「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:シンガポール:カペラ( 5 )

 

2012夏休みアジアリゾート(19)-シンガポール セントーサ&グルメ編

シンガポールのカペラ、番外編としてセントーサでのおでかけとグルメを紹介しま~す。

セントーサはなんといってもアミューズメント満載な島です!この2-3年その充実度といったら半端じゃありません。リゾートワールド・セントーサには、ユニーバーサルスタジオやカジノ、水族館、グルメなレストランストリートなど飽きることを知らないセッティングを用意して、世界中の観光客の集客に余念がありません。

私もセントーサには10年以上前に行ったきりで、すっかり浦島太郎。今回はこちらに行くことも旅の目的のひとつでした。

リゾートワールド内は無料シャトルバスがたくさん走っていて、こちらをフル活用しました。カペラ・ホテルからは下の道路にでて、数分歩けばシャトルバスの停留所があります。下の道路までは、ホテルのカートが送ってくれて便利でした。帰りは暑くて疲れたのでタクシー乗っちゃいましたが^^;

まずは、アトラクションです。
ユニバーサルスタジオには行かず、こちらに行きました。
高いところが苦手なはずの私なのに、ロープウエーなんかのっちゃったから、結局ほとんど景色を見ていないというばかなことを(笑)。ルージュで降りる方は子供たちに人気です。
d0080998_0373196.jpg

d0080998_0393235.jpg


イメージオブシンガポールというシンガポール歴史博物館では、歴史を蝋人形で見せてくれます。
d0080998_0383361.jpg

d0080998_0374439.jpg

d0080998_0382244.jpg

d0080998_0382487.jpg


そして、もちろん、シンガポールといえばマーライオン塔もね♪
d0080998_0384099.jpg


シロソ砦は暑かった~。ほとんど外を歩くんで^^。まさに熱中症になりそうでしたわ。景色はいいんですけど。
d0080998_0384629.jpg

d0080998_0384440.jpg


一旦ホテルに引き揚げて、シャワーとお着替えして、夜にフェスティブウォークとレストランに行きました。
お食事は・・・今回のメインイベント「ジョエル・ロブションレストラン」です!清水の舞台から飛び降りるようにこちらを選びました。もともと旅全体のメーンイベントな食事でもありましたし。
d0080998_045892.jpg


ホテルマイケル内にあります。実はホテルの外側のエントランスなので、見つけるのに苦労しました^^。
d0080998_044030.jpg


エレガントな内装です。早い時間だったので私たちだけの時間が1時間ぐらいありましたよ。なので遠慮なく写真撮らせていただきました^^。
d0080998_0463251.jpg


まずは、イベリコ豚の生ハムを目の前で切ってもらってシャンパンと。うーんおいしい!
d0080998_046431.jpg


そして、パンはこんなにすごいワゴンでやってきます!これは日本のロブションでも同じらしいと後から聞きました。ばっちりイケメンフランス人のサービスでこれもわくわく♪あまりに種類多すぎて、パンを選ぶのにとても苦労しましたね。バターもリッチにクリーミー。
d0080998_0462514.jpg

アミューズはリコッタチーズとプチトマトを使ったものだったかな。酸味がさっぱりとしながら食欲をそそります。
d0080998_0502923.jpg


前菜は選ぶのがたいへん!全部たべた~いって感じでした。
トマトのサラダがこんな芸術に!とろけるおいしさでした。
Salad of tomato, basil infused olive oil, tomato gelée topped with mozzarella
d0080998_051525.jpg

ロックロブスターとウニを使った逸品。こちらも繊細です。
Duo of rock lobster and sea urchin, lard d’Arnad with spicy flavours
d0080998_0551436.jpg

ラングスティーヌのラビオリにキャベツの甘味がマイルドに引きたてあい。。。
Truffled langoustine ravioli with chopped cabbage
d0080998_144450.jpg


こちらの名物、マッシュドポテトです。とろけるような甘みでするっとはいりますが、これでおなかいっぱいになっていしまう!
d0080998_10225.jpg

ラムチョップです。バジルをきかせて臭みなく、春巻きのようなサイドディッシュがついています。
Lamb in a Mediterranean vegetable torta, granited cannelloni flavored with tandoori,
sauteed chop with thyme
d0080998_112361.jpg


