<   2013年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

お宿 花かんざし(2) - 客室編

福島県岳温泉「お宿 花かんざし」、次は客室の紹介です。

案内されたのは1Fの露天ぶろ付きの客室「片栗」です。
d0080998_2343062.jpg

この部屋、はいるといきなりどーんと壁!...どうも昔の和室ふた部屋を改装でつないだらしく、この壁は改築できなかった模様です。ちょっとびっくりです^^。
d0080998_2343351.jpg

お部屋のカギは2つあり、便利です♪
d0080998_2343980.jpg

まず右側の部屋が座卓と座イスの8畳和室です。床の間あたりのつくりが少し古風で、そのまま雰囲気の残しています。障子の職人技がわかる部分も活かしていますね。テレビの右奥にわかりますか?
d0080998_2345021.jpg

d0080998_2345243.jpg

アメニティはクローゼットの中にセッティングされています。
d0080998_2352198.jpg


縁側が広くて、ここにゆったりしたリクライニングのソファがあります。
d0080998_2345856.jpg

となりの和室に行くには、この縁側からはいって・・・
こちらにも大きなソファです。奥には元茶室のつくりが残され、食器やお茶類をセッティングした水やの役割をしています。写真が見えませんが、手前には冷蔵庫もありますよ。
d0080998_235710.jpg

となりの和室も8畳です。こちらはテーブルとチェアで食事用のダイニングになっています。
d0080998_2351057.jpg

d0080998_2351274.jpg

リビング側の縁側に洗面スペースがあります。
d0080998_2353041.jpg

ダイニング側の前にトイレです。昔のつくりの和室に無理やりトイレをつけ足したようなレイアウトですね。よこの障子の丸窓がいい感じですよ。(トイレが丸見えなのは撮影用にあけただけで普段は閉まってますよ)
d0080998_235395.jpg

洗面前には脱衣場があります。ここから部屋露天に出るのです。
d0080998_2353284.jpg

といっても、縁側のガラス戸も普通にではいりできます・・・はい、どこからでもお風呂にざブーンです♪お風呂をお互いに入っているのが見えるのはちょっと、という方には恥ずかしいかもしれませんね。気にならない方にはとてもゆったりお風呂にはいれます。
d0080998_23242465.jpg

どど~ん!この大きなお風呂!大人4人以上ゆうにはいれる、パブリックバスなみの露天風呂を部屋に着けてしまったのです、このお宿♪環境を考えてか、お風呂はすっぽり屋根に覆われています。ですので、雨でも雪でもOKですよ。この屋根の隙間から上をみると隣の宿の2Fが見えます。これは目隠しの役割もあるのでしょうね。眺めがよくなかった部屋を工夫してこのようなレイアウトにしたものと思われます。
d0080998_2354360.jpg

お風呂からみたお部屋の縁側です。
d0080998_2355620.jpg

朝の雪がしっかり振ったあとのお風呂です。
d0080998_2372599.jpg

露天スペースにシャワーとカランがあります。冬はちょっと寒くて使いづらいですね。私は体を洗うのとシャンプーは大浴場に行きました。
d0080998_23225569.jpg


では次は大浴場と他のパブリックスペースの紹介です♪

もうひとつ

More
[PR]

by totoro6008 | 2013-01-30 23:28 | 花かんざし  

お宿 花かんざし(1) - 到着編

PC無事復活したので、嬉しくなってイントロだけ今日紹介しちゃいます♪1月のお正月明けに行ったのは福島県岳温泉「お宿 花かんざし」です。ネットでふと見つかって、評判のよい露天風呂付のお部屋をぽちっとな、してしまったものです^^。

