「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:藤龍館( 5 )

 

湯野上温泉 藤龍館(5) - お食事編

福島県湯野上温泉「藤龍館」の紹介、お食事の紹介にはいります。

ちょっといい懐石を期待して、食事がちょっといいプランを予約してみました。

夕食は部屋で順にだしていただきます。お品書きです。

d0080998_22424012.jpg


写真で一気にいきます!

きれいな先付と前菜から始まります。先付の湯葉とトウモロコシの白和え。
前菜は、色とりどりの器や盛り付け・・・ニシンの山椒づけが会津地方らしいですね。ほおづきのあしらいもいいですね。・・・とつい目からはいってしまいました^^。ただ、先付と前菜は同時に出してほしくなかったなあ・・・とは美的と出てくる楽しみにこだわる私(笑)


d0080998_22424659.jpg


いつも日本酒で合わせることが多いのですが、本当に全然銘柄を覚えません^^;。我が家はいつも純米酒を基本にしてますので、選択肢が少ない宿が多いです(懐石の宿は吟醸、大吟醸のほうが多いので)。


d0080998_22430187.jpg



椀のものは鱧真薯です。だしがやや濃いめ&ちょっと華がないかなあ・・・器のふたの金色には驚きましたが。


d0080998_22430155.jpg



おつくりはまずまず。イワナもでました。山の中なので仕入れでよいものを厳選して、種類も抑えた方がいいと思いますね。縞海老なんか無理に出さなくてもいいのに~。


d0080998_22430128.jpg



こづゆと冬瓜の炊き合わせです。会津らしいメニューですね。冬瓜はほっくりとしていました。
お箸ですが、会津塗で個性的なデザインのものでした。しっかり掴めてなかなか持ちやすかったですよ。


d0080998_22434286.jpg
d0080998_22434265.jpg


アユの塩焼きです。新鮮でおいしかったですよ。

d0080998_22434299.jpg


福島牛のたたきです。さっぱりといただけました。ちょっとアクセントになるお肉をいれてきました。


d0080998_22434945.jpg


ほたてと雲丹も琥珀かけ。。。ってメニューにありますが、雲丹じゃなくてエビだったような。牛のたたきもこちらも酸味でちょっと続くかなあ・・・残念ながら、あまり印象になかったかも。

d0080998_22440788.jpg


磯部揚げと野菜のてんぷらです。おなかがいっぱいになってきました・・・。

d0080998_22440714.jpg


〆の食事です。鯛茶はうれしかったです!おいしかった~。

d0080998_22442045.jpg
d0080998_22442080.jpg


抹茶ムースのデザートです。キウイが添えられていました。

d0080998_22442048.jpg


朝食も部屋食、とても豪華です。サラダは食用花がはいっていて、とても華やかな演出です。
品数抑えていいものを少しずつ食べたいな~と思ってしまうのは「トシ」(笑)?お漬物ももう少しおいしものを期待したかったかなあ。。。

d0080998_22592292.jpg
d0080998_22593223.jpg
d0080998_22593212.jpg
d0080998_22593251.jpg
d0080998_22593214.jpg

以上、お食事の紹介でした。



More
[PR]

by totoro6008 | 2015-01-29 21:00 | 藤龍館  

湯野上温泉 藤龍館(4) - お風呂編

福島県湯野上温泉「藤龍館」の紹介、次は大浴場&露天のパブリックにあるお風呂の紹介です。

まずは、こちらの売りである露天風呂です。
一番下のフロアまで降り、そこから下駄に履き替えて階段で外に出ます。
階段が急でけっこう意外でしたね。雨がふっているとちょっとつらいかなあ。

d0080998_20343792.jpg
d0080998_20344063.jpg
d0080998_20344481.jpg

脱衣所です。
お風呂からそのままのオープンスペース(目隠しはあり)ですので、寒い季節はけっこう着替えるのにつらいかもしれませんね。

d0080998_20350274.jpg

男女別の露天風呂です。写真は左側の女性用です。
岩の配置や自然に面したつくりはなかなかダイナミックです。風情ありますね。ちゃんと屋根があるので、雨風の時にもゆっくりはいれます。せっかくなので移動の階段にも屋根があるといいですね。

