「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:グルメ( 11 )

 

2015GWの旅(3)- 唐津ぶらり&ランチで寿司編

2015年GWの旅、福岡を出て次に向かうは唐津です。
福岡でレンタカーを借りて九州をまわります。

唐津へは1時間弱で到着しましたので、ランチの前に少し時間があります。
いくつか陶器店や窯を見て回りました。

こちらは唐津の山側にある「三玄窯」です。
緑深い山の中にある静かな窯です。中里重利氏の窯のようです。


d0080998_20115560.jpg
d0080998_20120552.jpg
d0080998_20121557.jpg
d0080998_20121517.jpg


こちらで、小皿をふたつ買いました。豆皿に近いサイズですね。
唐津焼らしい渋い深みのある色で挿絵と器の形が気に入りました。

d0080998_21042979.jpg

さて、本チャンのランチです。
お寿司は「やすけ」というところに予約を入れました。
有名な「つく田」の大将松尾さんのお兄さんのお店です。「やすけ」のほうがちょっと手ごろってのもあって^^。駅からほど近い路地にあります。

カウンター後ろには、たくさんの唐津の作家ものの器が所狭しと並んでいます。

d0080998_20142877.jpg
d0080998_21303399.jpg
d0080998_20143900.jpg

地の魚を中心に光物、イカなどを食べさせてくれるお店です。握りのコースをいただき、そのあと追加でいただきました。光物がおいしい!イカがやわらかくて、仕事がすばらしい!

d0080998_20152058.jpg
d0080998_20152026.jpg
d0080998_20152086.jpg
d0080998_20152102.jpg
d0080998_20152090.jpg
d0080998_20152052.jpg
d0080998_20152138.jpg
d0080998_20152155.jpg
d0080998_20152170.jpg



・・・そして、一番おいしかったのは、つまみで出してもらった二品でした、って寿司屋に失礼ですね。クジラの腸と地元の貝(あわびのようなもの)のぬたです。漬物もおいしかったですよ。今度はお酒も飲めるときに行きたいです。


d0080998_20152107.jpg
d0080998_21044552.jpg
d0080998_21044545.jpg


街中は唐津焼の「やきもん祭り」であちらこちらの店で展示が行われています。少し見て回ったあと、次の宿に向かいました。

[PR]

by totoro6008 | 2015-05-19 21:00 | グルメ  

京都散策(2)- グルメ&お買い物編

京都の旅、次はグルメとお買い物です。

まずは東京から京都に飛んで行って夜いただいた食事からです。
祇園にある「西洋厨房いとう」というカウンターフレンチに行きました。友人の紹介です。

ワンオペのこぢんまりとしたお店で、知恩院前交差点から少し裏手なので、ふらっとは目につきにくい場所です。

d0080998_20361333.jpg
遅い時間だったからか、一組しかいらっしゃらず、私たちがはいって4名でした。お話ししながらゆっくりといただけ、京都の野菜や素材たちが楽しく踊るようなメニューが楽しめました。手書きのメニューが個性を感じさせますよね。

d0080998_20362094.jpg

アミューズはシャンパンでスタート、カウンター越しにシェフの手仕事を眺めながら。

d0080998_20374726.jpg

一気に写真で紹介しますね。
一口アミューズで軽く慣らし、次の温野菜のサラダは京野菜の美味しさに感激です。

d0080998_20374762.jpg
d0080998_20374896.jpg

ゆでた鮑の肝にはびっくり!苦味がワインとあいます。

d0080998_20374877.jpg


海の幸フリカッセは、白身の魚はなんだったかしら?(すでに忘れてる^^)ホワイトアスパラにオマールエビのソース、雲丹が最後にどーん。とろけるようにおいしいです。

d0080998_20374863.jpg

タケノコとフォアグラのマリアージュ、ホワイトトリュフの香りがたっぷり、幸せです。

d0080998_20374839.jpg

本田カレイの蒸し煮、九条ネギの甘味がとろりと絡みます。

d0080998_20374865.jpg

メインで選んだのは霧島産の野鴨。臭みもなく、ソースに野菜に堪能しました。(食べかけ失礼!)

