「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:大鷹の湯( 4 )

 

西那須野温泉 大鷹の湯(4) - 食事編

西那須野温泉 「五ツ星源泉の宿 大鷹の湯」、お食事編です。

食事は夕飯、朝食とも食事処まで行きます。
「別邸 鷹山」はまさに「別邸」なので、食事処に移動するの一旦外に出るのがやや難点です。天気の悪い時などちょっと不便ですね。今回も真冬なのでかな~りサブい!


移動するとき、横目に夜のライティングで目を楽しませてくれる演出です^^。
d0080998_21214530.jpg

夕食です。「五鷹邸」という食事処です。
半個室の区切りがあり、暖簾で食事スペースの前が目隠しされている形です。運悪くうちは、向かい側の個室が大部屋のところで、子供がたくさんいるめちゃにぎやかなところだったので、かなりうるさかったです、ハイ。

d0080998_23074801.jpg
d0080998_23094581.jpg
d0080998_23093411.jpg

お品書きはこちらです。二人にひとつ置かれていました。
ちゃんとフルコースの懐石風になっています。
d0080998_21255504.jpg

前菜は、器を変えて見た目からはいりました^^ただ、盛り付けは大雑把ではみ出しているし、乗っかってるのはおふくろの味のお惣菜風ですね(笑)。
d0080998_23075753.jpg

d0080998_23082189.jpg


お刺身は少しずつ5品ありましたが、こちらは新鮮でけっこうおいしかったです。
d0080998_23084139.jpg



ぶりのペッパー焼、なかなか工夫していますが、ちょっとぶり臭さが抜けなかったかな。
d0080998_23085357.jpg



お肉は少しながら、和牛の霜降りのおいしものでした。カラフルなペッパーとともに陶板焼きで、目に楽しく♪
d0080998_23090133.jpg
d0080998_23090638.jpg


この辺で出たおいもの煮物はかなり重たくなった・・・
d0080998_23091280.jpg



最後の食事は、天ぷらのときに食事も出してもらうスタイルとしました。

d0080998_23092592.jpg

デザートです。
d0080998_23092995.jpg

お食事の味はまあ、居酒屋風や旅館の多すぎコースよりは工夫されていますが、庶民的な内容を、ちょっとアレンジされていると思っていただいたほうがよいかもしれませんね。うちの旦那は食事は・・・という評価していましたが、私はまあこれでもありだと思いましたが。

こちらのお宿のすばらしいのは、サービスの仕組みです。一品ずつ出してくるのはもちろん、その出す間隔は都度リクエストできるんです。1つ持ってくるたびに「少し間あけましょうか?」と聞いてくださり、次をリクエストするときにボタンを押すスタイルなのです。しかも、毎回持ってきた料理は各個室でカードが1枚ずつとられ、リクエスト結果を伝票でメモしていくので、次に呼んだとき担当者が変わっても引き継がれ、間違いもなく次の料理がでてきます。なかなか出ない、どんどん出すぎ!はなし、違う人にいちいち説明しなくてよく、ストレスなく食事が続けられます。飲み物のリクエストも含めてボタンで呼ぶ形になっています。また、追加料理もメニューに「こちらの料理は10~15分ほどいただきます」などと所要時間が付記されており、心の準備ができるんですね。

旅館の夕食のストレスのひとつである食事のペースを解消するスタイル、素晴らしいと思います。


さて、朝食のほうです。
ビュッフェスタイルの朝食会場がとなりにあります。7~9時の間に好きな時間にいただくスタイルです。
d0080998_23100259.jpg


広い朝食会場に、所狭しと種類豊富なおかずやご飯、パン、サラダなどが並べられています。ちょっとした食材の工夫など、楽しい並べ方ですね。
d0080998_23101449.jpg
d0080998_23101984.jpg
d0080998_23103291.jpg
d0080998_23103650.jpg
d0080998_23104458.jpg
d0080998_23105008.jpg
d0080998_23105477.jpg


さらに楽しいのは、取り皿や小鉢がたくさん種類が置かれていて、こちらも楽しめます。旅館のビュッフェって、大きなお皿にぐちゃぐちゃに乗せてきて、味も混ざってイマイチってところが多いのに、こちらは違うんです。器も楽しくて、ついついたくさんとってきちゃいました^^

d0080998_23110773.jpg

朝食の味も、まあそれなりと言えばそれなりですが(苦笑)、工夫がされている楽しさがあります。食べ過ぎるのが難点か?(笑)


