「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:大丸温泉旅館( 3 )

 

大丸温泉旅館@那須湯元(3) - 食事編

那須湯元温泉の「大丸温泉旅館」、次は食事編のご紹介です♪

夕食を「八汐」という食事処でいただきます。半個室になっています。
d0080998_21135728.jpg


メニューです。
d0080998_20535059.jpg


まずは、食前酒のあんず酒をいただいたあと、前菜の小鉢です。
秋の味覚寄席 銀な 蓮穂 長いも萩まんじゅう 菊花あん 焼きさんまの酢味噌かけ
d0080998_20535543.jpg

次に、おつくりです。
八汐ます カンパチ ゆば 無理押していないお刺身ですね
d0080998_2054159.jpg

秋鮭のポテト焼き 少し洋風取り入れた感じ
d0080998_20532794.jpg

大丸温泉源泉しゃぶしゃぶ 辛みとさっぱりと2つの味です
d0080998_20543774.jpg

茄子ときのこのサラダ いい口直しな食感と味です
d0080998_2054596.jpg

揚げものは、鱧のアスパラ巻き うーん、ちょともったりしてるかな
d0080998_20545341.jpg

食事は、ご飯にがんもの旨煮、とお漬物、満月しんじょのお椀です
d0080998_20542245.jpg

まずまずのコースで、秘湯温泉の旅館としては頑張っていたと思いますよ。実は以前の食事が相当いただけない、という口コミをあちこちで見て、最近わりに改善したと聞いたので、なるほど、な~んて思いながら食べていました(笑)。

朝食です。同じ食事会場でいただきます。うれいしいのは、時間指定がないこと。確か7時半から9時まで幅があったようにお思います。時間が指定しないだけあって、工夫してますね。お魚を自分でやき、鉄板焼きの野菜をいただくスタイルです。温かい味噌汁とご飯をもってきて、あとはつくり置きてやつです。下手にお造りなんてはいってないから、これで十分です!
d0080998_20542917.jpg


ひとっ風呂あびて、10時にチェックアウトしました♪

チェックアウトのあと、ちょっと上の方にある駐車場でこの車で送ってくれました。坂がすごいので、荷物があるとちょっとうれいいかも!
d0080998_20544271.jpg


お湯とお風呂がすばらしく、改装した部屋も工夫改善した食事もがんばっていて、なかなか秘湯としてはいい感じでした。あの渋滞さえなければ、那須ですのでもっと気軽にいきたいところですが^^。

大丸温泉旅館の紹介、お付き合いありがとうございました♪

最後に!

More
[PR]

by totoro6008 | 2012-10-14 21:34 | 大丸温泉旅館  

大丸温泉旅館@那須湯元(2) - お風呂編

那須湯元温泉の「大丸温泉旅館」、次はメーンイベントのお風呂編です♪

お風呂は本館の1Fにあります。
脱衣所は、ふつ~の温泉宿って感じですね。
d0080998_21365374.jpg

d0080998_21365618.jpg

女湯の内湯「桜の湯」です。どばどばとすごいお湯を流しています。暑いお湯とぬるいものをミックスしているそうですが、どちらも源泉100%とのこと。少しぬるめの設定ではいりやすかったです。
d0080998_2137294.jpg

この内湯の扉から出ると、2つの女性専用露天風呂があります。
d0080998_21373527.jpg

手前は、「石楠花の湯」です。露天風呂ですが、完全に屋根があり、小ぢんまりとして、静かにゆっくり入る感じです。この写真は朝はいったときのもの。
d0080998_21453864.jpg

d0080998_2145576.jpg

その奥へは、階段であがります。裸で歩くので冬は寒そう!
d0080998_21375579.jpg

もうひとつの露天、「山ゆりの湯」です。ここはまさに川の上の方にある野天風呂なんです。こちらはチェックイン後にはいったときの写真です。
d0080998_21381055.jpg

そして、天気のよい翌朝は、朝日に輝いてこんなに素敵!女性は混浴に入りづらい方もいるので、こちらは人気のようです。本当に天国のような場所ですよ。お尻からお湯が沸いてきます!
d0080998_21453052.jpg


さて、メインの混浴です。「桜の湯」から扉をでると、まずは目隠しの階段から。
d0080998_21374642.jpg

どーんとこちらのお風呂「白樺の湯」です!川の中なんですよ。本当に川の中で大丈夫?って思いましたが、いいお湯なんです。お尻からお湯がわいてくるところは熱い!本当に天然温泉、源泉なんですね。この混浴は男女とも緑色のタオルで入るかたちとなっており、混浴覚悟で泊まる人が多いので、けっこう男女ともいらっしゃいました。
d0080998_21382115.jpg

d0080998_22124786.jpg

こちら側から上のお風呂に行きます。
d0080998_2138301.jpg

d0080998_21384574.jpg

本邦初公開!・・・って緑のタオルまいてますよん。一つ上の混浴「あじさいの湯」です。ここは細い部分にある湯船なのでこぢんまりです。
d0080998_22155049.jpg