d0080998_20374832.jpg

最後はデザートでなく、チーズで行きました。ブルーチーズがいいわ。

d0080998_20374860.jpg

量もちょうどよく、ワインをちびちびいただきながら、肩ひじ張らず楽しいフレンチなひと時でした。
翌日から和食ばかりになったので、結果的に選択は正解でした。

さて、次には器のお買いものです。
2か所で購入しました。

まずは「久保田」というこぢんまりとした陶器屋さんです。姉小路通りにあるところでHPもないようです。散策でフラット入って気に入ってしまったところです。1000円ぐらいからお高いものはセットでウン十万までありましたね。

もう一つは、東山駅の「うつわや阿閑堂」です。雑誌やHPでも人気の骨董も扱う器やさんでした。はいると所狭しと器の山、山、山!びっくりです。このなかから、お気に入りを選びました。

戦利品はこちらです。結局お皿っぽいものばっかり^^。5~6寸のものです。本当は変形の小鉢がほしかったのですが、ちょといいなって思ったのが1万円以上!断念しました。

d0080998_20284385.jpg

さて、話は飛んで錦小路の市場です。
京都の最後にいろいろ買い込むための散策です。話に聞く通り活気ある通りで、観光客で混みあっていました。

d0080998_23521250.jpg
d0080998_23521252.jpg


京都といえばお漬物。いろいろな店で味見をして、こちらの「桝悟(ますご)」にしました。甘めの味付けが好みに合ったのでしょうね。どこもおいしいですよ。東京にも出ているようですが、その場で付けた奈良漬などは京都も本店ならではでしょうね。

d0080998_23512707.jpg


新幹線で食べるアナゴ寿司も錦市場で買いました。大将がその場で作ってくださいましたよ。

d0080998_23512743.jpg

そのほか、湯葉や生麩などいろいろ市場で買い込みました♪


もうひとつ、立ち寄ったのは、だしのお店「宗達(そうたつ)」です。
錦小路から歩いて2-3分の所にあります。
店内のカウンターで、デモンストレーションのように利き酒ふうにおだしをいただけるので、面白くてはいってみました。

d0080998_23504421.jpg


かつおや昆布の種類、削り方、ブレンドの仕方など、様々なバラエティがあることを舌で学ばせていただきました。

d0080998_23504431.jpg
d0080998_23504402.jpg

出汁はこちら。ね、利き酒でしょ?!
まずだしだけ、それから割り下のような醤油をいれての違いも。

d0080998_23512782.jpg
d0080998_23512794.jpg

そのだしを使って炊き込みごはん、お浸しもいただきました。

d0080998_23512724.jpg

というわけで、まんまと商売に乗せられ(笑)、いろいろ買ってしまいました^^

d0080998_23512706.jpg

以上、グルメ&ショッピングでした。

さて、この後はホテル&宿滞在記にはいります。



[PR]

by totoro6008 | 2015-04-27 21:00 | グルメ  

熱海 蓬(よもぎ)夕食

熱海温泉「三平荘」の宿泊でそとごはん、こちら「蓬(よもぎ)」でした。信頼できるグルメと宿泊を紹介サイトで教えてもらったお店です。伊豆山温泉の元老舗宿「蓬莱」の料理長だったかたが始めた小料理屋的な和食のお店です。

三平荘から歩いて5分ほど、細い道にはいったところにあります。以前ランチに来た時、結構探しましたね。

d0080998_21522198.jpg

料理はおまかせで依頼しました。
お席は、奥のお部屋にセッティングしていただきました。

d0080998_21530343.jpg

お酒のメニュー、どの日本酒をとったかしら?
失念です。うちは純米しか基本呑まないので、杉錦と磯自慢だったのでは?

