「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:風の森( 4 )

 

奥武雄温泉 風の森(4)番外編ー伊万里&有田で焼物♪

佐賀県奥武雄温泉「風の森」の紹介は終わりましたが、こちらにあわせて「伊万里&有田」での焼き物めぐりを紹介しましょう。

唐津の焼物を含めた市内巡りはこちらへ!

唐津を出た後は、ドライブでまず伊万里に向かいました。30分余りの近い距離です。向かったは「大河内窯」のエリアです。駐車場に車を置くと、まずはここからです。
d0080998_2210392.jpg

d0080998_2210196.jpg

古い街並みに所狭しと陶器店や窯が並んでいます。坂を散策しながら、気になる店にふらっとはいって、器を眺めて・・・。色鍋島に代表される、きれいな伊万里焼(有田焼)がメインで、迷いだしたらきりがないほどです。
d0080998_2210834.jpg

d0080998_22101513.jpg

途中で喫茶店にも寄りました。喫茶店の器もみな伊万里焼です。
d0080998_22102187.jpg

d0080998_22303075.jpg


数ある窯と店舗のなかで、2か所惹かれるお店に出会いました。
ひとつは青磁の「長春窯」というところ。色と手触りがすてきで、こちらのお茶碗と湯飲みを買いました。お店の方曰く、ここの山から採ってきた青磁原石からとったうわぐすりで、何度も塗り重ねている鍋島天然青磁の質感と色味が売りなのだそうです。ウンチクはともかく、色と手触りは間違いなくきれい。太陽にかざすと空けるような光を感じるのがとてもすばらしいです。
d0080998_22162814.jpg

この写真のなかの、左側にある3つです。(右後ろはちがう青磁です)
d0080998_22365228.jpg


もう一軒は、「光山窯」です。市川光山氏という色鍋島の作陶家で、非常にきれいな白磁に鮮やかな色の文様を描く方です。農家の軒先からふらっとはいって、畳の上のちゃぶ台に並べられた作品を見るような地味でひっそりとした店構えです。場所も通りから奥に入っていて、それほど人も来ません。じつは、こちらのお店は「洋々閣」でおすすめいただいたのであえて離れた店に寄ってみたのです。さすがおすすめだけあってすばらしい。思わず引き込まれました。
d0080998_2218832.jpg

d0080998_2216262.jpg

迷った挙句、こちらでは六角小皿を買いました。この中から、2枚選んだものです。
d0080998_2230364.jpg


午後には有田に移動し、定番名作陶家の「三右衛門」回りをしました。
まずは柿右衛門です。
きれいですが、とにかく芸術品な器に見とれるだけ・・・文字通り、柿色の色だしがすばらしい!まわりの建物も外から見学しました。器は写ってません^^。
d0080998_22192436.jpg


次に行く前に、柿右衛門近くのお店にふらっとよりました。「古裡庵」です。こちらでユニークな醤油皿を見つけて思わず衝動買い!お皿の半分が深く、半分が浅くなっているので、お醤油をちょこっとつけて使えるという健康志向向けの作品です。2枚だけ買ってきましたが、使い勝手がいいので、もっと買ってくればよかったと後悔!
d0080998_22193558.jpg


次は、源右衛門です。
こちらは青味中心のしっかりした文様が親しみやすいです。比較的手ごろな器や小物もたくさんあります。店内は焼物の壁飾りやスィッチ板など、焼き物の街らしく飾られています。ここでは、ランチョンマットのみを購入しました。
d0080998_22194313.jpg

d0080998_22194449.jpg

d0080998_22194969.jpg


最後は今右衛門です。こちらは14代今右衛門の花瓶など灰色の色使いがとてもきれいで、細かい絵柄とともに見とれました・・・はい「見とれる」お値段です^^。美術館もあり、第14代今右衛門までのさまざまな作品と作風をたっぷり堪能しました。
d0080998_2220198.jpg

このあと、まわりの店をふらっとまわり、いくつか手ごろな器を買いました。「緒方陶園」でゲットしました。
お気に入りは、この写真に左奥にあるマグカップです。きれいな赤い富士山で、底や中にも柄があるのです。ちなみに、真中にあるスプレーのようなものは、伊万里焼の化粧水ボトルです。これは大内山窯で衝動買い(笑)黄色いのは、唐津焼で中里太亀氏のものです。
d0080998_22522850.jpg