2人でいろいろいただいたので、どちらがどれを食べたか・・・順番もぐちゃぐちゃで、実はまだ写真がいっぱいあるのですが、説明不能^^。ケータイ写真でぶれているものも多く、せっかくのグランメゾンなのにすみません。プティフールもワゴンだったのですが、これは食べきれず^^。もったいない!
d0080998_0591155.jpg

d0080998_152316.jpg

d0080998_154437.jpg


ワインはほとんど飲めない・・・けど少しずつ楽しむために、グラスワインのハーフを用意してくださいました。これで3種類ぐらい楽しめたかも。サービスも雰囲気もお食事もとっても満足でした・・・。

ひとつ、気になったことといえば、客層です^^。
短パンにサンダルや、ちとやくざっぽいおっさんが若いねーちゃん連れてきたり、まともなエレガントカップルなどがいなかったんですよ。うーん、ドレスコードもマナーもあったもんじゃない人でも断れないつらさなのかなあ。

さて、食後にはそとでアトラクション!

More
[PR]

by totoro6008 | 2012-09-22 01:16 | シンガポール:カペラ  

2012夏休みアジアリゾート(18)-カペラ・シンガポール ラウンジ&スパ編

シンガポールのカペラ、次はティーラウンジとスパの紹介です。

前にも書きましたが、このホテルはバトラーシステムで、手厚いもてなしを旨としているようです。このバトラー役のスタッフがティーラウンジにいます。いわゆるホテルのクラブラウンジに相当する場所なんですね。

ここのティーラウンジはちょっとユニークです。
飲食のサービスはシンプルで、おもに「空間」と「サービス」の提供がメインとなっています。

エレガントなロビーの横の階段から2Fにあがります。
d0080998_22135137.jpg

d0080998_221354100.jpg

ラウンジ内はソファと、テーブルのスペースがこんな風にあります。こちらはライブラリーですね。
d0080998_2214554.jpg

飲み物はセルフサービスがメインです。コーヒー、紅茶のみです。アフタヌーンティータイムのみ、追加で冷たいドリンクが置かれています。ただこれらのサービスは部屋でも同じようにコンプリであるので、それほど魅力ではないんですね。
d0080998_2214727.jpg

d0080998_22141171.jpg

常時クッキー類とフルーツは置かれています。リッチなバター味などでなかなかおいしかったですよ。これにアフタヌーンティタイムにフィンガーフードのサンドウィッチやプチケーキ、チョコレートが出ますが、種類はかなり限られています。
d0080998_2214135.jpg

夕方のカクテルタイムも、こんなシンプルなポートワインとシェリー酒だけです。チョコレートぐらいでたっけなあ?
d0080998_2215892.jpg

そして、前回の日記に紹介したように、朝食はレストランのビュッフェで、こちらではサービスはありません。通常通り飲み物とクッキーやフルーツだけは置かれていますが。

いわゆるホテルのクラブラウンジを予想すると、肩透かしをくらっちゃいます(苦笑)
質のよさげなゲストは、ライブラリーでクッキーとお茶をいただきながら、本を読んだり、PC(iPAD)を使っていたりして、静かに過ごしていました。がつがつ来る人がいないのでいい雰囲気です。

以前はここでもかなりミールを出していたような紹介を、過去の宿泊者体験記で見ましたが、その後かわっているのかもしれませんね。

問題はサービスのほうです。
バトラー様たちはデスクにいるんですが、対応にむらがありますねぇ。担当制をとっているはずなのに、その人が不在のときも引き継ぎはなく、最初から説明とか確認に時間がかかるとかで、バトラー制を「過度に」期待してはいけません(笑)。きちっと伝えれば真摯に調べてくれる人もいるので、「普通」に期待しましょう♪

次には、スパです。AURIGA SPAとよばれるこのホテル内のスパは地下のようになっている1Fにあります。Forbesなど2010から毎年各種スパ関連で受賞しており、評判のようです。
この外壁の廊下が印象的です。魚たちが泳いでいるかのようなオブジェが!
d0080998_22284012.jpg