d0080998_21572728.jpg
d0080998_21533129.jpg

まずは、前菜3品です。
白和え(春菊と柿だったかな?)、からすみ、サツマイモを仕立てたものです。「二の酉」と書いた紙に包んでいるのがお芋ですね。からすみは自家製で大根とで相性よくとても日本酒が進んでしまいました。白和えもお出汁とよくからめて、品よく仕立てています。おいしかったですよ。

d0080998_21573555.jpg

d0080998_21533100.jpg
d0080998_21533185.jpg
d0080998_21533108.jpg

伊勢海老の鬼殻焼です。
焼きたて、風味よく、熱いところをはふはふいただきました。

d0080998_21533145.jpg

大きな生ガキが出てきました。とろりとミルキーに甘いです。
つるりと一口!

d0080998_21533164.jpg

椀の物は、平目のだしで炊きこんだもの。シイタケとなんだったかな?
脂ののった魚から出る滋味深い出汁でした。

d0080998_21542412.jpg

お刺身は、鯛、イカ、鮑などです。新鮮なよいものを仕入れています。

d0080998_21542407.jpg

これはマグロのからし醤油だったかしら?

d0080998_22153364.jpg

このあわびの肝、絶品でしたよ。お酒のアテに最高です。

d0080998_21542427.jpg

焼き魚はハタだったかしら。すみません、ずいぶん前でかなり失念多く^^。

d0080998_21544709.jpg
d0080998_21544767.jpg

大根と豚三枚肉のこっくりした煮つけです。白髪ねぎがよいアクセントです。

d0080998_21544858.jpg
d0080998_21544871.jpg

ユリ根や銀杏の餡かけでです。ユリ根の軟らかさと甘さが滋味深い。わさびでこの甘さを〆ます。

d0080998_21550645.jpg
d0080998_21550655.jpg

お食事はシラスごはんでした。こんなにおいしいシラスごはんは初めていただきました。おなかいっぱいなのに、完食してしまいましたよ。

d0080998_21551680.jpg

食事とともに、牡蠣フライが出てきました。カキフライって普段あまり私は好きでないのですが、牡蠣がいいので、ぺろりと行ってしまいました^^。

d0080998_21552300.jpg

デザートは庵と白玉とフルーツでした。

d0080998_21552558.jpg


素材の扱い方、出汁のよさに、とてもおいしい懐石のコースをいただくことができました。少し上の料金でお願いしたせいか、ちょっと豪華な食材を意識されずぎたように思いました。好みをしっかり伝えてアレンジしてもらうべきでしたね。

おいしかったです!また行きたいですね。
おいしいお店を紹介していただいて感謝です。
熱海の宿は素泊まりか片泊まり限定ですね^^。

[PR]

by totoro6008 | 2015-03-29 22:30 | グルメ  

マノワールダスティン

少し間があきました。
ちょこちょこ食べる方は発見もあるのですが、ぼちぼちアップさせていただきます。
今日は、13年12月に訪問したフレンチレストラン「マノワール・ダスティン」です。

銀座6丁目の好立地にあるわりに小ぢんまりとしたフレンチのレストランです。お店が小さなビルの地下なのでふらっとは見つかりにくいかも。シェフは知る人ぞ知る巨匠(というのかな?)五十嵐氏、多くの後輩を排出し、各地でレストランを開業、人気のあるところもけっこうありますね。五十嵐氏の料理はこだわりの食材で、素材力を生かした力強い個性を感じる品々です。はっきり言って普通のメニューは少ないです^^。内臓などを得意としているので、ちょっと苦手な人もあるかも。ワインはグラスが赤白あわせて6種類程度用意してくれるので、私はこちらで料理にあわせたお勧めのグラスワインがとても好きです。

