「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:バリ: アマヌサ( 5 )

 

2014夏休みバリ/バンコクの旅(5) - アマヌサ 番外編 ショッピング

アマヌサの番外編でショッピングの紹介です。

まず、ヌサドゥア内にある「バリコレクション」というショッピングモールに行きました。アマヌサでは、ヌサドゥア内の送迎はcomplimentaryです。

リゾート開発の一環でつくられたものなので、観光地化されたショッピングモールですが、敷地内に噴水や緑が多く配され、屋内のショッピングセンターとは違って、整った設備だけでなく、リゾートらしい雰囲気も楽しめました。

d0080998_22463757.jpg

d0080998_22463740.jpg

今回の目的は、ULUWATSU(ウルワツ)です。バリでは老舗のレディースウエアのお店です。こちらのレースとデザインが好きで、初めて行った時から毎回バリではどこかの店舗に通っています。

d0080998_22463753.jpg

今回は、ジャンプスーツ型の黒いパンツスタイルのものを買っちゃいました^^。テロンとした生地のこなれ感とカッティングが美しい。さらに、ブラウスとショートパンツもゲットです。自宅とかリゾートでしかたぶん着られないけど、どれも1万円以下なので思い切ることができましたね。太った体に恥を忍んで一部ご紹介を(笑)。

d0080998_23173545.jpg

アマヌサをチェックアウトしてから、移動の途中に「ジェンガラ・ケラミック」に寄っていただきました。アマンの車にお願いしたものです。


以前も来たことがあるので、建物の写真はとらず^^。

移動の車から。またあの海上ハイウエイに乗って、ジンバランへ戻ります。

d0080998_22463791.jpg
d0080998_22463758.jpg
d0080998_22463723.jpg
d0080998_22465764.jpg

戦利品はこちらです。

フランジパニのデザインを中心に、銀杏の模様のもの、ランチョンマットも買いました。真ん中上に見える白い箱はプレゼントでいただいた籐編のコースターです。写真にはいっていませんが、カエルの灰皿も^^

カラフルで楽しいデザインがたくさんあると、つい選ぶのが楽しくなるギャラリーです。ちなみに、こちらは店内撮影禁止です。

d0080998_22535386.jpg


ランチをとっていなかったので、車の移動中にサンドウィッチを食べました。ジェンガラ内にあるカフェでテイクアウトしてもらいました。おいしかったです。でもお値段も観光客値段でしたね^^(1000円以上した記憶が)。

d0080998_22463709.jpg

さて、ヌサドゥア・ジンバランから移動して、次なるアマンへGo!

[PR]

by totoro6008 | 2014-09-08 21:00 | バリ: アマヌサ  

2014夏休みバリ/バンコクの旅(4) - アマヌサ 食事編

2014年夏休みの旅、バリのアマヌサです。食事とレストランを紹介します。

アマヌサには2つのレストランがあります。ザ・テラスはタイとインドネシアの料理がメインで、こちらをディナーと朝食に利用しました。ザ・レストランは、メインダイニングとなっているイタリアンレストランですが、こちらは利用しませんでしたので、ザ・テラスのみの紹介になります。

夜のレストランです。

d0080998_22032910.jpg
d0080998_22033312.jpg
d0080998_22033858.jpg

このときは軽いめの夕食で、ワンタンスープに野菜炒め&ライスでした。暗い中で写真撮ったら全然移りませんでした~。すみません^^。最初の小さいグラスは、アミューズで出てきたものです(何だったか失念・・・)


d0080998_22043894.jpg
d0080998_22045648.jpg
d0080998_22050802.jpg
d0080998_22144346.jpg

翌朝です。
やはり眺めのすばらしいレストラン、明るい時間のほうがよいですね。

d0080998_22052279.jpg
d0080998_22040860.jpg

オレンジとマンゴのミックスジュース、オムレツにブルーベリーとリコッタチーズのパンケーキをいただきました。実はこのパンケーキ、某ブログで紹介されていたもので、とってもおいしいということで、リクエストしてみました。間違いなくおいしい!リクエストやお願いをしても、いやな顔一つせずに、気持ちよく受けていただけたので、とてもすがすがしい朝を迎えられました。
(注:リクエストものは必ずしも受けてもらえるとは限らないので、こちらを見て試したいと思った方、ご注意くださいね)