早めに着いたら、やっぱりまだ空いていませんでした・・・電気もついていなくて誰もいなくて。
d0080998_23173149.jpg

そうしたら搬入の方にあって、「車はここに置いておいていいですよ」といわれ、少し温泉街を散策しました。お正月明けで雪の裏わびしい感じ、人が少ないですね~。昔の温泉街は「ニコニコ共和国」という国にしたてて宣伝してたこともあったのですが、そのあともなく。福島県は原発事故の影響でお客様は激減、その後も完全に回復したところはなかなかないようです。
d0080998_23175489.jpg

d0080998_2318423.jpg

d0080998_23342890.jpg

実はこの宿、以前に泊まった「松渓苑」というところなのですが、原発事故後に廃業となってしまいました。なかなかよい宿だっただけに残念です。
d0080998_2318849.jpg

到着前に車で鏡池に回り、雪の池を眺めてきました。さぶ~!
d0080998_23181980.jpg

d0080998_23224766.jpg


お昼も食べてなかったので、通りにあったおでんやさんによってちょっとかじってきました^^。サブいのに冷ややっことこんにゃくおでんと豆乳で350円也。昭和の香り・・・素朴すぎるほどそっけなかったかも(笑)
d0080998_23244860.jpg


さて、3時近くになり、宿にもどりました。
入口をはいると回りは売店です。
d0080998_23235823.jpg

きれいに飾られたテーブルやいすが配置されているのは、実は外来の喫茶店も兼ねているからだそうです。中庭の雪はしっかりつもって、風情ある眺めになっています。
d0080998_23234531.jpg

d0080998_23234228.jpg

d0080998_23271966.jpg

こちらでお抹茶と水ようかんをいただき、チェックインの手続きをしました。この水ようかん、なんと風船のようなゴムにはいっていて、ぷちってつつくと中からコロンと出てくる面白いものです。
d0080998_23273458.jpg

畳の廊下をあがります。スリッパなしです。
d0080998_232353100.jpg

さて、今日のお部屋に案内されますよ♪

この次はお部屋の紹介です♪

おまけ写真・・・

More
[PR]

by totoro6008 | 2013-01-29 23:38 | 花かんざし  

ネット環境不備で日記書けませ~ん!

皆様、自宅のLAN環境がダウンして、日記がアップできません(>_<)

久々に、温泉&旅館編に戻る予定でしたが、しばしお待ちを♪雪見露天3連発、ウェイティング中です♪
[PR]

by totoro6008 | 2013-01-28 08:51 | その他  

東京ステーションホテル(4)-朝食編

東京ステーションホテルの紹介、お待ちかねの朝食です。

朝食はアトリウムという宿泊者専用の朝食ラウンジが4Fにあります。階段でアプローチできる場所があったので、3Fの廊下を延々歩き(笑)、このアプローチからアトリウムに向かいました。階段エリアもヨーロピアン蔵っ敷くで統一された雰囲気です。
d0080998_1919064.jpg

d0080998_1919341.jpg

d0080998_19185699.jpg

階段をあがると、レセプション、天井が文字通りアトリウムになっており、広々としています。
d0080998_19234013.jpg

d0080998_19212346.jpg

d0080998_19212153.jpg

d0080998_19211942.jpg

なんとそのオープンなエリアは満席、奥の方にある小ぢんまりとしたこのスペースに案内されました。ヨーロッパのプチホテルな雰囲気です。プライベートな雰囲気をお好みの方はここはとてもすてきな空間ですよ。階段で数段のみ上がってこのコーナールームのようなところにはいります。
d0080998_19193663.jpg

d0080998_19194641.jpg

d0080998_19195073.jpg

レストランはビュッフェスタイルで、オムレツなどシェフが作ってくれるコーナーもあります。和洋ラインナップがかなり充実しており、温かい料理がかなりあったので嬉しかったです。野菜もなかなか新鮮です。和食もありましたが、ほとんど手をつけず・・・
d0080998_19233317.jpg

d0080998_19233236.jpg

d0080998_19245475.jpg

d0080998_19245822.jpg

ちょっととりすぎだろ~、ってなお皿で^^ お恥ずかしい!このオムレツ、なんとドミグラソースをかけるんですよ。これがとてもおいしかったです。
d0080998_19251161.jpg