ウンチクはこのぐらいにして、料理の紹介といきましょう。すみませんが、メニューをかなり忘れてしまっており、雰囲気をお楽しみいただくということで、ご容赦くださいませ。

まずはシャンパンで乾杯です♪
d0080998_23173006.jpg

こちらに来ての楽しみは、その日の素材をワゴンで紹介してくれることです。今回はジビエ、きのこ、アスパラなどを見せていただき、私はこちらオンパレードにしました♪これを見てしまうと、コースにまず目は行きませんね。アラカルトで少しずついろいろが楽しいんですね。

d0080998_23174404.jpg


スターターのアミューズは、定番ブータンノワールです。
となりの鯖の酢〆めはおいしい!次の料理をそそるアミューズですね。

d0080998_23440918.jpg

次のスープは冷製のポタージュだったかしら?失念です^^

d0080998_23175567.jpg

言わずと知れた五十嵐さんのスペシャリテ 人参のムース コンソメジュレとウニ添え です。主人がとったのを確か横からもらった記憶が・・・。
d0080998_23181763.jpg


オイスターが旬です。焼いたものと生のジュレをいただきました。主人とどっちをとったっけ?
d0080998_23183637.jpg
d0080998_23190019.jpg


アスパラは南半球のものだったと思います。チリかオーストラリア産か?シンプルにバターソースでいただきました。
d0080998_23192364.jpg
d0080998_23194903.jpg


こちらもスペシャリテ、パイ包みと白子なんですが、何だったかしら?う~むこちらも失念。
d0080998_23195819.jpg
d0080998_23200829.jpg


主人の方は別のジビエパイ包みです。これは確か鹿だったかしらん?

d0080998_23201763.jpg
d0080998_23203688.jpg


おなかいっぱいなんで、デザートは軽いものをとりました。
冷製のトマトソルベ、だったかな。

d0080998_23204566.jpg

〆は、ハーブティにしました。ミントとカモミールだったかと。このプチフールもなかなかおいしいんですけど、このあたりになると満腹でいつもなかなかたっぷり楽しめないんですよね。ワゴンもあるのに・・・。
d0080998_23211338.jpg


というわけで、食材とアラカルトを選ぶ楽しみをいつも堪能させていただいているレストラン、「マノワール・ダスティン」の紹介でした。あまり正確なメニューを覚えてなくてゴメンナサイ。またお世話になります♪

[PR]

by totoro6008 | 2014-03-15 23:50 | グルメ  

古橋亭

ちょっと変わったところで、茨城県大洗町にあるリストランテ「古橋亭」をご紹介しましょう。

大洗は茨城県水戸市の少し南側にある県内有数の海水浴場と漁業の港がある町です。東日本大震災で海岸沿いは津波でかなりの被害を受け、このレストランも一時期閉鎖していたと聞いています。「古橋亭」との出会いは、もう20年ぐらい前になるでしょうか。大洗や那珂湊という魚市場に行く際、ちょうど見つかった海沿いのちょっとおしゃれなイタリアンレストランでした。その後なかなか寄る機会がなく、また予約もとれなくて、長年間があいていたのでした。

お店にはいると、カウンターがあって、奥にテーブル席が並びます。

d0080998_22522133.jpg
d0080998_22524203.jpg

コースは電話で予約をしており、お任せにしてありました。
ご主人一人での調理場なので、単品での選択は基本的にほとんどないんですね。あとはサーブに奥さまがいらっしゃいます。


ドリンクメニューはあります。
d0080998_22525015.jpg
テーブルセッティングは、おしぼりにきれいなナプキンでアットホームな感じです。

d0080998_22561754.jpg

さて、コースの開始です。
スープはジャガイモのポタージュだったかな?

