「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:川治温泉 寿庵( 3 )

 

祝い宿 寿庵(3) - お食事編

川治温泉「祝い宿 寿庵」の紹介、今回はお食事編です。

お祝いの華やぎをテーマとしているので、食事には力がはいっています。
できたばかりの宿(リニューアルですが)、食事がどうかが一番心配です。

まずこちらの宿、通常のお部屋は食事処ダイニング「割烹 椀」でいただきます。
d0080998_2261278.jpg


特に衝立などなく、オープンになっていてテーブルが配されています。このクラスにしてはめずらしいかな。
d0080998_2264227.jpg


お食事メニューです。
d0080998_22103826.jpg


まずは無花果(いちじく)の胡麻衣です。
まずは葉っぱでかくしたしつらえ・・・金文字が鮮やかです。何が出てくるんだろうという演出です。
初めてのお味・・・なかなかおいしかったです!いちじくがこんな風に変化するのねって。
d0080998_22105423.jpg

d0080998_2211822.jpg


次に竹の皮でつつんだお刺身です。
これもデコレーションな演出。あける楽しみをそれぞれのお皿に。
d0080998_22123656.jpg

d0080998_2213990.jpg


お椀は、馬鈴薯(おいも)仕立ての饅頭がはいったものでした。
お出汁は頑張っていましたが、実はまずまずでしょうか。
d0080998_22141770.jpg


焼物は、鰆(さわら)と鮭(さけ)をあしらって、紅白のイメージにしていたようです。
d0080998_22162841.jpg

d0080998_22164874.jpg


焼物とともに八寸が三品、このように出されてきました。華やかな盛り付けで目を楽しませてくれますね。
d0080998_22165555.jpg

d0080998_22165754.jpg


進肴はごま豆腐です。
d0080998_2219790.jpg


強肴は霜降牛の石焼です。
d0080998_22195752.jpg


最後のごはんが楽しい!
錦秋ご飯と銘打って、野菜、きのこ、魚介類などをちりばめて、見た目も楽しく味もおいしかったです。食べ過ぎ~>
d0080998_2220038.jpg

d0080998_2220423.jpg


最後の水菓子は、焼きイモプリンと柿でした。プリンがつるんとはいって!
d0080998_2223773.jpg

d0080998_22234671.jpg


朝食の演出も負けていませんよ。
メニューがあります。
d0080998_22241397.jpg


かごにあしらい、覆いをつけて驚きの演出・・・手ぬかりなく。
d0080998_22263169.jpg

d0080998_2225193.jpg

d0080998_22261113.jpg


焚きたてのご飯を時間にあわせて土鍋に持ってきてくれます。夕飯と同じですね。これは嬉しいサービスです。たべきれな~い!
d0080998_2227293.jpg


食後のコーヒーでほっと一息。
d0080998_2228297.jpg


とまあ、こんなラインナップでございました。

まとめると・・・・

More
[PR]

by totoro6008 | 2013-11-11 21:00 | 川治温泉 寿庵  

祝い宿 寿庵(2) - お風呂編

川治温泉「祝い宿 寿庵」の紹介、次はお風呂編です。

お風呂は男女別大浴場+露天風呂というスタイルです。夜と朝でいれかわるシステムですが、露天以外それほど違いを感じなかったかな。

暖簾のよこにタオルがあって、こちらを利用してはいります。お風呂にタオルがたっぷりあるのって便利ですよね。・・・ただし、こちらの宿、混んでいたせいか、たっぷりのタオルが切れかかって、朝には「切れて」ました(苦笑)

d0080998_21472618.jpg

d0080998_2147328.jpg


リニューアルしたばかりの宿なので、脱衣所はぴっかぴか♪モダン和風できれいにまとめられています。ゆっくり座る椅子がなかったのがちょっと残念かな。
d0080998_21473775.jpg