d0080998_22041420.jpg
d0080998_22041957.jpg
d0080998_22053457.jpg


プールの前の建物(ロビーの下)にザ・レストランがありますが、先にお話しした通りこちらにははいりませんでした。夜のみの営業です。

d0080998_22215714.jpg

以上、アマヌサの紹介でした。

では最後に総括を。


More
[PR]

by totoro6008 | 2014-09-06 21:00 | バリ: アマヌサ  

2014夏休みバリ/バンコクの旅(3) - アマヌサ パブリックスペース編

2014年夏休みの旅、アマヌサの続きです。お部屋の外、パブリックスペースの紹介です。

エントランスを外から見たところです。バリの茅葺屋根の車寄せに大きな木・・・シンプルですがエレガントです。

d0080998_23422804.jpg

エントランスロビーのすぐ外側です。こんな番傘のようなパラソルが配され、遠くに見える海や緑が大きく広がり、絵になります。

d0080998_23513785.jpg
d0080998_23515050.jpg


この右手のほうに夜はバーとなるラウンジがあります。到着時のウエルカムドリンクを供されたのもこちらでしたね。素敵なビューでしたので、思わずパチリ!

d0080998_23555773.jpg
d0080998_23555159.jpg

ラウンジ横にはバリの神様が祭られています。

d0080998_23535477.jpg
d0080998_23534405.jpg

このラウンジから降りてビラに行くのですが、先の部屋紹介で書きましたように、私たちのお部屋は一番近くてとても便利でした。

こうやって多くの階段やスロープが敷地内のあちらこちらにあり、散歩もなかなか汗だくです^^。

d0080998_23422855.jpg
d0080998_23422836.jpg
d0080998_23422863.jpg

乾季ですので、緑が少なめ、お花もやや地味ですが、やはりブーゲンビリアなどを見るとホッとしますね。木々からこぼれる光、空・・・・リゾートを目いっぱい感じられます。


d0080998_23422866.jpg
d0080998_23422880.jpg
d0080998_23422827.jpg
d0080998_23422822.jpg

敷地内を歩き、いろいろなビラのエリアも覗いてみました。


d0080998_23422878.jpg
d0080998_23422897.jpg

すくっと伸びる大樹・・・いいですね。

d0080998_23522269.jpg


プール回りです。ロビーから3フロア分ほど下の方にあります。ラウンジ、ロビー、レストランでこの字になった下の部分です。

ロビーからとったプールです。

d0080998_23525752.jpg


こちらはプールからロビーのある方向を撮った写真です。

d0080998_23531365.jpg

プールの左上がアジアン&インターナショナルのレストラン、ロビーの下にもイタリアンのレストランがあります。


d0080998_23531392.jpg
d0080998_23531328.jpg
d0080998_23523817.jpg
d0080998_23531368.jpg

プールの前は木々が植え込まれ、少しヨーロピアンな雰囲気も感じられます。この雰囲気もすばらしい。うっそうとしたトロピカル色の強いアジアンリゾートとはちがった、クールさとエレガントさがいいですね。

d0080998_23532342.jpg
d0080998_23533035.jpg
d0080998_23532310.jpg

ライブラリーは夜に立ち寄りました。
誰もいませんでしたよ。静かな空間でした。


d0080998_21562645.jpg
d0080998_21562945.jpg
d0080998_21564057.jpg
d0080998_21564890.jpg

夜のエントランスとプール・・・暗さのままで、あまりうまく撮影できていないので、軽くご紹介でご勘弁を。

d0080998_21552920.jpg
d0080998_21570296.jpg
d0080998_21570611.jpg

ブティックはこちらです。

d0080998_23452728.jpg

レストランも利用しましたが、こちらは次のお食事編で紹介しましょう。

素敵と評判のビーチクラブもあるのですが、今回1泊で利用する機会がありませんでした。ホテルからビーチは離れており、車で送迎となるようです。白い砂のすばらしいビーチ、利用してみたいものです。


[PR]

by totoro6008 | 2014-09-05 22:00 | バリ: アマヌサ  

2014夏休みバリ/バンコクの旅(2) - アマヌサ 客室編

2014年夏休みの旅、バリはまずアマヌサです。到着はイミグレ疲れのため、夕方17時近くになっていました。あー昼間が短くてもったいな~い♪たった1泊のお高いお部屋ですもの(けちくさい??(笑))。