d0080998_22562415.jpg
d0080998_22563037.jpg

サラダは、シンプルなグリーンを中心とした新鮮野菜に、オリジナルドレッシングが絡んでいました。

d0080998_22563993.jpg
d0080998_22564849.jpg


前菜です。まだ・・・前菜ですね(笑)。新鮮な魚介類と生ハムが添えられていました。確か、左右の2つはシマアジで無花果をくるんだものです。甘味と脂が口の中で合わさった不思議なやわらかい食感で、新鮮だからこそいただけるものです。お寿司みたいな造りがいいですね。


d0080998_22571009.jpg
d0080998_22573140.jpg

キッシュです。ラタトゥーユを添えて。これもうまい!まだ前菜(笑)
d0080998_22574434.jpg
d0080998_22573864.jpg

パンも柔らかくさくっと、つい食べ過ぎちゃいますね。

d0080998_22575248.jpg

メインはお魚をいただきました。うーん、なんだったかな?ソテーですが^^
d0080998_22580328.jpg
d0080998_22581114.jpg

そしてパスタです。量を抑えてもらい、2種類。ブラックオリーブのペペロンチーノと、アラビアータのパスタです。どちらもアルデンテでアツアツに絡んだソースとすーっとはいって、あっという間になくなりました(笑)。少なかった??

d0080998_22583537.jpg
d0080998_22584983.jpg

最後はデザートです。シャーベット、チョコレートケーキ、チーズケーキです。食感、味、温度のコンビネーションで最後まで楽しませていただきました。

d0080998_22585976.jpg
d0080998_22590799.jpg
うわ~すごい、っていうものはないんですが、これだけいろいろなアイテムで楽しませていただき、コースの料金は3000円台というから驚き!!

たっぷり楽しませていただきました。
こちら方面にいったらぜひよりたいレストランです。

ちなみに、予約必至ですよ。

d0080998_22593231.jpg

[PR]

by totoro6008 | 2014-03-04 21:00 | グルメ  

ひろ庵

お泊まりねたもあまりないので、グルメねたをいくつか紹介していきます。

まずは、14年1月に行った「ひろ庵」です。
六本木にある東京ミッドタウンの向かい側のビル2Fにひっそりある割烹小料理屋です。カウンター8席だけのこじんまりとしたスペース、白木のカウンターがとてもすがすがしい雰囲気です。友人のお気に入りで、ランチは1000円でやっていて、人気なんだそうです。夜もわりに手ごろな懐石コースを供しています。
d0080998_22020468.jpg
わたしたちが行ったときは、なんとほとんど二人だけでした。ご主人お話しながら贅沢な時間を過ごしました。

料理はこんな感じです。
コースの内容は上記白木のカウンター写真の上に張ってあるメニューです。


あなごとうに、アボガドをのせたカナッペです。いい感じのスタートですね♪アイデアの勝利!
d0080998_22021942.jpg

おつくりは、途中まで食べて写真になっちゃいました^^新鮮な白身はなんだったっけ?
d0080998_22023226.jpg

あんこうの肝を使った一品は、ポン酢系のジュレが絡んでいい口当たりです。

d0080998_22034332.jpg

ぷりっぷりの牡蠣は、べたにおいしい!

d0080998_22035467.jpg
d0080998_22051665.jpg

もちろん、日本酒にあわせます!手に入りにくいものをいれていて、「神鷹」をおすすめいただきました。

d0080998_22073695.jpg

さわらにたけのこなどを合わせた一品。

d0080998_22040892.jpg

おどろきは、ここでパスタです。人気なんだそうで、定番でいれるようになったそうな。ボリューム抑えめなので、これが一番ボリューミーかも。菜の花とイカを使って、和風パスタに仕立てています。

d0080998_22054913.jpg

d0080998_22060759.jpg

新鮮野菜を蒸し上げたもの。いい野菜をシンプルに食べさせる一品です。塩で十分おいしい!

