カテゴリ:ひげの家( 3 )

 

ひげの家(3)---お食事編

福島県高湯温泉「ひげの家」の紹介、次はお食事編です。

いろんな人の口コミから、「ひげの家」=お食事!・・・との評判を聞いていました。お湯がいいのは高湯温泉共通ですから、特徴はやっぱり食事でしょう。でもまあ、料金は普通のお手頃旅館だから、まあ期待しすぎてもねぇ、と微妙な心もちで臨みました。

まずは、夕食です。
食事処でいただきます。
ちなみに、部屋食も1000円プラスで選べますが、お膳スタイルになるので座って食べるのは足がきついらしく、年配の人や畳座りが苦手の人にはお勧めしないようです。
今回夕食をとった食事処は写真がとれなかったので、となりの食事処の写真です。こちらは畳の部屋ですが、同様に椅子&テーブルです。

d0080998_22455916.jpg

夕食のメニューをみてまずびっくり!
女将さんが手書きでつくるそうです。このクラスの宿はメニューまで造るところは少なく、その凝り方と手のかけ方、メニューラインナップの多さでまず驚きでした。

d0080998_22320940.jpg
お部屋ごとにテーブルが分かれます。
最初にこれだけセットされていました。
d0080998_22320041.jpg

先付けの根三つ葉柚子ジュレ掛け、長いも、シイタケです。
非常に繊細な組み合わせ、じゅれでまとまりがあります。

d0080998_22323482.jpg


蕗のとうの豆腐は、焼物です。
ごま豆腐のような風合いで蕗の苦味がほんのり、おしかったですね。
d0080998_22324101.jpg

前菜はこの5品です。菜の花のからし和え、牡蠣燻製オリーブオイル漬けなど、おいしかったです。この丁寧さとい和洋おりまぜたセンスの良さに感激しました。
d0080998_22322677.jpg
おつくりは途中まで食べてからの写真で失礼!
帆立やいかだったかな?3種類ありましたが、どれも新鮮です。マグロをいれるなど、定番にこだわる無理をしていませんね。

d0080998_22434501.jpg

しんじゃがと春大根の素麺です。だしがさわやか、野菜の素麺風が新鮮で、レモンの酸味も手伝ってするりとはいります。
d0080998_22435626.jpg

アマダイの東寺蒸し
d0080998_22442106.jpg

伝宝焼はこちらの名物だそうです。穴子、白魚、豆腐、ずわい蟹、焼きネギなどを味噌味をしこんでやいたものです。あつあつほくほく、洋風な雰囲気と和のコラボ、なかなかいいアクセントです。
d0080998_22443336.jpg


日本酒は、120mlのコップ酒で個別はオーダーできます。種類は少なかったですが、緑川のこの日本酒がおいしかったです。

d0080998_22444221.jpg


しゃぶしゃぶです。まあこちらは手は掛かっていませんが、べたに食べやすくおいしい一品です。うちはここで食事ももってきてもらって、ご飯のおかずで食べました。

d0080998_22450403.jpg
d0080998_22445206.jpg


デザートは苺のババロアです。手作りだそうです。
このラインナップ、圧巻でした!
d0080998_22451214.jpg

朝食は隣の食事処で。
お部屋の案内札よこの可憐なお花がおしゃれです。

d0080998_22453713.jpg

朝食のラインナップです。わりに普通の和食です。
素朴な煮物や佃煮も含め、かなり品数でしたね。出来合いの佃煮不意は無理しなくてよかったんじゃ?というものがありましたが、このクラスの宿では十分なもてなしです。
d0080998_22452978.jpg
d0080998_22455032.jpg
サービスのスタッフが適宜、お席でいろんな会話をしながら1~2品ずつもってきてくれるスタイルで、一品ずつの懐石ほどの手間は掛けられていませんが、十分においしい演出と仕立てでした。

とにかくこの料金の宿の食事としてはすばらしく、五つ星だと思いました。

総括して・・・




More
[PR]

by totoro6008 | 2014-04-11 23:00 | ひげの家  

ひげの家(2)---お風呂編

「ひげの家」の紹介、次は自慢の温泉、お風呂編です。

お宿には、男女別大浴場+露天風呂、貸切の露天風呂があります。

温泉効能の掲示は、各お風呂に貼りだしてありました。
d0080998_22413976.jpg

まずは貸切露天風呂の「星見風呂」です。

あいていればいつでも利用できる露天風呂、まず入り口でこの札を確認です。入る際に札を裏にして、利用中を掲示します。

d0080998_22380158.jpg
ドアをあけると、いきなり外です。雪が積もっていて寒い~。

d0080998_22380957.jpg

階段を下りて入口です。


d0080998_22383631.jpg
d0080998_22375255.jpg

中に入ると、まず脱衣所です。ごくシンプルなしきりとかごのみです。

d0080998_22213932.jpg
扉の前に・・・ありました!・・・この露天風呂です。

いや~すばらしいです。到着時、夜、朝と3回も利用しちゃいました。いろんな時間の写真をどうぞ♪洗い場はないので、体を洗う方は大浴場に行くことになります。

d0080998_22390168.jpg
d0080998_22394361.jpg
d0080998_22400190.jpg
d0080998_22401937.jpg
d0080998_22211461.jpg
d0080998_22212359.jpg