ラウンジの奥には、ソファーのスペースがあり、ライブラリー&ラウンジになっています。ステーションホテルということもあって、鉄道の歴史や写真集がたくさん置いてあったようです。テレビもありますが、見ている人はいなかったなあ。
d0080998_19295944.jpg

d0080998_19265033.jpg

d0080998_19275460.jpg

食事のあとは、コーヒーだけを明るい場所でゆったりいただきたかったので、こちらに出てきました。そうしたら、このポット、新しいコーヒーを持ってきてくださって、とてもうれしかったです。
d0080998_19292823.jpg


レストランのあと、駅構内の天井をみられる窓があり、のぞいてみました。やっぱりこのホテルらしさが出ていますね。駅フェチなんてあるのかわからないけど、こういう眺めも悪くありませんね。
d0080998_19312747.jpg

d0080998_19315980.jpg

d0080998_19322036.jpg


さて、アトリウムですが・・・

More
[PR]

by totoro6008 | 2013-01-25 22:42 | 東京ステーションホテル  

東京ステーションホテル(3)-夕食編

東京ステーションホテルの紹介、次は食事です。

B1のイタリアンワインバー「エノテカノリーオ」を利用しました。こちらは泊まって利用しなくても大丈夫ですよ。東京駅のホテルなので場所を知らない人とでも待ち合わせやすいかも。

・・・といいますが、実はこのレストランすご~くわかりづらいんです。
このうなぎの寝床のようなホテルの下にあるわけで、エレベータからくねくねと曲がって、かな~り奥のほうでした。

実はチェックインの時に荷物預けてレストランに駆け込んだんです。友人待たせてたもんんで^^。
チェックインのとき「ではレストランまでご案内しましょう。」と。へえ、すごいなあ・・・・と思っていたら、案の定確かに一人では早々迷いそう(笑)無事、目的地に最短で入りました♪

こじんまりとした入口&レストラン内です。席がちょっと詰まった感じなので、少しきつしかも。
d0080998_18345389.jpg


5500円のプリフィックスコースを選びました。
メニューはこちら。(季節によってかわるので、もうすっかり忘れてしまいました^^)
http://www.vinvino-to.jp/norio/

まずは野菜と温泉卵のサラダ仕立てだったかな。とろーり玉子を潰してからませるといいですよ。
d0080998_18364951.jpg

パンにはオリーブオイルをつけていただきます。シチリアのあら塩とやらもでてきて、ちょっと風味のあるアクセントになります。
d0080998_18402629.jpg

パスタはほほ肉ときのこのラグ―、タリアテッレ。いわゆる平麺タイプです。お肉がほろほろに煮込まれていて甘味がいい感じでした。
d0080998_18404723.jpg

メインのお魚は白身でタイのソテーだったかしら?だめです、記憶のかなたに・・・。
d0080998_18405053.jpg

d0080998_18405372.jpg

お肉は牛肉のステーキをレアにしたものでした。まずまずかな。
d0080998_18405858.jpg

デザートがなかなか面白かったですよ。エスプレッソのソースが真中にあって、この熱いのを左のアイスクリームにさっと掛けるんです。エスプレッソの香り高い苦味がアイスにマッチしておいしかったです。
d0080998_1841275.jpg

d0080998_1841536.jpg

d0080998_1841576.jpg

てなわけで、コースはなかなかコスパよかったように思いました。ワインはグラスで軽くいただいただけで、まったく記憶なく・・・すみません。

このホテルはけっこう手ごろ+αぐらいレストランがけっこうはいっています。駅ホテルということで、やはり超高級より手の届くくらいのほうがきっといいんでしょうね。

ほかにも青柳の寿司店なんていうのあって、興味津津でした。7000円ぐらいでコースがあるようですし。

さて、次はお待ちかね、朝食です。
[PR]

