「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:オークラ東京( 2 )

 

ホテルオークラ東京(2) - グルメ編

ホテルオークラ東京のご紹介、次はお食事・・・グルメ編です♪

無事宿泊できたので、思い切って、初めての「ラ・ベル・エポック」を利用しました。厳密にいうと、私はむか~しのボスがご招待で連れてきてくださったのですが、味など全く覚えておらず、改装前^^。まあ初めてみたいなもんで。

店内は長細い形なのですが、窓側が長辺になるので狭さは感じません。エレガントなメインダイニングですね。
お客様がたくさんいたので、全体が見える写真はとれず。。。
d0080998_2328489.jpg

d0080998_2328733.jpg

d0080998_23285456.jpg


アミューズが2種類でてきました。クラシックな飾り皿の上に出てきましたよ。
うん、食欲そそりますね。
d0080998_23275258.jpg

d0080998_23275845.jpg


パンもおいしくてつい食べ過ぎました。
d0080998_2328241.jpg


迷ったあげくにとったのは、前菜にウニクリームにダブルコンソメのジュレ添えです。ゼリー寄せのテリーヌと迷いましたね。ウニの甘みは生とクリームにしたものと両方楽しめます。じっくりつくりこんだコンソメの旨みがつるっとした食感とともにマッチします。さすがしっかり作ったグランメゾンのコンソメです。トリュフまではいった豪華版♪
d0080998_23281742.jpg

d0080998_23515340.jpg


メニューに迷う私を先導してくださったメーテルドールはプロでした。いろんな会話や説明、間などすばらしいです。初めてのお客様も手のひらでころころと楽しく転がしてくださいましたよ。サービスもごちそうです、まさに!

赤ワインはグラスでいただきました。
ソムリエの方と一緒にパチり♪
けっこうイケメンです・・・よね。
d0080998_2338114.jpg


メインは張り込んで、このレストランのシグニチャーである「絶対の一品」「特選和牛フィレ肉のウェリントン風」

私のヘタな説明より、HPの紹介から引用しますね^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
クラシカルなフレンチとは何か。それは食材のおいしさを最大限に引き出すこと。 牛肉、パイ、シャンピニオンデュクセルとトリュフ。やわらかなフィレ肉に心地よいリズムをつくるために、パイのサクサクとした食感があります。そして、ソースは食材を引き立たせるために存在し、決して出しゃばってはいけません。それぞれがハーモニーを奏でるように、美しい味のバランスを描いていく…。過剰ではなく、シンプルで力みがないこと。ムダな演出を考えるより、おいしさから逃げないこと…。 まずは食べて、その舌で確かめていただきたい、絶対の一品です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

d0080998_23282215.jpg

d0080998_23282644.jpg


思ったより量も多すぎず、じっくり牛肉の旨みを堪能させていただきました、ハイ。
お値段もなかなかですが(笑)

赤ワインがとてもおいしかったので、デザートにせず、チーズをいただきました。となりの「バロンオークラ」同様、チーズの状態がよく、ちょどいい温度管理でどれもおいしかったです。
d0080998_23282927.jpg

d0080998_23283117.jpg


最後にハーブティーとプティフールをいただきました。写真とりませんでしたが、プティフールはトレーでいろいろ見せていただき(ワゴンほどのボリュームではありませんが)、選ぶことができます。
d0080998_23283964.jpg

d0080998_23284230.jpg


は~満足♪久々にしっかり食べた~って感じでした。

夜はおなかいっぱい・・・翌日は朝食パスしまして、遅いランチをルームサービスにしました。

「桃花林」の冷やし中華が食べたかったのですが満席。そのため、部屋にとったという、宿泊者のラッキーです♪電話でルームサービスのオーダーをしたとき、説明、運んでくださったスタッフ、みなホスピタリティはすばらしくプロでした。

冷麺は、のせる具と別々に供されます。これもすごい!たれは、あっさりとした醤油系にしました。ゴマとどうなんでしょう。麺のこしよく、たれもさっぱりと旨みがおいしかったですよ。素材もひとつひとついいですね。

d0080998_23424946.jpg

d0080998_23473520.jpg


お茶はウーロン茶をお茶葉とお湯を別に用意、急須にその場でいれるという手間です。アツアツで入れ立ちの香を楽しめる、すばらしいです。
d0080998_001336.jpg

d0080998_23445756.jpg

d0080998_23464736.jpg


外は暑い中、ホテルの中で大変快適な時間と空間を楽しむことができました。
部屋以外はほかのホテルと比較しづらく、評価は控えましょう♪それぞれに良さ、楽しさがあると思いますね。

ホテルオークラの紹介でした。
[PR]

by totoro6008 | 2013-07-31 23:55 | オークラ東京  

ホテルオークラ東京(1) - その始まりは・・・お部屋編

お泊まりネタの紹介、次はホテルオークラ東京です。何度も利用しているホテル、じつは宿泊はすごーく久々でした。しかもドジを踏んで、けっこう到着からひと悶着でございました。