d0080998_22415885.jpg

もうひとつ上の「あざみの湯」は写真がとれませんでした。ここは先ほどの女性専用露天の「山ゆりの湯」に似ていて、もう少し大きい湯船です。

もうひとつお風呂があります。貸切風呂の「相の湯」です。空いていればいつでもはいれる、無料の貸切です。脱衣所もお風呂も5人以上はいっても十分、小さな宿の大浴場なみです。お湯も惜しげもなく源泉かけ流しで・・・♪
d0080998_21383576.jpg

d0080998_2139391.jpg


夜の写真も少し♪女性用の露天風呂2つです。
d0080998_22331026.jpg

d0080998_22334147.jpg


女性はなんと、7つのお風呂にはいれてしまうのです。男性は、専用の内湯があるだけで女性用の露天のようなスペースはありませんから5つ。女性天国の温泉宿なんですよ。お風呂の人気がよくわかりました。

正直、写真でみるここのお風呂にあまり魅力を感じていませんでした。細長い川のお湯ぐらいに思っていたのですが、実際にはいってみて、迫力と明るさにびっくり!男性も女性も満足できますよ♪

温泉といえば。

More
[PR]

by totoro6008 | 2012-10-13 22:44 | 大丸温泉旅館  

大丸温泉旅館@那須湯元(1) - 到着&お部屋編

奥日光を後にして、ドライブで・・・・3時間かかりました^^。実際1時間半もあれば十分な距離ですが、なんせシルバーウィークの道路、観光地の那須エリアは道路はすごい!ご存知の方はわかると思いますが、那須塩原ICから降りるところは高速上で大渋滞、那須内もあちこち渋滞のメッカなんです。今回はETC専用の那須高原ICまで行って少し回り道をしたのですが・・・なんと、広谷地の交差点で1時間近い渋滞にハマりました^^。ここ、信号の造りが悪くて、交差する道に2か所あり、なかなか前に進まないのです。ああ、これだから那須のドライブは大変!

前置きはさておき、この渋滞を抜けて那須高原の奥の方へ走ると、有名な「鹿の湯」を通り過ぎ、那須湯元温泉郷にはいりました。ここの奥にあるのが、今回おじゃました「大丸温泉旅館」(おおまる、と読みます)です。シルバーウィークで急な予約、ネットで1部屋あきがあり、以前から気になっていた宿の一つだったので思い切ってぽちりました。
「日本秘湯を守る会」の会員宿、まさに秘湯な雰囲気を醸し出しています。
d0080998_23395826.jpg

d0080998_23395455.jpg

玄関はさりげなく小ぢんまり・・・
d0080998_2340728.jpg

中に入ると、なかなかこじゃれたラウンジがあるじゃないですか。ちょっとイメージしていた宿と違う感じ!もっとふる~い温泉宿かと^^。
d0080998_23432775.jpg

d0080998_23404827.jpg

d0080998_23405714.jpg

2時半頃に到着し、すぐにお部屋へ・・・。
見取り図はこちらです。
d0080998_23412250.jpg

私たちは、別館2F、504号室へ案内されました。
この鍵、いいんですよ。うれしいことに、2本あるでしょ。
d0080998_23463288.jpg

そして、磁石が付いいて、2本をこうやってくっつけることができます。使ってないときはこうしておくと、1本どっかいった!っていう心配なしですね♪宿の管理上も便利なのかも。ユニークな工夫ですね。
d0080998_23463015.jpg

踏込みがあります。
d0080998_23482768.jpg

お部屋は、古い8畳和室でこぢんまりですが、こざっぱりとしていていやな感じはありません。
d0080998_234922.jpg

ベランダ側は名物大露天風呂側です。子供が入っているときなど、かなり声が響いてきました(笑)。
d0080998_23483358.jpg

d0080998_2348582.jpg

冷蔵庫とお茶のセットは古い旅館タイプ。
d0080998_23491823.jpg

踏込みの奥に押入れがあり、タオルや浴衣のセットがありました。この引き出しに、浴衣が各サイズ格納されています。最近お約束なたびソックスもありますよ。最近部屋にいろんなサイズをあらかじめセットしてしまう宿が増えてますね。これも人件費削減の一環かな。写真の下にある布団は、なんと昼寝用!到着早々ゴロンとしたいときに便利なんですよ。お布団引くほどでもないときなんかいいですよね。
d0080998_23492183.jpg

洗面所はかな~り狭いです!。。。が、化粧品から、コットン、くしブラシ類まで、けっこうアメニティは充実しています。ここが狭いのが8畳の部屋タイプみたいで、ほかは10畳以上や二間続きなどあって洗面スペースもゆとりがあります(あとからのぞきました^^)。ここが一番下の部屋のようですが、全然問題ないです。お値段も1万円台ですしね。
d0080998_23492891.jpg

お風呂も温泉風呂らしいですが、このユニットバスに入ろうとは・・・(笑)
d0080998_2357958.jpg


おまけな写真♪

More
[PR]

by totoro6008 | 2012-10-11 00:03 | 大丸温泉旅館