「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:奥日光ホテル四季彩( 4 )

 

奥日光ホテル四季彩(4) - お食事編

「奥日光ホテル四季彩」の紹介、お食事にはいります。

満室で、食事処は宴会場を区切っての場所になりました。うーん、レストランのほうを期待していたんだけどなあ・・・。テーブルの写真は朝食のときだったので湯上り&ピンボケ写真で失礼!でも窓もないし、ちょっぴり残念。

d0080998_20502194.jpg
d0080998_20541123.jpg


レストランだと、こんな感じなんです。
夜も外のライトアップを見ながらいただけるのです。ここで食べたかったな~。


d0080998_20543395.jpg
d0080998_20482179.jpg

夕食のメニューです。
季節ごとにかわる懐石風コースです。

d0080998_20442135.jpg


口取り八寸
鶏参照焼、丸十蜜煮、サンマ寿司、柿卵、なめこいくらおろし和え

前菜はきれいに盛られてきました。手作りしていると思いますが、まあ見た目重視でしょうか。

d0080998_20442982.jpg


当館創作くみ上げ生湯葉 ゴマダレ

作り立ての湯葉はやっぱりおいしいですよね。ゴマダレが特徴です。

d0080998_20444799.jpg
d0080998_20444703.jpg


吸い物
雲丹饅頭、もみじ麩、鮑茸など

アイデアはあかなかですが、雲丹饅頭がもっとふわっと香りがよかったらなあ・・・、出汁もまあ普通かな。
d0080998_20444881.jpg


向付
4種盛り

湖のほとりなのでマスがここの売りですね。あとは普通でしょうか。海がないのにお刺身あまり頑張って出さなくても、かな。

d0080998_20444860.jpg


台の物
国産黒毛和牛ステーキ
いろどり野菜 湯葉ステーキ

ジューシーなお肉ですが、ちょっとさしが強かったですね。若者にはこのぐらいが旨みたっぷりだと思いますが、年齢が^^

d0080998_20444737.jpg
d0080998_20444806.jpg


口変わり
キノコ塩出汁うどん

にゅう麺のような感じのうどんでした。

d0080998_20465873.jpg


蓋物
土瓶蒸し仕立(鱧、マツタケなど)

海老を無理に入れなくても良かったように思いました。おなかがいっぱいになってきました・・・。
d0080998_20465889.jpg

食事
ごはん縮緬昆布佃煮、赤だし、香の物

縮緬昆布佃煮がおいしかったです。ごはんにかけて!

d0080998_20465848.jpg

甘味
手作りケーキ、柿プリン、巨峰

プリンやケーキがなかなかおいしかったですよ。
d0080998_20465816.jpg

そして、翌朝の朝食です。
同じ食事処になります。
和食にサラダを付けた物でした。かぼちゃのサラダはおいしかったですね。朝は大きなお豆腐があり、たっぷり汲み豆腐を食べられます。

d0080998_21123019.jpg
d0080998_21123520.jpg
d0080998_20471908.jpg

お食事がもう一つインパクトを感じず、食事処がレストランでなかったことが残念でした。一番下のお得なプランだったのでしょうがないのかな。
さらに、サービスの方がマニュアルを強く感じるような対応で、粗相があったわけではないのですが、温かみを感じないもの残念ですね。かなり大型の旅館(ホテル)なので、マニュアルが重要なのだと思いますが、一生懸命さなど、プラスアルファを期待してしまいますよね。

やはり、この宿はあの乳白色のお湯に入るためですね。比較的手ごろな価格で温泉をたっぷり楽しむ目的がメインです。改装したお部屋のほうが満足度が高いと思います。

おまけ


More
[PR]

by totoro6008 | 2015-02-15 22:00 | 四季彩  

奥日光ホテル四季彩(3) - お風呂編

「奥日光ホテル四季彩」の紹介、次は温泉、お風呂です!