というわけで、唐津~伊万里~有田と、さまざまな窯、陶器店、美術館をめぐり、とても満足な焼物めぐりのたびでした。

やっぱり・・・
[PR]

by totoro6008 | 2013-03-04 23:06 | 風の森  

奥武雄温泉 風の森(3) - 食事編

佐賀県奥武雄温泉「風の森」、お食事の紹介です。

食事は、朝も夜も食事処になります。
こちらから個室の食事処にはいります。
d0080998_2329458.jpg

d0080998_2329570.jpg

お部屋はこんな感じです♪実はほかの部屋も雰囲気が皆違うようなんですね。
d0080998_23362468.jpg

メニューです。
d0080998_23413490.jpg

先付けは、ジャスミン梅のスパークリングと白身魚のみぞれ和え(魚の種類を失念^^)
d0080998_23293785.jpg

メニューにないのですが、野菜の炊きあわせです。味がちょっと薄めですかな。
d0080998_23293919.jpg

前菜は、4点盛りです。牡蠣の味噌だれ、サーモンのマリネ、エビのフリッター?、空豆の焼いたものです。
d0080998_23294732.jpg

お刺身の盛り合わせはかなりたっぷりと。白身が分厚めなので、もう少し薄く引いてもいいかなあ。
d0080998_23301047.jpg

心鉢 風の森、というこちらのスペシャリテ。
魚(タイだったかしら?)と豆腐、野菜をゆでたもので、みぞれ和えになっています。ちょっと味がしまらないですねぇ。
d0080998_23301292.jpg

サラダはしゃきっとしたサラダです。ドレッシングであっさりと。
d0080998_23303037.jpg

d0080998_23302747.jpg

佐賀牛のステーキです。面白いことに、塩の3種類以外に、醤油のムースが出てきて、こちらでもいただきます。ムースの食感はいいのですが、やっぱりステーキには塩がいいかな♪
d0080998_23304074.jpg

d0080998_2330426.jpg

河豚の唐揚げです。おなかいっぱいになってきました・・・
d0080998_23305364.jpg

お食事は、山菜ごはんと止め椀です。
d0080998_23331246.jpg

デザートは、チョコレートケーキのオレンジアイスです。アイデアとデザインは素敵ですが、ちょっとマッチングがうまくいってなかったような・・・
d0080998_23331524.jpg


さて、朝食です。朝食は9時、9時半、10時から選びます。9時にしました。
8時台を選べない・・・それはこの宿がゆっくりできるスタイルで、12時チェックアウトなんです。寝坊できるブランチに10時のお客様もけっこういました。
なんとお部屋が違いました。真向かいでなく、斜めに向かい合わせの形です。
d0080998_06682.jpg

焚きたてのお釜のご飯、湯豆腐など工夫しています。ただ、ホイル焼きにさわらともやし、ソーセージを一緒に入れてしまうのはいただけなかったですねぇ・・・居酒屋メニューみたいで。
d0080998_071621.jpg

d0080998_08203.jpg

d0080998_084570.jpg

d0080998_091424.jpg

デザートはプリンでした。
d0080998_0121148.jpg


総括すると・・・
[PR]

by totoro6008 | 2013-03-03 00:18 | 風の森  

奥武雄温泉 風の森(2) - ビラ編

佐賀県奥武雄温泉「風の森」、ビラの紹介です。

まずはビラの玄関をはいると、棟の椅子とランプのインテリアが目の前にはいります。
d0080998_2302911.jpg

d0080998_2303268.jpg

後ろに見えているのは・・・ビラのアウトドアーにある露天風呂です!バリの東屋のように、茅葺の屋根がいいですね。
d0080998_23151825.jpg

玄関を入って左側がリビングです。こちらにミニバーのところにシンクもついています。
d0080998_22592049.jpg

d0080998_2323952.jpg

d0080998_22592295.jpg


リビングの奥にはベッドです。どーんと大きいキングベッド、目の前もガラス張りでお風呂があり、昼間はとても明るいです。加湿器やちいさな個別ヒーターもついていて快適です。この板張りの床、全部床暖房なんです。はだしで気持ちよく歩けていいですね。
d0080998_23085.jpg

