「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:炭屋 台の湯( 3 )

 

炭屋 台の湯(3) - お食事編

岩手県台温泉「炭屋 台の湯」の紹介、お食事編です。

和洋折衷で、手作り感がたっぷりです。基本的に数品ずつ何度かに分けて出てくるスタイルです。
酢の物やおつまみ系のお酒のお供がならんで・・・
d0080998_22245292.jpg

d0080998_22245530.jpg


台の湯のお酒をいただいてみました。「七福神」という名前です。
d0080998_22251557.jpg


お刺身は無理して出さなくても・・・山の中なので^^
d0080998_22245836.jpg


お吸い物はそれなりに・・・かにのコキールのような和洋折衷のものがおいしかったですよ。
d0080998_22251964.jpg

d0080998_22251210.jpg


お肉はすき鍋でした。とき卵に付けて食べます。このあと、このだしに卵とご飯をいれておじやにしたらおいしかったですよ。
d0080998_22251781.jpg


ご飯におそば、お漬物、フルーツも一緒にだされました。
d0080998_22253156.jpg


朝食はかなりシンプルでした。
ごく普通です。お米がおいしいとか、もう少し個性を期待したかったかな。
d0080998_22305038.jpg


コーヒーは帰りのチェックアウト時に。
d0080998_22305283.jpg


これから続く食事に備えて、食事で食べさせる豪勢な宿は避けたのですが、もう少しシンプルなりにキラリひかるおいしさを期待したかった・・・というのは贅沢?でもお値段も考えると不満はないかな。

以上、台の湯の紹介でした。
さくっと9時にはチェックアウト、ドライブ再開、北上です♪
[PR]

by totoro6008 | 2013-08-26 22:35 | 炭屋 台の湯  

炭屋 台の湯(2) - 客室&お風呂編

岩手県台温泉「炭屋 台の湯」の紹介、客室&お風呂編です。

お部屋は一番安いトイレなしにして、予算を抑えました。はい、滞在短いのでもったいない^^それだけです(笑)。
2Fにあがると・・・
d0080998_21813.jpg

d0080998_2181199.jpg


ラッキーなことにUGでトイレつきでした!2Fの「りんどう」という部屋です。
d0080998_2174759.jpg

d0080998_2174327.jpg


お部屋は、8畳に縁側つきで、宿の裏側の土盛りがあり、ながめはありません。すだれで目隠しされています。縁側や踏込み、床の間などもあるので、思ったほど狭く感じませんでした。縁側にちょっとゆったりの籐のソファーとオットマンがあります。
d0080998_2173114.jpg

d0080998_2173847.jpg


オットマンの前のスペース、ここに冷蔵庫があるんです。ビールとお水がはいってました。ここは狭さを生かすため、冷蔵庫と空気清浄機が置かれ、上半分は部屋側からあけると布団を入れる押入れになっているのです。
d0080998_21201396.jpg


ゆかたはきれいな柄と色でなかなか良かったですよ。
d0080998_22391871.jpg


トイレは部屋にあるのですが、洗面スペースがないのです。これが意外に不便。
d0080998_22401548.jpg


廊下にある洗面スペースはきれいで使いやすかったですが、いちいち廊下に行くのって以外に慣れてないとt不便に感じるのですね。
d0080998_2182224.jpg


お部屋にお布団を引くとこんな感じです。
d0080998_21321329.jpg


さて、お風呂は1Fです。
お水がお風呂の前に置かれています。これおいしかったですよ。
d0080998_21231672.jpg


最初に女性用だった小さい方のお風呂です。本当に小ぢんまり、ヒバの湯船はどく独の雰囲気のお風呂場です。お湯がかなりあつかったですね。
d0080998_2184489.jpg

d0080998_2185116.jpg


大きい方のお風呂は2倍以上あります。ゆったりとしていて、こちらがわは入りやすかったです。売りのお風呂で写真はこちらを使っていることが多いようですね。どちらも洗い場にはシャワーはついているので、使い勝手に問題はありません。
d0080998_2191188.jpg

d0080998_2191416.jpg

d0080998_2133423.jpg


露天風呂もないので、正統派の古湯の宿ですね。お湯はさらりと良質なのだと思いますが、あついのでかなりツワモノでないのとその良さを楽しむのは難しいかもしれません。家族連れでお子さんは湯船にはまったくはいれないようでした。また脱衣所は冷房がきいていないので、夏はは扇風機フル回転ですね(笑)。

さて、次はお食事編です。
[PR]

by totoro6008 | 2013-08-25 21:41 | 炭屋 台の湯  

炭屋 台の湯(1) - 到着&パブリックスペース編

2013年夏休みの旅は、国内旅行でした。北東北の岩手県、青森県を中心にまわりました。これまでのお泊まりのログがたまっているのですが、まずは夏休みの記録から先にしたいと思います。旅の訪問をつづるというより、ブログでは宿の紹介を中心にアップしていきます。

旅の最初の宿は岩手県台温泉「炭屋 台の湯」です。めざすは本州北端の青森県なのですが、1日で走り切るのはかなりきついので、途中の岩手県で東北道から近いこの地を選びました。それでも400kmのロングドライブ、かなり疲れましたよ。
d0080998_22342164.jpg


台温泉は、花巻温泉の奥にあり、開湯1200年という歴史ある名湯です。花巻ICから車で10分という便利な場所で、こぢんまりとした温泉街なのですが20ほど宿がありびっくりしました。
d0080998_22405883.jpg

d0080998_22405575.jpg

d0080998_22421413.jpg


温泉街の入り口はこのバス停です。
d0080998_2232253.jpg


台の湯は温泉街の一番手前にあります。入口は小ぢんまりです。
d0080998_22351137.jpg


中に入ると、玄関とロビーエリアは畳敷きです。
d0080998_223532100.jpg

d0080998_2236123.jpg


金魚鉢とげたです。
d0080998_2236482.jpg

d0080998_2247890.jpg


古民家風だったり、ソファがあったり、ちょっとレトロなミックスを感じます。
d0080998_22362793.jpg

d0080998_22363034.jpg

d0080998_2236336.jpg


1Fがお風呂、2Fが客室になっています。
この階段で上に上がります。
d0080998_22391226.jpg


それでは、次はお部屋とお風呂の紹介です。
[PR]

by totoro6008 | 2013-08-24 22:51 | 炭屋 台の湯