こちら中禅寺温泉は奥日光湯元温泉から引いた硫黄泉乳白色の濁り湯です。温泉好きとしては、やはり白い濁り湯ってうれしい、温泉度アップしますよね。

正直なところ、実はHPや写真で見たお風呂より、実物のほうがずっとイメージがよかったのです。

まずはお風呂の場所です。3Fロビーからだとロビーエリアまで歩いて、階段で降りていきます。1Fにあたるフロアです。男女別に分かれており、途中の入れ替えはありません。お風呂の前には湯上り処があり、外にはちょっとしたバルコニーがあります。半年は寒いのでここを使うのは夏場がメインでしょうか。すでに11月でもかなり寒かったです。

d0080998_22482286.jpg
d0080998_22481458.jpg
d0080998_22483928.jpg

脱衣所です。古いタイプであまり広くありません。タオルは部屋から持ってくるスタイルです。アメニティはたっぷりあり、いわゆるプロモーション系の化粧品がたくさんあって、お気に入りは売店でお求めを、ってやつですね。やはり乳液、化粧水があるのは湯上り軽く整えるのに便利なので、女性にはうれしいですね。

d0080998_22483995.jpg
d0080998_22483950.jpg
d0080998_22483973.jpg
d0080998_22483993.jpg

内湯はひば風呂です。古いですが、窓も大きくとられているのでいい雰囲気です。
特に朝日がさす朝は外の白樺と日に照らされた青みのある白濁湯がとてもきれいです。

d0080998_22573471.jpg
d0080998_22573570.jpg

なんたってやはり露天風呂がいいんですね。
内湯から階段で降りていくと、下にいくつか湯船が見えてきます。野天部分も多いので、三度傘もありますね。

d0080998_22483933.jpg

屋根のあるメインのお風呂がこちらです。お湯は全体にちょっとぬるめですね。ゆっくりはいることができます。

d0080998_22485857.jpg
d0080998_22491134.jpg
d0080998_22583011.jpg
d0080998_22592350.jpg

まわりに2つの湯船があり、野天になっています。
昼間、薄暮、夜、夜明け、朝日の時間と、ライトアップ、日差し、木々、湖の目線などなかなか雰囲気があっていつまでもいたくなる感じなのです。硫黄泉は強いので、人肌ぐらいのぬるい湯のほうがゆっくりはいれるでしょうか。最後に温まるときは内湯でしっかり、ですね。


d0080998_22490539.jpg
d0080998_22523868.jpg
d0080998_22523890.jpg
d0080998_22523824.jpg
d0080998_22575096.jpg


お湯に木々が映り込むこの青みがかかった乳白色・・・いいですよね。やっぱり濁り湯Loveです!

d0080998_22593263.jpg

ちなみに、露天風呂付き部屋があるお宿なのですが、お湯はすべて沸かし湯で温泉ではありません。硫黄泉で肌荒れしやすい人もあるし、お部屋も傷みやすいからとのこと。部屋ではさっぱり流すお湯、大浴場で温泉味たっぷりと使い分ける人もあるようですね。

以上、お風呂の紹介でした。
次は食事の紹介にはいります!


[PR]

by totoro6008 | 2015-02-11 21:00 | 四季彩  

奥日光ホテル四季彩(2) - 到着&客室編

中禅寺温泉「奥日光ホテル四季彩」に到着です。
中禅寺湖より少し奥まっているので、直接湖は見えない位置にあります。

d0080998_23562876.jpg
d0080998_23563769.jpg


紅葉もありましたが、すでにかなり寒い季節、初冬の木々が迎えてくれます。以下は翌朝のお天気の良い時に撮った写真です。


d0080998_23564559.jpg
d0080998_23565247.jpg


中に入ると、ロビーは広々としています。チェックインと湯上りや食後のくつろぐラウンジを兼ねているようです。さまざまな家具が並んでいますね。お水やコーヒーなどもこちらでセルフでいただけます。


d0080998_22592977.jpg
d0080998_23002352.jpg
d0080998_23065947.jpg
d0080998_23071982.jpg
d0080998_23003270.jpg

客室は2F205号室です。

このホテルは3Fがロビーで、3Fから1Fにかけて3フロアに客室があるスタイルです。とてもシンプルな白い壁の廊下・・・ちょっと寂しいかな。


d0080998_21554072.jpg
d0080998_21552421.jpg

レイアウトはこんな感じです。私たちの泊まった部屋は廊下の半ばぐらいですね。

d0080998_21543131.jpg

鍵は2本です。チェックインの時に食事の時間と場所を案内された紙をいただきます。


d0080998_22595098.jpg
d0080998_21544283.jpg

お部屋は8畳と縁側掘りごたつというスタイルです。
古くて結構年季がはいっていたかな。寒い地域なので、掘りごたつが温かくてうれしいですね。ソファや椅子がないのでどうかと思ったのですが、掘りごたつにいることが多かったです。眺めは木々の庭で、その奥にかすかに湖が見えますね。


d0080998_21550002.jpg
d0080998_21550034.jpg
d0080998_21550063.jpg
d0080998_21551539.jpg