LHWの会員の期限切れが近づいています。あと1泊で無料泊ゲット!さてどっかに泊まりたいなあ・・・ということで、オークラを選びました。どうせ泊まるなら、久々にグランドコンフォートフロアがいいな♪エグゼクティブレベルに相当するフロアです(ただしラウンジなしですが・・・)。LHWのHPからまずまずなレートで出ていたので、かな~り直前にぽちっとな!・・・しました。

※カメラのレンズカバーの調子が悪く、写真の右下に影があるのはそのせいです。早く修理に出さんといかんのですが・・・見苦しい写真、ご容赦くださいませ。

さて、ホテルに到着です。
チェックインカウンターに行くと・・・

「予約記録が見当たらないのですが・・・
オフィスで再度確認して参ります・・・」

じぇじぇじぇ?!予約ないの?週末で混んでるのよ?今さらおうちに帰れってつらいわ?
とのたまうも、結局どうも予約記録は見つかりませんでした。
しかしながら、ホテル側はオークラ&LHW会員ということを考慮してくださってか、なんとか部屋を当日に用意してくださいました。ほっ♪

しっかし・・・余談ですが、今年に入ってこれで2回目、予約はいっていませんでしたシリーズ。ネット予約で最後のぽちっとのつめが甘いのでしょうか。本当に困ったもんです。こういう時に限って、予約記録をプリントして持っていっていないんですよね。多分私のミスでしょう。「モウロクおばさん、えーかげんにせんか?!」と後ろ向いてほざかれてるんでしょうね。誠に申し訳ございませんm(__)m・・・オークラ様。

前置き長くなりましたが、とにかくチェックインできました。
d0080998_2045685.jpg


お部屋は、グランドコンフォートフロアのダブルルーム、本館の1079号室です。
d0080998_20453341.jpg


ドアをあけると、明るい色調の部屋です。グランドコンフォートはこの感じがいいんですね。
d0080998_20274983.jpg


部屋のレイアウトはこちらをご覧ください。
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/spa/guest_room/comfort_double/

ベッドとドロワー、デスクはごく普通のツインやダブルの配置、小ぢんまりな部屋です。ソファがオットマンつきでゆったり過ごせます。
d0080998_2028231.jpg

d0080998_20282589.jpg


ベッドにあるクッションがきれいな色味とデザインです。ターンダウンの折り鶴が和の演出ですね。
d0080998_2028289.jpg


ベッド横のスイッチ類
d0080998_20283623.jpg


パジャマ
d0080998_2028344.jpg


窓からの眺めは別ウィングの棟が見え、下にはオープンしたばかりのガーデンプールがあります。うわ~んはいりたかったの^^。
d0080998_20283856.jpg

d0080998_20284150.jpg


ウィング・・・・これが本館のレイアウトです。星印が1079号室の位置ですね。
d0080998_20473244.jpg


グランドコンフォートにしたのは、バスルームが使いやすいからです。
d0080998_20275810.jpg


ベイシンはまわりがちょと小さいので物があまりおけない・・・でもアメニティはそろってます。
トイレがシャワーとベイシンに挟まって配置されており、個室でないのはちと残念ですが、狭いところシャワースペースをゆったりとったので、一人泊まりなら問題ないでしょう。
d0080998_20282072.jpg

d0080998_20281273.jpg

d0080998_20335631.jpg


シャワースペースがベッド寄りにあって、ベッドとシースルーになっています。普通はバスタブがベッド側なので珍しい配置です。このシャワーが座るスペースがあり、レインシャワーあり、広々としていてとても使いやすいです。ここからTV見られますね。タオルもたっぷりと置かれており、配置がいいですね。
d0080998_20281558.jpg

d0080998_20281389.jpg

d0080998_20334824.jpg


バスタブはベイシンの反対側です。日本人好みの深さがあります。ブルーのモザイクタイルがレトロな雰囲気を醸し出しています。広さも私は全く問題ないですが、男性はもう一回り大きい方がいいのでしょうね。
d0080998_20281813.jpg


クローゼットには分厚いふかふかのバスローブです。
d0080998_20431891.jpg


ミニバーはわりに普通かな。いいグラスは置かれてましたが、種類は1つ。
d0080998_2044591.jpg


早めに着くつもりが到着が遅れ、チェックインに時間がかかり、ほっとしたらすでに夕方近くです。うわ~残念!泳ぐのもジムもスキップして、ちょっとだけ本館1Fのウィンドーショッピングしました。そのあと部屋でお風呂にはいったら、もう夕餉の時間帯です。

次回はお食事編です。

比較をすると・・・

比較は
[PR]

by totoro6008 | 2013-07-28 21:04 | オークラ東京