お部屋は21号室のビラ。ラウンジから降りてすぐの場所です。
(なお、写真は時系列ではなく、2日間でいろんな時間にとったものが混じってますことをご了解ください)

d0080998_22463508.jpg
d0080998_22445970.jpg


お部屋の鍵はこんなデザインです。げっこーちゃんですね。リゾートらしい使い込んだ木のモチーフがいいですね。

d0080998_22354496.jpg

この玄関となる門をはいると、まず裏庭のようなところにテーブルとチェアがあります。うーん、このスペースは全く使いませんでしたね。もったいない!テーブルがビュー側にあるとよかったかなあ。


d0080998_22523833.jpg
d0080998_22464023.jpg


ビラの入り口はこちらです。
シンプルな木枠のガラス戸です。


d0080998_22441077.jpg

お部屋にはいると、ベッドにソファです。
天蓋があってロマンチック派にはうれしいですね。実用派の私は、寝るときじゃまっけ&暑かったりするので、まああってもなくてもよいかなと・・・冷たい評(笑)
デザイン的にはやはりいいです、はい。

d0080998_22364753.jpg

d0080998_22364716.jpg

ベッドの裏側は、水回りとクローゼットのスペースです。これが広いのがアマンの特徴です。部屋がつながっているのに、まるでスィートのようなくつろぎ空間を感じさせてくれます。四方がガラス戸なので、とにかく明るく気持ちがよいです。

シンメトリーな左右のクローゼットやベイシンは2人で気持ちよく使えます。
水回りの真ん中に大きなマットレスの椅子が使い勝手いいんですね。座って着替えたり、荷物を広げたり、ちょっと物を置いてみたり。鏡の前のスツールと違った使い方ができます。


d0080998_22364882.jpg
d0080998_22413107.jpg
d0080998_22413152.jpg
d0080998_22364802.jpg


ベイシンの左側がトイレです。トイレも外の緑を見ながら。といっても外からはのぞかれませんからご安心を。

d0080998_22364870.jpg


お風呂のバスタブは、2つのシンメトリーなベイシンの間にあります。こちらも中庭の緑を眺めながら利用できます。難点は、お湯の出が少なくて、たまるのにかなりかかったことです。ただお湯がなくなって水になりました、というのがないのはうれしいです。南国のリゾート、これは本当によくあるので、お湯がたっぷり使えるのはうれしいです。

タオルやアメニティも端正にセッティングされています。

d0080998_22364826.jpg
d0080998_22413180.jpg
d0080998_22413118.jpg


木漏れ日のバスタブがいい感じです。

d0080998_23561756.jpg
d0080998_23563143.jpg


トイレと反対側、ベイシンの右側にシャワーがあります。

d0080998_22364809.jpg


アウトサイドシャワーもあります。ここで明るい時間に利用すると本当に気持ちがいい!外から見えない場所ですから安心です。

実はシャワーは、中もアウトサイドも固定式なんで、これが少しばかり欠点ですね。20年以上前にできた老舗アマン・・・まあほかに快適なところがたっぷりあるから許せるでしょうか。

d0080998_23562386.jpg
d0080998_22435885.jpg


お部屋のウエルカムアメニティのフルーツはきれいにカットされていました。こちらのほうがうれしいですよね。すぐいただけますから。ミニバーもシックなデザインです。お水はたっぷりセッティングされます。

d0080998_23264470.jpg
d0080998_23265508.jpg
d0080998_23283711.jpg


ビラは天井が高く、木組みはすばらしい。部屋が広く感じるゆえんです。
ライトをつけると、夜の演出も計算しつくされたビラ内です。


d0080998_22413142.jpg
d0080998_22421483.jpg
d0080998_22421527.jpg
d0080998_23292283.jpg


そして、ビラの外はこの東屋です。

いや~、眺めフェチのPockieに本当にはまりました。ここで本読んだり、うたた寝したり・・・ずっといたくなる空間です。

d0080998_23213798.jpg
d0080998_22415054.jpg


そしてすばらしいビュー。ああ、これはオーシャンビューへのUGだったんだと後から分かりました。さえぎるものがない眺めって、本当にストレスフリーな空間です。

d0080998_23212855.jpg
d0080998_23213351.jpg
d0080998_23295273.jpg


初日は天気があまり良くなかったので、こちらの朝日が出る時間のビューもどうぞ。


d0080998_22424521.jpg
d0080998_22425543.jpg



朝日がさす時間は本当にきれいでした。やはりリゾートは日差しが似合います。

d0080998_22430081.jpg
d0080998_22430867.jpg
d0080998_22431698.jpg
d0080998_23303006.jpg