玄関の右側はバスルーム、水回りです。
まず、ベイシンエリアです。シングルベイシンですが、ゆったりして、窓もあるのでとても明るく気持ちがいいですね。
d0080998_2304176.jpg

d0080998_234272.jpg


その奥にトイレです。個室の方がいいですが・・・明るくて気持ちはいいんですけど^^
d0080998_2304393.jpg

その右側には檜の内風呂があります。
実はこちらも蛇口から、温泉が出てくるんです。タオルもふかふかたっぷりと!洗い場も内湯にあって便利です。
d0080998_2304650.jpg

d0080998_2305959.jpg

d0080998_2305683.jpg

d0080998_2312244.jpg

広いバルコニーのようなアウトドアにあるのが露天風呂です。ゆったりとした広さで二人でも回りに余裕です。しかも嬉野・武雄のとろとろのお湯 実はこの宿、大浴場がありません。部屋のお風呂で快適でないと、私の場合はかなりマイナスになりますが、このお風呂はOK!しかも体を洗い、まずあったまるのは内湯でOKです。
d0080998_23271516.jpg

お風呂はとろとろ湯でまったり・・・朝食前の朝の光ではいったお風呂です。竹林に囲まれ、すがすがしい空気です(ちょい、冬なので寒いですが^^)
d0080998_2334781.jpg

お風呂から見たお部屋です。
d0080998_2334172.jpg


お部屋はとにかく明るくてゆったり、プライバシー完ぺきで、お風呂もゆるり・・・すばらしいビラです。
しいて言えば、リビングは小さな窓なので光が少なくて、夜はおしゃれなライティングなんで、少し暗いってところでしょうか。夜に本を読むとかちょっとしづらかったかな。リビングのソファももうすこしふかふかだったら・・・って贅沢言い出したら切りはないですね~。

お風呂のショットをも少し!
[PR]

by totoro6008 | 2013-03-02 00:00 | 風の森  

奥武雄温泉 風の森(1) - 到着編

さて、次は佐賀県奥武雄温泉「風の森」です。唐津を出て焼き物の里、伊万里と有田を回りましたが、この紹介は後で。有田から車で20分程度、宿に到着したのは17時を回っていました。

補足をしますと、「風の森」というのは湯布院にもあるようで、同じ九州内で分かりづらいようです。こちら奥武雄温泉の「風の森」は、佐賀県が誇る古くからの温泉地である武雄温泉と嬉野温泉の間にあり、山奥の一軒宿です。とても広大な敷地で、ビラが点在する、まるでアジアンリゾートのような雰囲気です。

宿の選択は、もちろん有田と伊万里から近くて温泉にはいれること、ということで、本当は武雄か嬉野を検討していましたが、3連休のため、どこも予約が取れず、この宿はたまたま一部屋空きがあり、ラッキーなことに予約ができたものです。全室露天風呂付で部屋でゆっくりできるということで、焼物めぐりで疲れた体を休めるのにちょうどいいだろうと思い決めたものです。

まず宿のエントランスです。
d0080998_23171767.jpg


d0080998_23121957.jpg


エントランス棟は、受付やラウンジ、食事処のみです。
d0080998_2382928.jpg


ライブラリーとしてもあり、セルフでコーヒーなどがいただけるようになっています。
d0080998_2365281.jpg

d0080998_2365347.jpg

d0080998_2365818.jpg


ちなみに食事処にはこのような渡り廊下とデコレーションされたスペースを通っていきます。夜のライティングで、まさにバリのビラのような雰囲気ですね。
d0080998_2383359.jpg

d0080998_2383741.jpg


ビラへはこのゴルフカートのような乗り物で送迎いただきます。
d0080998_2351467.jpg

ビラに向かう道は、すごい急な坂をあがります。そのため、借りて自分で運転というのはかなり難しいと思いますよ。
d0080998_23111983.jpg

d0080998_23112634.jpg

さてビラにつきました。
d0080998_23112879.jpg


ビラ内の紹介はこの次に!
[PR]

by totoro6008 | 2013-02-27 23:18 | 風の森