以上、食事の紹介でした。

総括して、温泉風呂つき部屋ははまればとってもくつろげます。自分のお部屋のような感じですから。お風呂もバラエティがあり、楽しく、食事もシステムを工夫していますので、週末でも1万円台というのはすごいコスパだと思います。

温泉目当て&のんびりした方に派お勧めです。

我が家は旦那が食事にモノ申しておりましたので、どうすっかなあ・・・夕食なしの1泊朝食つきってのがあるから、そっちがお得か?(笑)

さて、帰りは・・・


More
[PR]

by totoro6008 | 2014-01-26 22:00 | 大鷹の湯  

西那須野温泉 大鷹の湯(3) - 温泉編

西那須野温泉「五つ星源泉の宿 大鷹の湯」、次は温泉編・・・お風呂です。

たくさんのお風呂があります。しかも部屋にも露天風呂!1泊では十分堪能しきれません^^。

こちらの源泉は、とても豊富でとろみのあるすばらしい湯質です。宿の紹介は以下です。源泉かけ流し」への自信と誇りを感じる力強い言葉です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
源泉そのままに、循環せず、何も加えず、新鮮なお湯がお1人ごと十分に触れられますよう真の源泉掛け流しをご提供します。 当旅館ではこの「療養」として期待される真の源泉をご堪能いただけます。

マイナスイオンを多く含んだぬめり感のあるお湯は、湯上がりにはすべすべになると評判です。 乳液のような肌触りをぜひともお試しください。

国内で1%しか利用することの出来ない新鮮な湯をそのままに源泉五ツ星の湯をお届けします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんでも、かの有名な秋田県の玉川温泉岩盤浴と比較してマイナスイオンが1.8倍あるそうな。効きそうなお湯ですね。入った感じは、とにかくやさしい、とろみですべすべ、という湯質でした。


まずは大浴場です。
チェックイン前に利用しました。こちらのみ日帰り利用もできます。
男女別の暖簾です。
d0080998_23272802.jpg
d0080998_23273453.jpg

中にはいると、こちらが脱衣所です。私が入った時は、脱衣所に誰もいなくて、お風呂にはいって少ししたら、こちらも一人になるというラッキーでした。

d0080998_23274807.jpg
d0080998_23275270.jpg

湯気がたっぷりこもっているので、まともな写真はとてもとれません^^でも昔ながらの古い湯船と洗い場の風情がご覧いただけますでしょうか。

d0080998_23281967.jpg
d0080998_23280143.jpg

d0080998_23280954.jpg

d0080998_23282554.jpg
チェックイン後にまずはいったのは、裏山の上(?)にあるこちらの半露天風呂です。男女別にわかれています。写真は女風呂です。

この階段を上がっていきます。

d0080998_23290651.jpg

階段が危ないので、遠回りですがこの階段もOKです。途中に温泉神社がありますよ。

d0080998_23462651.jpg
d0080998_23312502.jpg

お風呂の暖簾です。簡易な建物の雰囲気ですね。
d0080998_23300476.jpg
脱衣所は屋根も壁もありますが、簡易な建物なので、暖房もなく、ちょっと寒いかな。
d0080998_23301315.jpg
d0080998_23301935.jpg

八角形の湯船は、部屋風呂を大きくしたような感じ。もちろん部屋風呂と違って複数の方がはいれる大きな湯船ですよ。

寒くて、冬場に洗い場は使えないですね。半露天ですが雨や雪が降ったら入りづらいかな。脱衣所に番傘がありましたが、使ってまで入る人がいるでしょうか?