d0080998_22062147.jpg

d0080998_22063886.jpg

お肉は、牛をたたきにしたもの。一番人気です。ランチでもこれが人気だそうです。ご主人曰く、ひとりでコースを仕立てると、造り置きと出来立ての具合をはかりおいしく供することができる牛肉の火の入れ具合などを研究して、これに至ったとか。

d0080998_22081705.jpg

このあと、水菓子があったように思うのですが、写真をとりわすれで^^

すごい素材とか驚くような手法は特にないのですが、素材の良さを品よくアクセント付けてまとめたいい感じ小料理屋でした♪欲いえば、がつんと個性の一品あってもいいかな^^;。

[PR]

by totoro6008 | 2014-03-03 21:00 | グルメ  

これでも一応主婦?&ニューホテル話題

d0080998_23383620.jpgみなさま、こんにちは。
今日はせっせこ「主婦」してました♪
だんなが食いしん坊(と人のせいにする・・・むむ)でおいしそうなものがあったら、「材料」で買ってくるもんですから、これが大変!本日はローストビーフとロールキャベツをたっぷりつくり、平日分も食事完了って感じです。おなべの中のままなのでちょっと醜い姿ですが・・・一応これロールキャベツです、ハイ。煮込むとおいしいんですよね。で、これは明日のおかず♪

Pockieらしい話題もちょっと。
近々開業の外資系ホテルのラインナップがまとめて見られるHPがありました。

http://babu.com/~evergreen/information.html

2006年12月 ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ
2007年(3月?) リッツカールトン東京(六本木)
2007年(秋?) ペニンシュラトーキョー(日比谷)
2009年 シャングリラ東京(丸の内)

キラ星ですねぇ。実は私、とっても興味津々なのが箱根のハイアットなんですよ。
リゾート&温泉が大好きなPockieにとって、ホテルの快適さと共存する施設ができるなんてとってもうれしい!お部屋は平均68平米というゆとり。もしかしてヒルトンの小田原にちょっと似てるのかなあ?予約開始は11月1日だそうです。行ってみたい!
[PR]

by totoro6008 | 2006-10-15 23:42 | グルメ  

「フロマージュ」は畑のなか?

d0080998_11283530.jpgみなさん、こんにちは。
連休いかがお過ごしですかあ?
私は特に予定もなく、ぷらぷら・・・
地元紹介の「まっぷる 柏・松戸」が出たので何気に買ってしまい、ここに載っていたケーキ屋さんに行ってみました。「樹庵」という喫茶コーナーもあるところがおいしいらしい。さて突撃!

d0080998_11284744.jpg店舗は、なんと畑のなかにポツネン!ああ、ここも田舎だなあ。そんなに住宅街から遠くないのに、思わずため息。
店に入ると・・・うーむ、ケーキは10種類ほどか、以外にバラエティすくないなあ。お味はどうかなあ。そうだ、まず喫茶コーナーで味見とするか?
なーんてわけで、喫茶コーナーに潜入。お得なデザートとコーヒーのセットにしました。私はフロマージュ、アイス、フルーツのワンプレートデザートにコーヒー、主人はほっとアップルパイとコーヒーのセットをとりました。この写真が私のとったフロマージュのセット。お味は・・・うーんまずまずかな。では、みんなに買ってかえろう・・・シュークリームとケーキを。外のテラス席は風も心地よさそうでした。満席であいにく利用できませんでしたが。

ちなみ、夜は日帰り温泉というかスーパー銭湯というか・・・いい温泉とゆったりしたつくりになれてしまった私は、狭くてイマイチな脱衣所にちょっとがっかり。700円というとこの程度なのかな。写真はなし~!
[PR]

by totoro6008 | 2006-09-17 23:00 | グルメ  

パンケーキにぞっこん

みなさま、こんにちは。

念願の・・・帝国ホテル「ユーカリ」でパンケーキ朝食にありつけました!朝食抜きで銀座方面の検査の日。10時台には終わるだろうと見込み、空腹を満たすのはパンケーキにしようと決めたのでした。そうしたら、なんと検査終わったのが10時40分だったのです。11時までの朝食メニューのため、あわてて11時5分前に駆け込み。まだ朝食メニューはOKでした。