d0080998_21481874.jpg


大浴場です。
内湯には湯船が2つあり、1つは薬湯になっています。お湯は少々ぬるめ・・・あとから聞きましたら、内湯は加温せずに源泉かけ流しを楽しんでもらうためのもので、露天は加温しているとのことでした。そういう目的ならどこかにわかりやすく書いてあるか、あらかじめ説明いただければ楽しめたのに・・・とちびっと愚痴(笑)ぬるめの内湯に入る人は少なく、ほとんどの方が露天にいっていたのですから。
d0080998_2152558.jpg

d0080998_21474376.jpg

d0080998_21475194.jpg


露天風呂です。こちらはHPで見たときは眺めもあまりなさそうで狭いかなと思い期待していなかったのですが、はいってみるとなかなか風情もあって居心地がよかったですね。ただ、岩がかなりごつごつしていて、足もと気をつけないところびそうでした。小さなお子さんや年配の方の出入りはかなりつらいと思われます。「ワイルドだぜ~」ってほどではありませんが^^
d0080998_21483048.jpg

d0080998_21483212.jpg


朝の露天は反対側です。朝日がまぶしく気持ちよくはいれました。
d0080998_22441828.jpg

d0080998_22442429.jpg

d0080998_214846100.jpg

d0080998_21484797.jpg


お湯は柔らかい単純泉なのでそれほど特徴がないため、お風呂をメインに楽しむ宿ではないですね。湯あがりの●●がおいし~!というのを期待するには、内湯をもう少し熱くしていただくとうれしかったかな。

さて、この次はこの宿のメーンイベントになるに食事編です。
[PR]

by totoro6008 | 2013-11-10 22:02 | 川治温泉 寿庵  

祝い宿 寿庵(1) - 到着&お部屋編

高湯温泉を後にして東北道を南下、次に向かったのは川治温泉です。途中、塩原温泉郷を通りましたが、特に立ち寄りはせずそのまま川治にはいりました。お宿は「祝い宿 寿庵」です。2013年7月リニューアルオープンという、ほやほやの宿です。元「東山閣」で80年以上の歴史がある宿のリニューアルです。

実はこの宿、泊まる日にテレビ東京の「源泉いい宿」で紹介がオンエアされていたようでした。しかも、私たちの泊まった部屋がオンエアだったのです。宿一番の押しということで。

宿のコンセプトが、名前の通り「祝い宿」「寿」。。。つまりお祝いのハレを演出する宿でありたいというもの。ですのでそこかしこの造りがゆったり、ゴージャス、楽しみ・・・を演出しています。

エントランスです。
d0080998_1573338.jpg


エントランス前を宿側から。ちょっとのっぺりとした駐車スペースなんですね。
d0080998_1575789.jpg


あとからとった写真ですがロビーは、立派な革張りのソファがゆったりと置かれ、日本絵画がかけられ、豪華さが演出されています。空間に余裕を感じさせるつくりです。
d0080998_21918.jpg

d0080998_211219.jpg

d0080998_211533.jpg

d0080998_214393.jpg


エレベータで案内された4Fは「祝」という名前のフロアです。お部屋は一番奥の10号室。
d0080998_1591452.jpg

d0080998_1592620.jpg


スタンダードなお部屋です。最初から布団が敷かれたローベッドと畳スペースです。
d0080998_262154.jpg

d0080998_263665.jpg

d0080998_264453.jpg


窓側にはリラックスチェアと掘りごたつがあります。この竹林の眺めがこの宿一番のおすすめなんですね。
d0080998_265913.jpg

d0080998_2181678.jpg

d0080998_2727.jpg


入口近くにミニバー&冷蔵庫があります。冷蔵庫は空っぽで自販機などで買ってくるスタイルです。
d0080998_2112524.jpg

d0080998_2112815.jpg


トイレと洗面スペースは和モダンのシンプルさです。
d0080998_2113273.jpg

d0080998_2121128.jpg


ゆかたとクローゼットです。
d0080998_2132294.jpg

d0080998_2134321.jpg


さて次回はお風呂の紹介です。
[PR]

by totoro6008 | 2013-11-09 08:00 | 川治温泉 寿庵