by totoro6008 | 2013-01-25 18:51 | 東京ステーションホテル  

東京ステーションホテル(2)-客室編

東京ステーションホテルの紹介、次は客室です。

宿泊は3Fの3016号室です。
d0080998_23414398.jpg


ダブルの部屋です。ベッドはしっかりとしたよじ登るような高いもので、クラシックヨーロピアンな雰囲気が部屋全体に醸し出されています。前にあるソファがかなりしっかいしていて、すっぽり入る座り心地。それと大きさを比べるとベッドとベッドボードの大きさがわかるでしょうか?
d0080998_23425072.jpg


d0080998_2342599.jpg

天井が高いのです。この感じでわかりますか?4m以上はあるでしょうね。窓とカーテン枠がとても高いのです。
d0080998_23425747.jpg

シャンデリアもクラシックに、天井の高さがあるから、すっきりとこのライティングが映えます。
d0080998_051998.jpg

ベッドサイドデスクにテレビのエリアです。
d0080998_2343138.jpg

d0080998_2343693.jpg

この丸い鏡、ヨーロピアンクラシックというより・・・怪しげな拡大鏡のような^^。
d0080998_23431466.jpg


ミニバーは充実のラインナップ!カトラリー、グラス、ビバレッジなど、引き出しと冷蔵庫に満載ですね。質感は間違いなく5つ星ホテルです。
d0080998_23434691.jpg

d0080998_084015.jpg

d0080998_23434910.jpg

d0080998_23435158.jpg


バスルームはシングルシンクですが、機能的に広く取られています。鏡も高さがありますね。
d0080998_23431670.jpg

アメニティの充実度、こちらは力がはいってますね。
d0080998_23433676.jpg

バスタブはゆったり、ガラス張りの中に洗い場でのシャワーついています。スツールもあって、使い勝手は日本人仕様ですね。
d0080998_23432920.jpg

シャワーとカランの操作性がいいですね。わかりやすく、イラストが示されていて使いやすいです。
d0080998_23434348.jpg


トイレが別室になっているのうれしいですね。すりガラスですが、一応個室なので安心です。
d0080998_23433878.jpg

バスアメニティはギルクリストソマーズ、控えめでエレガントな香りとサラサラ感がいいですよ。
d0080998_23433954.jpg


窓からは外は見えません。でも窓がありますね。
ここから見える眺め、カーテンをあけると・・・
d0080998_001591.jpg

d0080998_005934.jpg

なんと、かの有名な構内の天井が目の前に見えてしまうのです!これはすごい!下手に駅前の景色が見えるだけの部屋なら、こちらの方がおもしろいと思いますよ。上から覗き込んで、ピープルウオッチングまでできちゃうんですもの^^。

コットンのさらっとしたパジャマです。
d0080998_023312.jpg

スタイリッシュなボールペンとメモ用紙です。
d0080998_03711.jpg

ベッドサイドボードにある、目覚まし時計。
d0080998_041471.jpg


本当に寝るだけの滞在でしたが、広さ以上のゆとりを感じました。東京駅構内が見える部屋って面白いです。これはステーションホテルならではですね。長時間部屋にいることを考えたらどうかなとは思うのですが、行ってみる価値ありですよ。

客室の紹介でした。次はアトリウムでの朝食です♪
[PR]

by totoro6008 | 2013-01-24 00:14 | 東京ステーションホテル  

東京ステーションホテル(1)-パブリックスペース編

東京ステーションホテルの紹介です。

2012年10月にリニューアルした東京駅、もう観光客でごった返しです。ほとぼりも冷めて少し空いていれば見に行きたいな・・・と思ったら、ついでにリニューアルのこのホテルも見てみたくなりました。・・・というわけで、友人との食事にこのホテル内のレストランを選び、東京駅のライトアップを見て、ステーションホテルに泊まるプランが成立したってわけでした^^。