龍のかたちをした湯口と岩の写真でわかりますが、こちらだけが男女の仕切りなんです。立ち上がるとお互いに丸見えなので、他の方がいらっしゃると結構気を使いますね。私は夫婦だけで左右振り分けに使ったので問題なかったのですが。


d0080998_20350220.jpg
d0080998_20350263.jpg
d0080998_20350200.jpg
d0080998_20350821.jpg
d0080998_20355289.jpg

宿からの眺めは渓谷と木々の緑です。
橋から見えるのでは?というのは、ちょっとうがって見すぎかな。大丈夫だと思いますよ。

d0080998_20353829.jpg
d0080998_20354424.jpg


大浴場です。男女入れ替えはありません。
脱衣所は籠の棚が2列でちょっと狭い感じです。
立派な椅子、狭めだからもうちょっと小ぶりで地味なデザインでよかったのでは?一説によると脱衣スペースから鏡に映るので、背の高い椅子がが目隠しとも・・・。

d0080998_22385195.jpg
d0080998_20355869.jpg
d0080998_22442771.jpg


お風呂は、内湯と渓流沿いの露天風呂があります。露天は気付かない人がいるかも。後からつくられたようです。女性はあの露天を躊躇する方もいるので、こちらなら安心して入れますね。

d0080998_20360257.jpg
d0080998_20380631.jpg
d0080998_20361299.jpg
d0080998_20361858.jpg


朝のお風呂は、この大浴場からも光が差して気持ちよかったです。

d0080998_20364672.jpg
d0080998_20365133.jpg


湯上り処です。
ここで冷たい麦茶?をいただきながらくつろげるのですが、なんとなく落ち着かず・・・みなさんお茶だけ飲んで、座っている方にはお会いしませんでした。

d0080998_22391035.jpg
d0080998_22392230.jpg

以上、お風呂の紹介でした。

ちょっと古いつくりなので、もう少し工夫してほしいなと思ってしまいました。まあ部屋にもお風呂あるので、ゆっくりしたい方はそちらへ・・・という選択肢もあるからいいのかもしれませんね。お湯はは無色透明でアルカリ性単純泉、とってもやわらかいので、女性向きですね。

つぎはお食事の紹介にはいります。

[PR]

by totoro6008 | 2015-01-27 21:00 | 藤龍館  

湯野上温泉 藤龍館(3) - 客室編

福島県湯野上温泉「藤龍館」の紹介、客室です。

客室は「風の館」の202号室「岩風」です。渓谷側の二間続きの部屋です。

d0080998_22282838.jpg
d0080998_22420752.jpg

お部屋の入口で靴を脱ぐスタイルです。
小上がりが広々、左右振り分けで窓側に二部屋の贅沢なつくりとなっています。

d0080998_22422079.jpg
d0080998_22442346.jpg

小上がりの廊下部分に水屋というかミニバースペースがあります。ここになぜか碁盤と将棋盤(笑)昔は団体さんがはいって、1部屋2名ってのがおおかったんですかねぇ。


d0080998_22445521.jpg

客室は10畳二間です。
ちょっとユニークだったのは、二部屋の仕切りふすまがはめ込み式で、引き戸になっていません。寝室と本間を分けて使う前提なんでしょうか。本間も副室にも窓に面した縁側がありますが、なぜか壁で仕切られていて、行き来ができません^^。同じ理由なんですかね。

d0080998_22443202.jpg
d0080998_22450313.jpg
d0080998_22451261.jpg


縁側からは渓谷の眺めです。こちらもちとユニークで、目線は渓谷向いの道路が目線で、車が行きかう景色なんですね^^。

d0080998_22465240.jpg

d0080998_22471807.jpg


ゆかたは2枚ずつだされます。
チェックインの際に女性は浴衣を選びますが、部屋にも通常の浴衣もあります。


d0080998_22452391.jpg
d0080998_22424456.jpg

お部屋の水回りです。
充実したアメニティですが、ちょっと古いつくりはしょうがないでしょうか。椅子あり、タオル干しがたっぷり、タオルもたくさんあって、使い勝手は悪くなかったですよ。

d0080998_22454925.jpg
d0080998_22454275.jpg

トイレがユニークです。和と洋の二つのトイレがあるんです。昔4名団体さんや家族が泊まった際の便利に2つあるんですしょうか。古い宿ですと男性用のトイレと洋式トイレがあるところはよくありましたがね。どちらも男女使えるのでこちらのほうが便利?

