「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ANAインターコンチネンタル東京( 2 )

 

ANAインターコンチネンタルH東京(2) - クラブサービス編

ANAインターコンチネンタルホテル東京の紹介、次はクラブサービスです。GWの旅の紹介はそのあとで^^

2013年1月から新たにクラブサービスはどの部屋でも別料金追加(1万円)でクラブサービスを受けられるというシステムに変更となりました。クラブラウンジのアクセス・・・・以外のサービスはどうなったんでしょうか?いる、いらないは別として、以前なら「ランドリーエクスプレスを通常料金で、スーツ1着プレスサービス無料、ウエルカムアメニティなど、あったと思ったのですが、どれもなくなったのかな?インターネットの無料接続は多分あると思いますが、特に案内なく・・・利用もしなかったので不明です。

まあ、「ラウンジフェチ」なPockieとしてはクラブラウンジの利用=クラブサービスに近いものがあり、あまり気にしておらず、新しい情報でなくてスミマセン。

前座はさておき、ラウンジの写真はたっぷり紹介しましょう。
エントランスです。カードキーをかざしてあけるスタイルです。以前は扉はあけたままで、お部屋番号をスタッフに告げるスタイルでした。
d0080998_21584918.jpg

d0080998_2159867.jpg

ラウンジは広々、眺めもよく相変わらず心地よいスペースです。
d0080998_21475914.jpg

d0080998_2148044.jpg

d0080998_2148224.jpg



アフタヌーンティの時間に初めて利用しました。ケーキは小ぶりなものが数種類、小ぢんまりでした。マカロン、チョコレートにちょっと特徴があるぐらいでしょうか。ひょっとして週末の混むときは種類が増えてるのかもしれませんね。
d0080998_220761.jpg

d0080998_21474716.jpg

d0080998_21475552.jpg

d0080998_21475653.jpg

ちなみにこのクッキーはミールサービス時間帯以外もずっと置かれています。コーヒーなどのプチフール的なものでしょうか。
d0080998_21474944.jpg


さて、少しだけ利用したカクテルアワーです。
丸い氷がありました!大好きなのでこれは感激です。
d0080998_21481542.jpg

d0080998_21481668.jpg

ミールは種類が多く、プレゼンテーションもきれいで、和洋中とあり、華やかにたっぷりです。おつまみで一つずつは小さいのですが、十分楽しめます。写真とりそびれましたが、お寿司がおいしくて好きです♪
d0080998_2148262.jpg

d0080998_21484465.jpg

ワインとシャンパン
d0080998_21483752.jpg

d0080998_21483551.jpg

日本酒コーナーがありました。外国人に好評なのでしょうか。
d0080998_21483930.jpg

この眺めが至福です。
d0080998_21484465.jpg


さて、朝食です。種類もそこそこ、野菜やチーズ、ハム、ヨーグルト、シリアル、パンなどの質がけっこういいと思います。温かいものはほとんどないので、それらを望む人はやっぱり下のビュッフェレストランですかね。
d0080998_21484753.jpg

d0080998_21551369.jpg

d0080998_2156550.jpg

このジュースがおもしろい!このフラスコのようないれものをとってきて、席でコップにいれていただきます。氷で溶けすぎなくていいです。
d0080998_21565717.jpg

サービスは変わらずきびきびとしたスタッフが気持ちよかったです。

おまけに、こちらの写真を。

More
[PR]

by totoro6008 | 2013-05-03 22:14 | ANAインターコンチネンタル東京  

ANAインターコンチネンタルH東京(1) - プレミア客室編

久々に泊まったANAインターコンチネンタルホテル東京、今回はプレミアとクラブサービスの紹介をしたいと思います。

調べてみたら2012年はまったく泊まっていませんでした^^。立ち寄りしていたので久々感がなかったのですが・・・なつかしいクラブラウンジにはいって、懐かしさが!

2013年より客室のカテゴリーとクラブサービスのシステムが変更となりました。そのあたりに触れながら写真での紹介です。

まずはお部屋です。
客室は、クラシック、エグゼクティブデラックス、プレミアという名称で3段階になりました。3段階は替わっていません・・・じゃあなにかって?以前は一番上のカテゴリー=クラブフロアで、クラブラウンジのアクセスやサービスがついていました。新たなカテゴリーは部屋の内装、設備やアメニティが違うほか、クラブラウンジへのアクセスやサービスは1部屋に10000円追加してつけてもらうものです(2名まで)。これは香港のICと同じシステムです。

お部屋は30Fのツインです。ホームページでの紹介はこちら。
http://www.anaintercontinental-tokyo.jp/room/premier.html
広さは32平米ほどで狭さは否めませんね。ベッドリネンの質やファブリック類が上質と思われます。
d0080998_20532329.jpg

d0080998_20532871.jpg


窓側のソファです。光がさして雰囲気よいですが、小さな部屋に頑張っていれた感否めず、小さめなので座りやすさは^^。オットマンが少し補ってくれるかな。
d0080998_2054283.jpg

d0080998_20532639.jpg


ミニバーエリアにお水2本、エスプレッソマシン、カップにお茶碗など充実しています。エスプレッソマシンはこのカテゴリーの特徴のようです(他の部屋を見てないので多分^^)。狭いテーブルにいろいろ並んでますね~。ちなみに下の引き出しにお湯を沸かすポットがいれてあります(写真なし)。
d0080998_2053342.jpg


クローゼットにはバスローブ、アイロンなどがはいっています。
d0080998_20533647.jpg

d0080998_20534014.jpg


バスルームはベッドとガラスで仕切られています。これで狭さを補おうとしていると思いますね。ブラインドがあるので、丸見えは防げます。一人ならブラインドあけると明るくなりますよね。
d0080998_20534659.jpg

d0080998_20534910.jpg

バスルームはバスタブとシャワールームがあり、実はバスタブとつながっています。狭さを補う工夫ですが、これは使い勝手もわりによくてなかなかだと思いますよ。となりのトイレは扉なしです。
d0080998_20535164.jpg

ブラインドをあげるとお部屋がこんな風に見えます。もう一点工夫はこのベイシン前のミラーです。正面にすると窓が隠れて暗くなる。というわけで右斜め前に鏡をいれているんですね。これは考えました!使い勝手はそれほど下がっていません。まあベイシン回りの狭さは否めませんが^^。
d0080998_20535625.jpg


お部屋にはゆかたとシャツ式のパジャマが両方あります。ゆかたはしっかりした生地にあでやかな花柄があって、外国人や女性が喜びそうな素敵なデザインです。大しかなかったので着て見たら私には大きすぎましたが、リクエストしたら小さいのがあったのかしら。パジャマはワッフル地のしっかりしたものでよいです。
d0080998_2054931.jpg

d0080998_21196100.jpg


というわけで、お部屋は以下に狭いスペースを快適にするかを工夫しているという感じでした。デザインもすっきりしていてセンスはよいと思いました。

おまけにルームサービスメニューでこんなのが!

More
[PR]

by totoro6008 | 2013-04-24 21:25 | ANAインターコンチネンタル東京