まずはパブリックスペースの紹介です。
チェックインが遅い時間、チェックアウトまであまり時間がなかったので、あまりゆっくり見ていませんので少しだけですが。

駅の外観はかの有名なレンガ造りです。明るい光に照らされて、やさしいレンガの色がシックに落ち着きますね。これはチェックアウト後なので、午前中の光です。
d0080998_21344830.jpg

d0080998_21552337.jpg


ホテルは長い駅舎の中にある形です。
エントランスは駅八重洲口側の北側にあります。目立たずシンプルな感じですね。
d0080998_21333197.jpg

エントランス内にこんな暖炉を模したスペースがあります。12月なのでクリスマス仕様ですね。
d0080998_21344739.jpg


客室は駅舎の上にずーっとあるため、とてもわかりにくいのです。この地図でわかります?(笑)
d0080998_2143124.jpg

うなぎの寝床のレイアウトはこちらです。
d0080998_21573247.jpg


エレベータがA,B,Cとあって、客室のエリアによってどのエレベータを使ったらよいかを案内されるのです。客室、レストラン、客室から外出するために降りてくるところなど、もう迷路ったらありゃしない!(笑)
d0080998_21342822.jpg

d0080998_21343032.jpg

外出用のエレベータはこんな小ぢんまり。ヨーロピアンな階段と大理石風のクラシックな内装です。
d0080998_2155297.jpg


今回宿泊したのは3Fです。私は間違ったエレベータに乗ってしまったため、迷路をぐるぐる歩く羽目になりました。廊下からクラシックな雰囲気たっぷり、窓からの眺めは臨めません。片側は駅の内側を向いています。
d0080998_21343376.jpg

d0080998_21343591.jpg

d0080998_21474238.jpg

d0080998_21474825.jpg


さてこの次は客室のご紹介です。

おまけ

More
[PR]

by totoro6008 | 2013-01-19 22:00 | 東京ステーションホテル  

帝国ホテル(5)-朝食編

帝国ホテル東京、朝食の紹介です。

そして、朝食といえば・・・「ラ・セゾン」のご紹介です♪

メゾネット2F(中2階)にあります。
d0080998_22591534.jpg


レストランのエントランスです。
d0080998_22591681.jpg

中はメインダイニングとしてエレガントなテーブルが配されています。
d0080998_2258214.jpg

d0080998_22593723.jpg

エントランス左側に、実はシガールームなるものがあります。こういう部屋があるのはさすが伝統的なホテルのメインダイニングです。別室になっているので、ダイニングに煙がいくことはありません。
d0080998_22584219.jpg



まずはコーヒーです。カトラリーのシルバーが渋く光ってますね。このセッティングで背筋がピッとのびますよ。
d0080998_22582437.jpg

d0080998_22592167.jpg


お目当てのポーチドエッグ!オランディーヌソースのとろみと旨みがとてもいいんですね。ちゃんと焦げ目がついていますよ。付け合わせのトマトが酸味としてマッチしておいしい♪
d0080998_22583348.jpg

d0080998_2331117.jpg

パンはクロワッサンとトーストです。オリジナルのジャムはオレンジとブルーベリーでした。
d0080998_22592862.jpg

フルーツヨーグルトです。ヨーグルトがたっぷりでヘルシー♪ここにジャムを少し入れてみたらおいしかったですよ。
d0080998_22592310.jpg

温野菜の盛り合わせです。マイタケがめずらしかったですね。じゃがいもが旨みを感じます。バターや塩分はほとんど使ってないとおもわれ、シンプルです。自分で塩コショウを好みに合わせて掛ける感じです。
d0080998_22583517.jpg


というわけで・・・帝国ホテルの紹介でした。
ちょいと追加で・・・

More
[PR]

by totoro6008 | 2013-01-17 23:20 | 帝国ホテル東京  

帝国ホテル(4)-プール編

帝国ホテル東京、次はプールの紹介です。

こちらのプールはフィットネスエリアとともにあり、昔からあるふる~い施設の一つです。ですので、決して外資系のおしゃれな設備と比較はできないことをご了解くださいね。

場所はタワー館にあります。宿泊している本館からは通路を通ってつながっているのですが、一度ショッピング街エリアを通るので同じホテル内を移動しているという感じはありません。このホールがタワー館への連絡通路入口です。
d0080998_22404495.jpg