d0080998_22455756.jpg
d0080998_22460145.jpg
d0080998_22460456.jpg

お部屋にお風呂があります。こちらが源泉かけ流しなんです。
ヒバづくりのお風呂はちょっとレトロです。湯船が変わった形なのでちょっと二人は入れないでしょうか。部屋によって違い、長方形のところもあります。

d0080998_22461260.jpg
d0080998_22461799.jpg
d0080998_22462368.jpg

お布団をしいていただいたところです。

d0080998_22463927.jpg

次はお風呂の紹介をしましょう。


[PR]

by totoro6008 | 2015-01-25 21:00 | 藤龍館  

湯野上温泉 藤龍館(2) - 到着編

福島県・湯野上温泉「藤龍館」の紹介、まずは到着編です。

宿は「清水屋」という湯野上温泉街の老舗宿が別荘的につくった離れや風の宿です。宿は渓谷沿い&道路沿いであります。温泉街から橋を渡って川沿いにいくとエントランスはすぐ道路付けです。3Fがロビーとなり、客室は川に向かって3F,2F,1Fにあるかたちとなっています。

外観写真をとりそこねました^^。

はいるとゆったりとしたロビーです。

d0080998_22272133.jpg
d0080998_22272725.jpg
d0080998_22274150.jpg


こちらでお茶とお菓子をいただきます。きちっといれたお抹茶です。

d0080998_22274738.jpg

館内は部屋数は10ほどしかないのですが、結構広いのでびっくりです。
花の館、風の館、月の館、鳥の館となっており、フロアごとに名前をつけたようです。

d0080998_22275630.jpg

私たちの泊まる部屋は風の館です。
廊下や階段もゆったりです。

d0080998_22281110.jpg
d0080998_22281816.jpg
d0080998_22282838.jpg

さて、次は客室の紹介です。


[PR]

by totoro6008 | 2015-01-23 21:00 | 藤龍館  

湯野上温泉 藤龍館(1) - 湯野上&大内宿散策(プロローグ)

少々前の訪問になりますが、福島県・湯野上温泉「藤龍館」に泊まった時の紹介をしましょう。確か昨年9月だったと思います。残暑から初秋の気候で、朝晩は涼しい気候でした。

宿泊記の前に、宿に向かう日に立ち寄った観光&散策を紹介します。

まずは名物でもある会津鉄道「湯野上温泉駅」です。茅葺きの駅舎に情緒あり、ほっこりとする駅です。大内宿の街並みになぞらえた茅葺屋根で駅舎を作ったそうです。2002年に東北の駅百選とやらに選定されたらしいですよ。

d0080998_21514935.jpg

d0080998_21520961.jpg
d0080998_21540222.jpg
d0080998_22135524.jpg


駅の待合室はいろりや古い漫画本など置いたサロンになっており、お土産屋さんもノスタルジックな感じです。

d0080998_22130372.jpg
d0080998_22130996.jpg
d0080998_21520920.jpg

駅前に足湯もあります。やはり温泉地ですね。

d0080998_21540764.jpg

さて、次は大内宿に向かいました。
ずいぶん昔に1度寄ったことがありますが、人が少なくてぴんとこなかったんですね。正直、今回は観光化がすごく進んでいてびっくりでした。大きな駐車場は車がいっぱいです。


d0080998_21543650.jpg
d0080998_21543002.jpg

さまざまな食事処やお土産屋さんがならび、茅葺屋根の田舎を模した青空ショッピングモールといったところでしょうか。手作りのものなど風情あるので、雰囲気をそれなりに楽しめました。人気のお店はとっても並んでいましたよ。

d0080998_21544537.jpg
d0080998_21545151.jpg
d0080998_21551674.jpg
d0080998_21561319.jpg
d0080998_22232368.jpg


名物の高遠そば(ねぎそば)は、混雑によりあきらめました^^。

d0080998_22231406.jpg

玉こんやしんごろうという串団子など、田舎な雰囲気満載でした。

d0080998_21550545.jpg
d0080998_21551010.jpg

高台から見るとなかなか町並み(田舎なみ?)がすばらしいです。

d0080998_21562791.jpg

さて、宿に向かいましょう。



[PR]

by totoro6008 | 2015-01-22 23:00 | 藤龍館