スパの入り口ソファでカウンセリングや質問票の記入を行います。
d0080998_22284973.jpg

ロッカーのカギを渡され、ロッカールームに案内されます。
d0080998_22303672.jpg

d0080998_22303480.jpg

廊下もカーブしてます。ロッカー、トイレ、シャワー室などが並びます。
d0080998_22302356.jpg

早めに行って、ジャグジーとサウナを利用するのがお勧めです。丸いストーンはホットストーンになっていて、の上に寝転がって温めます。奥はミストサウナです。
d0080998_22302559.jpg

d0080998_22302130.jpg

d0080998_2231059.jpg

ジャグジーエリアを使い終わったら、このラウンジにはいって、施術を待ちます。
d0080998_22355260.jpg

施術室はカップル用です。
d0080998_2236377.jpg

d0080998_22365982.jpg

オーガニック系のオリジナルアメニティや化粧品を提供しており、これらを使った施術が売りです。MOON MENUが充実しており、月の満ち欠けをイメージしたシグネチャートリートメントです。私たちは二人で別々のメニューを選びましたが、同じ部屋での施術もOKです。ゆったりとした部屋で雰囲気はとてもいいし、スタッフも丁寧で親切です。私はリンパを流すWaxingMoonをチョイスしたのですが、皮膚の上で軽い刺激しか与えないものでしたので物足りず、途中からしっかり流すスェーディッシュ系のものに変更してもらいました。気持よく切り替えていただき、嬉しかったですね。
施術が終わると、こちらの部屋でフルーツとお茶、ゆるやかな振動を与えられるリラックスソファのスペースです。
d0080998_22413715.jpg

d0080998_2242381.jpg


ウエルネス施設としてついでに・・・

More
[PR]

by totoro6008 | 2012-09-20 22:57 | シンガポール:カペラ  

2012夏休みアジアリゾート(17)-カペラ・シンガポール プール&レストラン編

シンガポールのカペラ、次はプールとレストランの紹介です。
(だんだん書くの飽きて&忘れてしまいそうなので、ピッチ上げよ~!)

このホテルのプールは3段に分かれています。

一番上の段はレストランの横です。みられているので、近いから便利という人がメインの利用ですかね。それでも、混雑してることが多かったです。
d0080998_22575975.jpg

d0080998_22564117.jpg

次のプールは一番広い、家族向けですね。大家族がここに陣取って一番うるさかったかも!
d0080998_22551133.jpg

d0080998_2258144.jpg

階段を下りていくと・・・
d0080998_22565423.jpg

下のプールはラッププールです。デッキチェアが2つしかないので、カップル向けです♪うちは1回だけ利用したかな。この写真はほかの人が使っていたときでした。
d0080998_22565218.jpg


プールの周りはうっそうと茂るガーデンとなっており・・・けっこう蚊にやられました(笑)
d0080998_22565773.jpg

d0080998_23293971.jpg


一番上のプール横は、THE KNOLLS という地中海料理とカフェのレストランです。
d0080998_23122859.jpg


ここで朝食のビュッフェが供されます。ディスプレイはとてもおしゃれで、種類も豊富、どれを食べようかとてもそそられます。パンやバターがおいしく、コールドカットがおいしかったですね。それこそ朝シャンがほしかったほど(笑)。
d0080998_22555884.jpg

d0080998_2256472.jpg

d0080998_22561860.jpg

d0080998_2256218.jpg


何せレストラン内は寒い!朝食はプール横のアウトサイドテラスが素敵です。こんな風に水辺、緑、ピープルウォッチングなど楽しめましたよ♪
d0080998_22561152.jpg

d0080998_22574086.jpg

そしてこんなお客様も!
d0080998_22574614.jpg

そうなんです…孔雀がうろうろしています。セッティングのお皿やグラスをいたずらするので、レストランのスタッフが一生懸命追い返そうとしてましたが、敵もさる者・・・向うを向いたふりして、またこっちにすり寄ってきたり・・・なかなかおもしろかったですわ。

レストランといえば、ここでは中華のTHE CASSIAがメインダイニングです。スタイリッシュなインテリアで、中華というより普通のフレンチやカフェの感じです。セッティングも大人数用は個室風になっており、通常の席はカップルボックスのような形をしていたりして、少人数客向けでいいですね。写真とらなかったので、こちらでどうぞ。
http://www.capellahotels.com/singapore/cassia-,dining_viewItem_20-en.html

