カテゴリ:コンラッド東京( 3 )

 

コンラッド東京(3) - スパ編 & おまけ

コンラッド東京の紹介、次はスパを少しだけ。。。

というのは、3連休でゲストが多く、写真がほとんど取れませんでした。お子様連れも多く、すごいことになってました。チェックイン後に4時ぐらいにプールに行こうとしたら、

「かなり混んでますので今いらっしゃるのはおすすめできませんが・・・」

と言われ、少しずらして5時台ぐらいに行きました。

それでも混みこみ!コンラッドのプールは周りが狭くてデッキチェアが少ないので、要するに、デッキチェアが全く空いてないということなんです。先にお風呂一度お風呂に入ってからプールに向い、ようやく三々五々みなさん引き揚げ始めました。食事時間が近づいたからでしょう。私たちは「チャイナブルー」の予約が8時だったので逆にラッキーな時間でした。

スパ内の廊下はとてもスタイリッシュで、非日常感たっぷりです。
d0080998_20301742.jpg

写真のプールエリアは、すでにお客様が引いて、外は夕方・・・という時間でした。
ここのプールは眺めがビルビューなんですが、コースの端は眺めがあり、それだけは楽しめます。

d0080998_20274842.jpg
d0080998_20274861.jpg
d0080998_20302830.jpg

お風呂はユニークな形で、ジャグジーバスが4つ、クローバーの葉のように並んでいるのです。混んでいたのでお湯が少々汚れていたのは残念でした。サウナはミストとドライがそろっていていいですね。日本人向けの座って体を洗える洗い場もついていますよ。パウダーコーナーはこの混みようでやや狭い感が否めませんでした。

d0080998_20275987.jpg
d0080998_20275962.jpg


すみません・・・これしか今回は写真なく・・・。

おまけで、コンラッドをチェックアウトした後の築地散策でも^^


More
[PR]

by totoro6008 | 2014-10-31 21:00 | コンラッド東京  

コンラッド東京(2) - 食事編

「コンラッド東京」の紹介、次はお食事です。

夕食は「チャイナブルー」でした。
我が家が一番好きなレストランです。モダンチャイニーズの味がうまくはまるのと、盛り合わせではなく一人分で出してくれるので、これがうれしいんですね。

d0080998_20290011.jpg


今回はコースにしてしまいました。
こちらがメニューです。


d0080998_20284265.jpg

一人分ずつなんですが、けっこうたっぷりな盛り合わせになりました。
内容はもううろ覚えなので、上記のメニューでご勘弁を(主人の料理と混じっています、はい)シャンパンで乾杯して、ひとつずつコースが供されます。

今回はちょっとアジアンテーストが重めの仕立で、印象的なメニューはなく、うーん、それほどでもだったかなあ。。。

d0080998_20283221.jpg
d0080998_20283274.jpg
d0080998_20283237.jpg
d0080998_20284113.jpg
d0080998_20284964.jpg
d0080998_20290068.jpg
d0080998_20290086.jpg
d0080998_20290827.jpg
d0080998_20292413.jpg


おなか一杯で少々疲れたので、コーヒーはお部屋で。


d0080998_20292468.jpg

翌朝、朝食は28Fのビュッフェをいただきました。コールドミール中心のビュフェだけだと2600円と、高級ホテルとしてはかなりリーズナブルなお値段でした。ルームオンリーでしたので、追加でお支払♪

レストランはとっても混んでいたので、ラストオーダー直前の時間にはいり、ようやく席に着くことができました。やはり連休で相当混んでいたのでしょう。ビュッフェではサラダ、コールドカット、フルーツ、パンやジャム、た~っぷりと、私はこれらで満足です。追加1000円??で温かいメニューをオーダーできますが、おなか一杯で食べられない!クオリティはそちらの方がいいのかもしれませんが、まあ今回はそれを求めていませんでしたので。



d0080998_20293200.jpg
d0080998_20293254.jpg
d0080998_20293297.jpg
d0080998_20300087.jpg
d0080998_20300008.jpg
d0080998_20301150.jpg
d0080998_20301226.jpg
d0080998_20301247.jpg
d0080998_20301251.jpg
というわけで、食事はホテル内で利用しました。
ヒルトンプレミアムクラブジャパン(HPCJ)の会員なので、宿泊すると食事が20%オフです。主人が疲れていたこともあり、部屋にすぐ帰れるホテルレストランの利用と相成りました。

次回はスパ&おまけ散策の紹介です。


[PR]

by totoro6008 | 2014-10-29 21:00 | コンラッド東京  

コンラッド東京(1) - 到着&お部屋編

さて、次はどこにしようか・・・バックログたまりまくりなんですが、宿泊順序にこだわらずアップしていきます。次は東京・汐留にある「コンラッド東京」の紹介といきます。

一生懸命このブログでコンラッド記事探したんですが、カテゴリーがない??・・・そう、mixiで紹介していた頃とHPをやっていたときの宿泊記があるだけで、こちらでアップするようになってから泊まっていなかったようでした。とはいえ、何度も宿泊しているホテルのため雑な写真しかとってこなかったので、ご容赦を。