眺めもすばらしいです。朝の光のなかの回りの景色です。

d0080998_22220527.jpg
d0080998_22221892.jpg
d0080998_22213063.jpg

大浴場は内風呂と露天風呂になっており、男女入れ替えになるので、両方利用できます。
内風呂はこの形の左右対称で、同じだと思います。カランのシャワーなど、設備は大浴場内にそろっています。脱衣所のアメニティなどはシンプルですね。部屋にドライヤーがないので、こちらで利用しなくてはいけないのは、素朴系宿って感じでしょうか。
d0080998_22423980.jpg
d0080998_22422509.jpg
d0080998_22423425.jpg

露天風呂の1つ「滝の湯」は、大浴場と入口が別になっています。ログハウス風で昼間はあかるい脱衣所です。ちょっと寒いかな。
d0080998_22260473.jpg
d0080998_22412320.jpg
d0080998_22411678.jpg
d0080998_22402657.jpg

もうひとつの大浴場の脱衣所です。よこから露天の月見風呂に出られます。
d0080998_22413261.jpg
d0080998_22410896.jpg
d0080998_22404584.jpg
大浴場前にレモン水が置かれています。部屋にも冷水ポットが夜はいりますので、やっぱり水分補給は重要です。

d0080998_22415732.jpg

相変わらず右下の陰で見苦しい写真ばかりで申し訳ありません。スマホ写真も混ぜてあっぷしてみました。

お湯がよいのはもちろん、このお風呂のつくりも気に入りました。
「月見風呂」はとにかくすばらしいです。ほれぼれしてしまいました。天気&眺めの良い時に利用できたのもラッキーということでしょうね。

次は、食事の紹介です。この宿お気に入りの理由でもあります♪


[PR]

by totoro6008 | 2014-04-08 21:00 | ひげの家  

ひげの家(1)---到着&お部屋編

「ひげの家」・・・温泉フリークの方ならどこかで聞いたことがある名前かもしれませんね。でもそうでない方、また西日本の方には「なんじゃそれ?」って名前かも^^。だいたい、宿の名前ってことも変な感じですかね。福島県の高湯温泉というところにあり、福島市の西側、吾妻山麓の山懐にあり、硫黄泉で白く濁った特徴のある湯質と10以上の源泉という豊富な湯量を誇ります。2010年に源泉かけ流し宣言をしたのですが、その翌年にあの震災・・・大変だったと思います。

ぐだぐだ、前置きが長くなりました。
「ひげの家」・・・ずっと泊まりたかったんです。日帰り温泉をとっていないので、泊まらないと利用できないんですね。これまで、何度も電話して断られました。1度予約がとれましたが、急に行けなくなりキャンセルしました。そして今回、たまたま利用したい日に最後の一室があいていて予約がとれました♪なんか恋い焦がれみたいですね~(笑)。

高湯温泉は日帰りで何度も行きましたが、実は今回が初めての宿泊です。
湯質がすばらしく、日帰りでもふらふらになるほ効きます。

さて、宿には車で到着しました。おお、他の方のHPで見たこの入口!ひげの家はHPが簡素なので情報はほとんど他の方の口コミです。
d0080998_22070558.jpg

「日本秘湯を守る会」の会員宿です。提灯が門にでかでかと掲げられていますね。
d0080998_22063888.jpg

門をはいると、玄関です。3月はまだ雪に埋まるような季節です。
d0080998_22075135.jpg

入口をはいると、こぢんまりとしたカウンターがあります。

d0080998_22132176.jpg
d0080998_22161056.jpg

その前のロビーはおしゃれです。売店もコーナーにひっそりとあります。女将さんがこっている食器なども売っているようです。
d0080998_22224730.jpg
d0080998_22162947.jpg

お部屋は山の館3Fの「だいてん」というところです。古い方の建物の上階、奥です。

d0080998_22102950.jpg
d0080998_22080087.jpg
d0080998_22081175.jpg

お部屋は、角部屋になっていたため、窓が少し広めになっていました。眺めがけっこうよかったので、8畳と狭いながらもラッキーでしたね。テレビが14インチぐらいしかないのには笑っちゃいました。TVの後ろ側がビニールで覆われているのは、硫黄でやられるので対策だそうです。
d0080998_22094679.jpg
d0080998_22093020.jpg
d0080998_22093582.jpg

トイレ付、バスなしです。ウォッシュレットなので、まあよしとしましょう。ただ、ユニット式になっていた洗面スペースはいかがなものかと・・・。お部屋は、まあ安い宿の仕様といったところですね。

d0080998_22280756.jpg


この宿で部屋に期待はしていませんでしたので、あまりがっかりしなかったのが救いですよね。お値段考えたら・・・です、ハイ。

というわけで、次はお風呂の紹介です。



[PR]

by totoro6008 | 2014-04-07 21:00 | ひげの家