店内にはいると、平日のこんな時間にもかかわらず、かなり混雑模様。ビジネスの打合せ客と思しき男性、おしゃべりに花を咲かせるちょっとセレブなマダムたち、おばあちゃまが娘と歓談、はっと目を引くあでやかな女性にちょっときざな中年男性・・・それはさまざまな風景が目に飛び込んできたのでした。一番目に付いたのはマダム軍団が真ん中の大テーブルを占領していたことかしら?

メニューにはパンケーキブレックファーストもありますが、シンプルにしようと、パンケーキにコーヒーのみにしました。さてさて飽きぬ風景にピープルウォッチングなどしながら待つこと約10分、到着したは・・・

じゃーん
[PR]

by totoro6008 | 2006-09-09 02:04 | グルメ  

「フウ(Feu)」にてお食事♪

9月にはいりましたね。心なしか秋風を感じるような涼しい夜でした。
昨夜は乃木坂にあるフレンチレストラン「フウ(Feu)」へ行ってきました。もう10数年来お世話になっているレストラン。オーナーのNさんは相変わらず饒舌で、楽しいお話をするのはいいけど、ちょっと長い?(笑)な~んて感じですね。シェフはもう7代目だそうですが、私は途中のSシェフの時代に魚料理にほれ込みここが好きになりました。今のSシェフも実は9月中に辞めるそうです。このSシェフの料理はなかなか驚きと新鮮さで楽しませてくれたので、またその楽しみを求めに昨日行った次第です。

d0080998_848183.jpg今回はシェフがなんでもコーディネートしますという「感動のメニュー」というのを選びました。これはシェフのお任せではないのです。メーテルドールがお客様と相談し、好み、皿数、テーマなどを何でもアレンジするというもの。自由発想の「お好み」コースですね。私たちの選んだものは、前菜2品と肉コース、デザート、飲物というものでした。魚、肉のメイン2品より前菜2品のほうが楽しいかなと。

岩がきのフライをホワイトアスパラのソースにディップして
ホッキ貝とホタテのソテー、ドライトマトソースの酸味で添えて
鴨のソテー、イエローピーマンの肉詰め添え
ライチアイスクリーム
フレッシュハーブティーとプチフール

メニューが特にないので、説明されたものを思い出しながら書いてみました。フレンチをおいしそうにあらわすボキャブラリーが少なくてスミマセン。一番よかったのが2品目の前菜。ホッキ貝の食べ応えとやわらかさの中間をいくなんとも微妙な食感、ドライトマトのソースの品ある酸味とがうまくマッチし、絶品でしたよ。緑をアクセントにした絹さややオクラを添えたお皿のカラータッチも見た目に楽しい。写真が取利損ねて残念!写真は一品目の岩牡蠣です。
d0080998_8482775.jpgこちらは最後の飲物に添えられるプチフール。ピスタチオのクリーム(白いスプーンの先)、プチチョコレート、(スプーンの柄の先)、ドライストロベリー、チョコムースと4品も。スプーンのような形の先と柄にスィーツを載せるってユニークな発想だと思いませんか?最後にプレゼンテーションがとても楽しいですね。ここにくると最後の飲物はいつもフレッシュハーブティー。ミントなど7種類のフレッシュなハーブをクリアガラスのポットの入れてサーブしてくれます。このプチフールとハーブティーでほっとする仕上げの時間にはいります。
(いつもながら写真がピンとはずれですみません・・・これはケータイカメラでとりました)
フウのHPはこちらです。
http://www.feu.co.jp/menu.htm

うーん、ここのところカロリーオーバーだなあ。。。と独り言のPockieでした。
[PR]

by totoro6008 | 2006-09-02 08:55 | グルメ