こちらには、当初泊まる予定ではなかったのです・・・7月の連休、本当は温泉ドライブのはずでした。ところが仕事でトラブルがあり、主人が出社することになってしまったのです。泣く泣く温泉の予約はキャンセル・・・しかもたっぷりキャンセル料もお支払する羽目に^^。

そんなわけで、都内でちょっとだけオアシスを・・・ということでこちらに急に泊まることになったわけです。痛いキャンセル料もあり、ヒルトンオナーズのポイントでの宿泊でした。いつもクラブフロアをとることが多かったのですが、今回はレギュラーフロアー、眺望なし、朝食なし、であります。

フロントまわりは結構混んでいたと思いますが、この写真は帰りにとったもの。コンラッドらしさを感じますね。

d0080998_20250043.jpg
d0080998_20251599.jpg
d0080998_20252852.jpg


客室は、シティキングのカテゴリーです。

眺めはこのようにビルビュー。これが欠点ですよね、このホテル。もう少しビルが気にならない形だといいんですけど。斜めに覗くとかろうじてお空が楽しめます。


d0080998_20273754.jpg
d0080998_20273741.jpg


ベッド回りと窓側のソファはなかなか快適空間です。確か、ベッドスロー(デュベの上にかけている帯状のベッドスプレッド)がテーマごとに色やデザインが違ったように思います。以前泊まった時はグリーンやブルーの部屋もあり、レッドは初めてでした。ソファやクッションの色ともコンビネーションしていますね。

窓側の丸いテーブルはデスクにも、食事やお茶のテーブルにも使えます。ラウンド型がやさしいラインを感じますよね。ビジネスライクなデスクより、プライベート利用のときはよいかもしれません。

ソファのコーナーとこのテーブルが使え、白いチェアと向かい合わせに使えます。ソファはカウチとしてもOKです。窓側一杯の幅にしつらえているのがよいですよね。

このホテルができたころに増えた、ガラス張りのバスルームとベッドルームの仕切り、ブラインドを下ろして目隠しする形になりますね。私は広々としたのが好きなので、使っていないときはブラインドをあけてシースルーにしてしまいます。

d0080998_20272172.jpg
d0080998_20260292.jpg
d0080998_20260779.jpg
d0080998_20261653.jpg
d0080998_20265728.jpg
バスルームはゆったりと広く、モダンな水回りの走り、この小ぶりな器のようなベイシンがたくさん作られました。コンラッドもしかり。しっかし、水はねでちょっと使いにくいのが玉に瑕ですね。ラウンド型の大きな鏡はけっこう使いやすいんですね。お化粧には明るいのが大切です。

バスタブはゆったり、ただお湯をためるときに少々はねて周りがぬれやすくなっております。シャワーブースもトイレもそれぞれ個室のセパレートになっています。ただ、扉がすりガラスなので、友人との利用などはちょっと気になってしまうかもしれませんね。(家族だと見えるわけじゃないので平気ですが^^)

ふかふかのタオルにバスローブ、香りのよいアロマテラピーのシャンプー・コンディショナー類、オフホワイトのボックスにおさめたアメニティ類など、高級ホテルの水回りの醍醐味をたっぷり堪能させてくれるしつらえです。

シャンプー&コンディショナーは当初資生堂とタイアップの和を演出するお茶や桜の香りのものがあったのですが、私はこちら好きでしたね。普通の高級ブランドはどのホテルも使っているので、オリジナリティを感じてよかったのですが、「資生堂」というのが日本人には非日常感を感じさせてないんでしょうね。


d0080998_20263371.jpg
d0080998_20263344.jpg
d0080998_20263339.jpg
d0080998_20264238.jpg
d0080998_20264202.jpg
d0080998_20264928.jpg

お部屋に戻って、ミニバーやカップ・カトラリー類などです。

私が苦手なのは、黒い急須やカップです。お茶やコーヒーの色がわからなくて、飲み物が楽しめない・・・という気持ちにさせてしまいます。やはりこれらは明るい色のほうがいいですね。私は、iPodやDVDなどは利用しないので、そのあたりのコメントはできずご容赦を。


d0080998_20270769.jpg
d0080998_20270776.jpg
d0080998_20265765.jpg
d0080998_20272987.jpg


夜のターンダウン後のベッドです。

コンラッドベア君たちがお出ましです。色違いでいくつあるかな?

d0080998_20281071.jpg
d0080998_20281092.jpg

さて、次回は食事とプールの紹介です。



[PR]

by totoro6008 | 2014-10-27 21:00 | コンラッド東京