったですよ。

透明なお湯は、水を混ぜると少し白濁と緑の中間のような色になり、温まるお湯です。

d0080998_20371612.jpg
d0080998_20371117.jpg
d0080998_20372635.jpg
d0080998_20372294.jpg
d0080998_20374267.jpg
さて、次はお食事の紹介にはいります。


[PR]

by totoro6008 | 2014-02-14 21:00 | 奥日光湯元温泉 ゆの森  

奥日光湯元温泉 ゆの森14-02(1) - 到着&エントランス編

雪のすごい中、奥日光湯元温泉まで行った週末です。昨年お気に入りになった「ゆの森」に泊まりました。全室露天風呂付きのお宿です。

昨年のお泊まりはこちら

通常ならお出かけなんて御法度な首都圏の雪の予報です。この宿を予約をしてあったのでとにかく行こうということになり、早めの出発としました。「お出かけを控えましょう」って報道が多かったので、道路は空きすきで出だしは順調でした。ところが、なんと日光宇都宮道路が雪で通行止めになり、大沢ICでおろされちゃいました。ここからが渋滞・・・雪も本格的な降りになってきましたねぇ。

d0080998_22251454.jpg
d0080998_22253158.jpg
いろは坂も無事に超えて、昼食はいつもの中禅寺湖ほとりの「シェ・ホシノ」で軽いランチのコースです。誰も来なくて、私たち二人だけになっちゃいました^^。

d0080998_23102254.jpg

d0080998_22262835.jpg
d0080998_22274275.jpg
d0080998_23103505.jpg

とにかく、到着してしまおう・・・と、その後はすぐに宿に向かいました。2時のチェックイン少し過ぎでしたが、ほぼ同時に4組はいりました。泊まって部屋の露天風呂でゆったりするスタイルの宿なので、早くに着く方がおおいんでしょうね。

d0080998_22280130.jpg
d0080998_22292397.jpg
d0080998_22295870.jpg
翌朝にとった宿の外観です。そういえば去年も雪の中だったなあ。

d0080998_22324506.jpg
d0080998_22325766.jpg

到着はロビーで、定番のコーヒーとプチチョコケーキです。
d0080998_22303053.jpg

このロビーのソファ、椅子、暖炉がいい雰囲気なんです。朝はコーヒーもいただけるスペースです。
d0080998_22304862.jpg
d0080998_22323336.jpg
d0080998_22310899.jpg

というわけで、このあとお部屋に案内されました。
次回はお部屋編です。

[PR]

by totoro6008 | 2014-02-12 21:00 | 奥日光湯元温泉 ゆの森  

イビススタイルズ京都ステーション - リニューアルなビジホ♪

みなさま、こんにちは。風邪をひいてしまい、なかなかブログアップの根性がなく・・・今日まできてしまいました。

今回はめずらしく、出張で利用したビジネスホテルの紹介をします。
「ホテルイビススタイルズ 京都ステーション」です。
聞いたことない方、多いでしょう。2013年10月31日オープンのリニューアルホテルだからです。フランス系のアコーホテルズグループのデザインホテルです。

いろいろネットでお勧めを聞いたあげくにこちらになってしまったのは、駅前の便利さとコスパでした。同行者と同じホテルということもあり・・・。

京都駅の新幹線側(八条口)真ん前という絶好のロケーション、新しいホテルなので清潔さは文句なしです。

昼間に京都駅に到着し、荷物だけまず預けにホテルに寄りました。
他のほてるでは新都ホテルが一番近いでしょうか。とにかく新幹線口を出て、階段を下り、横断歩道を渡るとすぐ前です。ビルの横手からはいるので、「あれ、ここで大丈夫なのかな?」といったひっそり感があります。

d0080998_21103385.jpg
d0080998_21104026.jpg


3Fにあがると、フロントがあります。ビジホとしては珍しく、横にはソファースペースがあり、くつろいでいる方がいました。フロント横にはPCもありました。

d0080998_21121243.jpg
d0080998_21105864.jpg
お部屋は最上階10F、1010号室です。

d0080998_21105023.jpg

シングルで予約しましたが、ツインへのUGです。・・・といっても、基本的にビジホなのでかな~り狭いです^^。110cm幅のベッドが2台で部屋がいっぱい♪

部屋をはいってすぐの右側にクローゼットがあり、ハンガーは6本ほどあり便利でした。

デュベスタイルの上掛け布団になっています。部屋着は浴衣ではなく、パジャマスタイルだったのが嬉しいです。
d0080998_20292148.jpg
d0080998_20292678.jpg
d0080998_21262527.jpg