d0080998_23304779.jpg

d0080998_23303873.jpg
d0080998_23310494.jpg

さらに、貸切岩風呂が2か所あります。
別棟になっており、以前は男女風呂だったようです。空いていればいつでも使えるスタイル。フロントのこの鍵場所を見て、鍵があれば借りて行きます。

d0080998_23315025.jpg

まずはNo.2のお風呂にはいりました。
こちらの建物の奥側です。

d0080998_23510445.jpg
d0080998_23320562.jpg

扉をあけるといきなり脱衣所です。脱衣所とお風呂の仕切りがないので、かなり湯気がこもっています。

d0080998_23321031.jpg

中を見てびっくり!とっても大きなお風呂なんです。5m x 3m ぐらいはあるでしょうか。泳げそう^^10人ぐらい入れそうな湯船です。ほんのり灯った湯船と岩が幻想的な雰囲気です。いや~こんなに広いお風呂で貸切は、本当に贅沢です。
d0080998_23322306.jpg
d0080998_23324212.jpg
翌日に頑張ってNo.1のお風呂もトライしました♪
こちらです。
朝日が差し込んでとてもいい雰囲気です。No.2とは違うレイアウトですが、同じぐらい広さはあり、ゆったりできます。ただ、脱衣所にも湯気がそのまま来るため、脱衣所がかなり濡れてしまうのが玉に疵。お風呂は抜群です。
d0080998_23341077.jpg
d0080998_23341411.jpg
d0080998_23342405.jpg

飲泉もあります。フロントの横で飲むことができます。食前に2回ほど飲みました。塩っけもないので飲みやすいですね。

d0080998_23330031.jpg
というわけで、お湯三昧なお宿です。

ただ、建物のしつらえ、手入れ、お風呂の風情などは、高級旅館と比べるとやはりちょっと・・・という感じです。まあ、露天風呂付で一万円台の宿ですから、そのあたりは割り引かないといけませんね。お湯を楽しむことに特化した利用、でもその割にはバラエティも楽しみもある、といった感じでしょうか。

さて、次は食事の紹介です。

[PR]

by totoro6008 | 2014-01-21 21:00 | 大鷹の湯  

西那須野温泉 大鷹の湯(2) - 客室編

西那須野温泉 「五ツ星源泉の宿 大鷹の湯」、次は客室編です。

「別邸 鷹山」の門をくぐり、この建物にはいります。
d0080998_21591958.jpg

廊下の左右にお部屋が並んでいます。吹き抜けがとても良い気持ちです。
入口に浴衣がたくさんあり、選べます(写真撮り忘れ^^)。
d0080998_21584588.jpg
客室は203号室です。8畳の炬燵部屋と8畳のベッドルーム、そして外には露天風呂がデッキにあります。ぶれぶれの写真が多くて失礼!
d0080998_21580975.jpg
d0080998_21593940.jpg
d0080998_22503821.jpg
d0080998_22000459.jpg
暖簾の向う側がベッドルームになっています。少し高くした畳台の上にダブルの布団が2組引いているスタイルです。お布団がとても大きいので、家族4人で川の字に寝る人でも十分な広さだと思いました。
d0080998_22001351.jpg
d0080998_22001975.jpg
d0080998_22500276.jpg

お茶のセット、お湯、冷水ポット、空の冷蔵庫、とチェックイン後は各自で自由に・・・とのセッティングです。
d0080998_22551980.jpg

d0080998_22504714.jpg
d0080998_22505343.jpg

洗面所はそれほどひろくありませんが、改装されているのか、使い心地が快適でした。化粧品やせっけん類など、売店のプロモーションもかねてか、たくさんのアメニティがそろっていました。
d0080998_22505859.jpg
d0080998_22511011.jpg


トイレがだだっ広かったのにはびっくり!この木の椅子?はなんでしょう(笑)
d0080998_22510523.jpg

お部屋の露天風呂は八角形です。かけ流しの温泉がは注がれており、お湯はとてもやわらかです。蛇口をひねって湯量で湯温を調節でます。ちょうどよい湯温にするのがわりにたやすく、かけ流し温泉の部屋風呂は温度調節が難しい中、ここはとても快適でした。ただ、二人ではいるにはちょっと狭めかな。

吹きさらしなので、とにかく冬は寒い!洗い場はとても使えませんでした。
写真とりそびれましたが、この手前にデッキに椅子とベンチがあり、ここでくつろぐこともできます。季節の良い時はいいですよね。

d0080998_22514447.jpg
d0080998_22525733.jpg
ちなみに、もう一回り広いお部屋をちらっとのぞいたらこの大き目のお風呂でした。こちらの方が雰囲気、サイズとも断然いいですね~。
d0080998_22530890.jpg
こたつでほっこり、いつでも寝られて、お部屋にお茶もお水もお風呂も・・・自宅でくつろぐような雰囲気のお宿です。