花も朝日に濡れて・・・。

d0080998_22432740.jpg

お部屋をたっぷりご覧いただきました。

次は、パブリックスペースの紹介です。


More
[PR]

by totoro6008 | 2014-09-03 21:00 | バリ: アマヌサ  

2014夏休みバリ/バンコクの旅(1) - バリ到着~いきなりお疲れ^^

2014年夏休みの旅、いよいよ本番スタートです。

ホテルフェチのPockieですので、毎度ホテル軸の紹介になりますので、その間に観光やグルメも交えていきたいと思います。

まずは1日目、羽田空港からの出発で全日空の夜行便でバンコク経由バリに行きました。

全日空の機体がふるっ!767だったようです。ビジネスは2-1-2の配列で、真ん中の1列に座りました。座席のリクライニングがあまりなく、夜はあまり寝られませんでしたね~。乗った後の軽食と朝食がでましたが、なんたって朝5時着ですからね。起こされたのは3時半、まああんまり食べた気がしません^^。後から聞いたら、同じぐらいの時間に同時にTGが飛んでいるのですが、747-300で、そちらの方がずっとましな座席のようでした。
d0080998_21153169.jpg
d0080998_21064279.jpg
d0080998_21073575.jpg

バンコクの空港到着です。
このあと、バリ行きのフライトまで4時間以上の乗り継ぎのため、ビジネスのラウンジでシャワーも浴びてパソコンで時間つぶし・・・。そのあと、毎度のスパラウンジで、首肩のマッサージを30分受けました。これは毎回ありがたいです。このために、スタアラでもTGに乗っているようなものです。(通常のラウンジはスタアラ共通ですが、スパラウンジはTGに乗る人しか利用できません)

d0080998_21120585.jpg
d0080998_21154967.jpg


これから旅行なので買い物もないんで、時間に搭乗口へ移動です。スパラウンジはDコンコース、登場がEコンコースのかなり先で、これが遠い!モノレールでも運転してくれよって、感じです、マジ。

さて、4時間余りのフライトで、無事バリに到着しました。
アマンのスタッフが待っているはず!ファーストトラックで、イミグレをするりと空港を出られるわ~。このために、到着時の宿泊をアマンにしたほどです。往復送迎つきのプランでしたので。

飛行機を降りると、階段の下にアマンの(正確にはアマン委託の)スタッフが待ち構えていました。その方についていけばいいのね。

ところが、聞きにくい英語でなんだか説明が・・・。え?
ファーストトラックがだめなんだと。だから、あのイミグレの列に並んでくれ。列の向こうで待ってるから・・・って。

げげ~。これがアドバンテージでアマンにしたのに、なんてこった??ほかのサービスはありがたいけど、なくても自分でやればいいだけですから、本当に悲しい^^。

というわけで、この通常の列に1時間以上並び、ホウホウの体でイミグレを出ました。


d0080998_21205778.jpg

バリの空港はAPECにあわせて2013年10月から新しくなっています。以前はかなり素朴で古さは否めませんでしたが、他のアジアの空港とあまり変わらなくなりましたね。きれいに機能的になるのはいいですけど、なんだかバリらしくないかなあ。

空港をでました。空港はバリをイメージした建物になっているんですね。
こんな雰囲気です。

d0080998_21244420.jpg
d0080998_21245246.jpg

空港内スタッフからアマンの運転手に引き継がれました。
いざアマヌサへ出発!

空港からヌサドゥアへは、海に突き出すハイウエーができて、渋滞なくストーンと行けるんです。
このバリ風のゲートが海の上にぽーんとあって、なんとも伏木儀な感じ。100キロ以上ですいすい走って、ヌサドゥア手前で陸地に。早かったですね。ホテルまで20分かからなかったと思います。イミグレをこのぐらい早くしてくれ~。

d0080998_21250097.jpg
d0080998_21245683.jpg

アマヌサ到着です

d0080998_21311876.jpg
d0080998_21453815.jpg

この高台のラウンジでウエルカムドリンクをいただきました。
素晴らしい眺めです。海はかなりむこうのほうですが、緑と空とのコントラストがあって、海だけとは違ったまたいい雰囲気です。すっかり到着で気に入ってしまいました。

d0080998_21315314.jpg
d0080998_21315812.jpg
d0080998_21314930.jpg

このあとお部屋に案内されて、チェックインの手続きです。

お部屋の紹介は次回へ!

[PR]

by totoro6008 | 2014-09-01 21:00 | バリ: アマヌサ