スパ入口の写真はとりませんでした^^。
エントランスの受付でチェックインです。インペリアルフロア宿泊者は無料です。通常宿泊者はプール&サウナで1050円、フィットネスエリアで1050円、両方利用で2100円です。他の高級ホテルの有料スパ利用料金はだいたい3000~5000円なので、かなり安いと思います。
プールは20mで4コース、子供用の浅いエリアが少しついています。こぢんまりですね。
d0080998_22321592.jpg

天井は半分ガラス張りにしており、昼間はとても明るいです。
d0080998_22322245.jpg

d0080998_22322686.jpg

デッキチェアーはマットレスがないので、ちょっと寝づらいですかね。
d0080998_22323062.jpg

夕方ライトが照らされた状態です。
d0080998_22324798.jpg


ずっと空いていたので、さびしいぐらい・・・1回子供と御母さんが来たぐらいでした。すっきりしたデザインですが、おしゃれなセッティングや設備がないので、多分カップルとかは来ないのかも。サウナやジャグジーをプr-うに併設していれば随分違うんですけどね。

ロッカーの横にリラックスルームがあります。これも昔からのソファでわりに地味です。雑誌とお水がおいてあります。
d0080998_22325055.jpg

お風呂は大浴場のようになっていて、ジャグジー&サウナもありlますが、わりにこじんまりですね。
今回はフィットネスには立ち寄りませんでした。

私的には、フィットネスのウエアやシューズを貸し出してくれるところがうれしいですね。プールとセットで利用できると使いやすいので、のぞみたいところです。

写真もすくないのでこのぐらいで。
次は朝食です♪
[PR]

by totoro6008 | 2013-01-17 22:54 | 帝国ホテル東京  

帝国ホテル(3)-客室編2

帝国ホテル東京、もうひとつの客室紹介です。

インペリアルフロアの1585号室、同じ日比谷公園側のジュニアスィートです。
d0080998_23163243.jpg


まずエントランスにホールスペースがあり、このガラスと小さな飾棚があります。
d0080998_23174746.jpg


この左横は、この前紹介したエグゼスィートと同じくウォークインクローゼットです。はっきり言って、住めるほど収納がたっぷりの棚やハンガーがありますね。
d0080998_23175692.jpg

d0080998_23212269.jpg


ベッドルームにはいります。窓側に向かって幅が広く、ツインのベッドがゆったり配されています。ベッドボードやテキスタイルにインペリアルフロアの風格があるようです。
d0080998_23171535.jpg

d0080998_23171892.jpg

ベッドのサイドテーブルは、クラシックなデザインですね。
d0080998_2317402.jpg


手前の窓側はライティングデスクです。
d0080998_23174279.jpg

奥はリビングスペースで、水やのミニバーやソファー、リクライニングチェアまであるコーナーです。リクライニングチェアの色がちょっと全体との調和で???がつくでしょうか・・・。好みですが^^。
d0080998_23173337.jpg

ミニバー、水やは充実した食器、飲み物などのラインナップです。風格さえ感じます。
d0080998_23251723.jpg

d0080998_23251361.jpg

d0080998_23252123.jpg


水回りは、通常フロアのエグゼスィートとほぼ同じです。
d0080998_23264626.jpg

d0080998_2326509.jpg

d0080998_23282567.jpg


バスアメニティにアユーラが出るのが特徴です。使ってみて、とても香としっとり感のいいアメニティですね。気に入りました。
d0080998_2327915.jpg


リビングとベッドルームが別室になっていないので、広々としているのがいいお部屋です。ただ、私は個人的にリビングスペースは別のほうが使いやすいというのがあるので、そこはちょっとエグゼよりマイナスかなと思っています。もうこれは好みの世界ですね。

次はプールエリアを紹介します。

実は・・・

More
[PR]

by totoro6008 | 2013-01-15 23:40 | 帝国ホテル東京