お部屋には作務衣がついています。タオルもこちらのものを大浴場に持っていくスタイルですね。

d0080998_21551519.jpg

水屋、ポット、空の冷蔵庫、鏡などコンパクトに部屋のコーナーにまとめてあります。

d0080998_22061959.jpg
d0080998_22061941.jpg

洗面とユニットバスの水回りです。やや古さは否めないですね。
お風呂は家庭のようなユニットバスなので、ほとんどの方が利用しないのではないでしょうか。乳白色の温泉が大浴場でゆったりはいれますから。

d0080998_21551575.jpg
d0080998_21551581.jpg
和洋室や露天風呂付き部屋が他にもあり、こちらは一番下のクラスの部屋で、リニューアルをしてないようなので、お得なプランが結構でています。そういう私たちは、早割のようなプランで通常より1000円ほど安かったようです。

さて、次はお風呂の紹介です。

[PR]

by totoro6008 | 2015-02-09 21:00 | 四季彩  

奥日光ホテル四季彩(1) -紅葉again by プロローグ

鬼怒川温泉の後は、奥日光へ向かいます。中禅寺湖にある「奥日光ホテル四季彩」の紹介、到着までの立ち寄りでたっぷりの紅葉プロローグです。

日光宇都宮道路を北上し、中禅寺湖へ向かいました。道路はすでにたっぷりの紅葉から少し終わりかけに入っています。

d0080998_23465825.jpg
d0080998_23465882.jpg
d0080998_23465815.jpg

清滝からは、いろは坂です。まだたっぷり楽しめる11月の連休、紅葉を求めてたくさんの車がきています。それほどひどくはありませんでしたが、やはり渋滞です^^。

d0080998_23465801.jpg
d0080998_23471168.jpg

中禅寺湖のほとりに到着です。まずは南側にあるイタリア大使館別荘記念公園に行ってみました。実は奥日光エリア、寒い時期に行くことが多く、この記念館がクローズしていたことが多かったので、初めての訪問です。

d0080998_23482506.jpg


明治から昭和初期にかけて、多くの欧米大使館が避暑地として日光から中禅寺湖エリアに別荘を建てたところが多く、こちらもその一つです。歴代イタリア大使が平成九年まで利用していたそうで、その後往時の国際避暑地としての建物を復元したそうで、記念館として開放しました。見学は無料なのです。いまでもイタリア大使館が維持費を負担しているようです。


d0080998_23483395.jpg
d0080998_23484970.jpg


建物の中、外観ともとても素晴らしいつくりです。ちょっとしたタイムスリップと異国情緒にひたることができました。

d0080998_23073366.jpg
d0080998_23494643.jpg
d0080998_23500756.jpg
d0080998_23500762.jpg
d0080998_23501637.jpg
d0080998_23503206.jpg
d0080998_23505173.jpg
d0080998_23073903.jpg
d0080998_23505144.jpg
d0080998_23505678.jpg


さて、おなかもすいたのでランチです。
中禅寺湖の手前まで戻ってきて、栃木牛のハンバーグのお店「メイプル」に入りました♪ペンションのレストランだそうです。おや~、熊の剥製がちょっとリアルすぎ^^。クラッシクカーはこちらのお店の飾りみたいです。なかなかジューシーなハンバーグでした。

d0080998_23511439.jpg
d0080998_23511422.jpg
d0080998_23511404.jpg
d0080998_23511465.jpg


中禅寺湖畔から二荒神社あたりまで、たっぷりと紅葉を楽しみました。もうおなか一杯に(笑)


d0080998_23521069.jpg
d0080998_23521039.jpg
d0080998_23525220.jpg
d0080998_23531596.jpg
d0080998_23532819.jpg
d0080998_23532825.jpg


翌朝もこりずにもう一度!・・・だって、翌日のほうが晴れて紅葉がもっと亜綾香だったんですから。


d0080998_23532835.jpg
d0080998_23540225.jpg
d0080998_23545441.jpg

紅葉づけも終了、お宿に向かいますよ~。



[PR]

by totoro6008 | 2015-02-07 21:00 | 四季彩