無料のミネラルウォーターが入っていました。これもポイント○。ツインなので2本もあってラッキー♪
d0080998_20301196.jpg

冷蔵庫とミニバーは必要最低限のものがあり、問題ありませんでした。
d0080998_20293229.jpg

テレビは角度が固定しているので、椅子から見るのはちょっとつらい感じですね。TV横にあるスプレーは、におい消しです。これも飲み会のあと助かりました。

d0080998_21173562.jpg

バスルームはごく普通のユニットバスですが、シャワーが大きくてお湯の出がよかったのがうれしいです。水回りの快適さってビジホでは重要ですよね。アメニティもワンランク上で、ポーラのものが備えられていました。歯ブラシやかみそりなどは普通のビジホクラスのものだったように思います。
d0080998_20303416.jpg
d0080998_20303907.jpg
d0080998_20304597.jpg

ほとんど寝るだけだったので、想定範囲内の狭さで気になりませんでした。ベッドはリネンがちょっとクラス感を感じてしまいましたが、マットレス自体は問題なく、ぐっすり眠れました。駅前なのに、全然騒音をかんじなかったのはうれしいですね。これ便利な立地のところだと重要です。

d0080998_20291126.jpg

朝食は時間がないので、前日買ってきたサンドウィッチを部屋でかじっただけにしちゃいました。レストランの朝食ビュッフェが評判らしいので、時間があれば利用してみたかったですね。

というわけで、京都の小さなホテルの紹介でした。

おまけ。


More
[PR]

by totoro6008 | 2014-02-11 21:29 | イビススタイルズ京都  

ストリングス東京IC - 短い滞在に・・・

国内ホテルの紹介に戻りましょう。
11月の利用です。本当に寝るだけに近い滞在でしたが、しばらく紹介していないホテルでしたので、ちょこっと写真アップの紹介をしますね。

クリスマスのデコレーションがすでにあちこちに。
品川駅の港南側を飾ります。
d0080998_00053923.jpg
d0080998_00054814.jpg
d0080998_00070334.jpg

ホテルは、品川駅港南側の玄関口、駅から直結の便利な場所にあります。オープン当初は少しだけ屋根のないところを通ったのですが、今は通路にすべて屋根ができました。


ビルの吹き抜けのロビーが独特の雰囲気です。26Fがエントランスです。
d0080998_00092593.jpg
d0080998_00092931.jpg

宿泊したのは2811号室。IHGのアンバサダー会員のため、ラッキーなことにいつもUGです。これだから会員がやめられません^^
d0080998_00093674.jpg
プレミアダブルです。角部屋式になっていて、ベッドの前がどーんと窓になります。レイアウトはこちらがわかりやすいです。
http://intercontinental-strings.jp/stay/rooms/post_2.html
d0080998_00101936.jpg
d0080998_00272454.jpg
d0080998_00100409.jpg
d0080998_00102504.jpg
入口の前に広いウォークインクローゼットがあります。

d0080998_00101023.jpg
d0080998_00232435.jpg

ウエルカムフルーツとチョコレートなどもうれしいです。
d0080998_00102908.jpg

デスクまわりとミニバーです。
d0080998_00101457.jpg

d0080998_00105933.jpg

水回りも広い作りです。
シャワーがバスタブ横の洗い場式になっています。日本人はこれが結構好きですよね。
d0080998_00120621.jpg
d0080998_00111195.jpg
d0080998_00110416.jpg

トイレは別スペースですが、扉がないのが玉に疵。せっかくお風呂がいいレイアウトなのに、トイレは扉をつけてほしいな~。ちょこっと横に窓があるのが明るさを。柱が邪魔なスペースに造った苦肉の策なんでしょうけど。
d0080998_00113865.jpg
d0080998_00114815.jpg

朝・・・まだ薄暗い時間ですが、すでに解放感ある窓の良さを満喫できる瞬間ですね。
d0080998_00115698.jpg
d0080998_00120123.jpg

最後に、ホテルのレイアウトの写真をアップ!ディレクトリーからです。
d0080998_00280364.jpg
最近どんどんいいホテルもできてきているので、個性を主張しにくくなっていますね。いいホテルなんですが、これが!っていう売りが見出しにくい。レストランは2軒のみ、ラウンジなし、プールなし・・・。ANA、ICが都内に何件もあるとさらにつらい部分もあります。品川駅からの立地に加えて何か魅力をもう少し出してくれるといいですね。


[PR]

by totoro6008 | 2014-02-01 21:00 | ストリングスH東京IC