さて、次はお風呂の紹介です。

おまけ


More
[PR]

by totoro6008 | 2014-01-20 21:00 | 大鷹の湯  

西那須野温泉 大鷹の湯(1) - 到着編

少し間があきましたが、年明けに行った宿の紹介を始めましょう。

まずは「西那須野温泉 五ツ星源泉の宿 大鷹の湯」の滞在記です。
良く拝見する温泉好きの方々のブログで気に入ってリピーターになっているというのこと。予約も取りにくいということで、とっても気になり、一度行ってみたいと思うもののなかなか予約がとれません。あるとき、ネットで空いている週末が見つかり、思わずぽちっとしてしまいました。

千葉県の我が家からはこちらへは国道で向かう方がショートカットです。もちろん高速が全部がらがらならOKなのですが、たいていどこかで混むので、それなら下の道ってことで・・・

余談でずれましたが、要するに国道で寄り道をしたってわけです。
大田原にあるお肉屋さん「和気精肉店」、コロッケとメンチカツが人気なんです。以前一度寄ってとてもおいしかったので、また来てみました。

あらら?地図と違う場所??・・・どうも以前場所から数百メートル奥に、少し位置が変わってリニューアルしていました。街角の昔ながらのちっちゃなお肉屋さんだったのに、立派な看板にお店、そして数台の駐車スペースまでありました。

d0080998_20185516.jpg
d0080998_20190466.jpg


中にはたくさんのコロッケなどがどんどん揚げられています。数人並んでいました。

d0080998_20193909.jpg

ほくほくのコロッケ100円とメンチカツ130円を車の中で頬張って、ランチでした♪コロッケはスパイシーな味付けに変わり野菜いりでおいしかったです。でもメンチカツが、ちょっと脂濃かったかな。
d0080998_20334265.jpg
d0080998_20334826.jpg


さて、大田原から西那須野はほんのすぐ。
車で数十分ばかりで到着しました。入口の写真はとりそびれちゃいました^^。住宅街もあるような場所、少し郊外にはいったところである門構えを車でくぐってはいりました。
d0080998_20440005.jpg
d0080998_21520198.jpg

お宿のマスコット犬、ムックちゃんです。なかなかおしゃまさん♪とっても人になつっこいんです。今まで行った宿のワンちゃんのなかで一番キュートでいい子でしたね。

d0080998_21365725.jpg
d0080998_20375517.jpg
d0080998_20403691.jpg
d0080998_21374943.jpg


お宿の建物がいくつか並んでおり、その奥に駐車場がありました。まずはこちらに駐車しました。

d0080998_20440746.jpg

チェックインのエントランスはこちらの建物です。
提灯が温泉らしさを感じさせますね。

d0080998_20374630.jpg

中にはいりました。
カウンター内はスタッフの方が忙しそうです。
この左側に出口があり、隣の大浴場とマッサージ室があります。
d0080998_20382931.jpg

ロビーとお土産売店があります。この奥が食事処です。
d0080998_20383494.jpg

到着したのは13時過ぎです。まだチェックインまで時間があります。
そうなんです。
今回はこの宿の整体が売りということで、事前に予約をしてありました。チェックイン前にお風呂にはいり、そして整体でマッサージ・・・という段取りにしていました。

チェックイン前のお風呂やお湯については、後ほど温泉編の時にまとめて紹介しましょう。湯気だらけですが湯船をちょこっとだけ。

d0080998_21451563.jpg

お風呂上がりの一杯♪・・・そう、お風呂の外でコーヒー牛乳をぐびっと飲みました。なんだかちょっとしゃれた自動販売機かな?
d0080998_21433282.jpg
整体の建物は写真を撮りそびれちゃいました。ベッドが2つ並んでいて、資格を持った整体師によるマッサージを60分、たっぷりしていただきました。カウンセリングみたいなことをしてもらいながらのマッサージ、なかなか上手でした。

というわけで、チェックインしてお部屋に向かいます。
離れの「別邸 鷹山」です。

d0080998_21501169.jpg
今日はこのあたりまで♪
次はお部屋編です。

[PR]

by totoro6008 | 2014-01-19 22:00 | 大鷹の湯