料理はコースでいただきました。ヌーベルシノワって感じで、素材、食感、味の変化など楽しませてもらいました。薬膳風のメニューもあり、サービスもきっちりしていてよいと思います。すみません、食べたものの説明が
もう不可能になり・・・^^ 見るからにフレンチなどのコースの見栄えを意識してますよね。量も抑えていて。(ちなみにこれは2人のメニューを混ぜてアップしてます^^)
アミューズです。
d0080998_23172447.jpg

前菜は3品盛り合わせで。。
d0080998_23175436.jpg

このスープは薬膳でした。袋茸とかふかひれとかはいってたかな
d0080998_23183882.jpg

牛肉と野菜の炒め物
d0080998_2319491.jpg

豚の三枚肉に青菜系だったような。。。
d0080998_23192739.jpg

ちなみに、これがチャーハンですよ。上にのっているのが帆立でした。さすがにこれはびっくりでした!
d0080998_23195368.jpg

このデザートだって、まるでフレンチでしょ♪真中なんだっけ?まわりはマンゴソースです。
d0080998_23201321.jpg


BOB'S BARはプールの1段上にあって、こちらはヒップな外来のお客様が多いとみられ・・・かなり客層がいろいろ・・・でした。「俺の女だぜ~」みたいなおにーちゃんが、彼女とソファに寝そべってたりしてね。
すべて、円のカーブを描いたデザインであることは例外ではありません。
d0080998_23214771.jpg

d0080998_23233495.jpg


言い訳すると・・・

More
[PR]

by totoro6008 | 2012-09-18 23:37 | シンガポール:カペラ  

2012夏休みアジアリゾート(16)-カペラ・シンガポール 客室編

シンガポールのカペラの紹介は、客室になります。

前回の顛末の結果、ようやく到着して3時間以上たって案内のお部屋「コンステレーションルーム」に移動しました。まずは写真のラインナップを!

77平米の客室は、通常のガーデンスィートと同じで、ベッドと窓側のカウチソファ、デスクが配置されています。
d0080998_2127344.jpg

d0080998_21275860.jpg

d0080998_21285462.jpg

コーヒーマシーンは高級クラスのホテルには最近お約束ですね。ワイングラスやポットなどカトラリー類はとても充実しています。写真がありませんが、冷蔵庫の飲み物はコンプリメンタリーで、コーラやスプライト、オレンジジュース、ガスいりのお水などがはいっていました。ちなみに、うちはコーラ、スプライト類を飲まないので、オレンジジュースに全部変えていただきました。こういうこともリクエストで可能なんですね。
d0080998_21285561.jpg

d0080998_2129065.jpg

ガーデンルームと大きく違うのがバスルームです。お風呂は窓にせり出す眺め、その並びにダブルシンクのパウダーコーナーがあり、窓が近いのでとても明るいです。その並びがトイレ、その奥がシャワールーム、とけっこう使いやすいですね。タオルもふんだんにあり、水回りはとても快適です。やたら大きいガーデンスィートのトイレよりコンパクトなこちらのほうが(笑)一つ・・・アメニティのシャンプー類はちょっと髪がぎしぎし・・・これはあいませんでしたね(どこのバスアメニティだったか?すみません、持って帰ってこなかったので失念!)。前のホテルで使っていたロクシタンをこのホテルでも利用していました。
d0080998_21362358.jpg

d0080998_228458.jpg

d0080998_21291799.jpg

d0080998_21291056.jpg

アメニティのこのポーチがなかなか素敵♪
持ち帰って利用してます。
d0080998_21361174.jpg

クローゼットも大きいので、たっぷりはいりますよ。
d0080998_21431312.jpg


バルコニーは40平米ぐらいはあるでしょうか。ジャグジーにチェア2つとテーブル、そして大きなダブルサイズのデイベッドです。
d0080998_22548100.jpg

d0080998_21292272.jpg

天井はオープンエアなので、雨や太陽は容赦なく来てしまいます^^。天気によってはバルコニーがあまり使えないことも。私たちはラッキーなことに、雨が降らなかったのでけっこう重宝しました。
d0080998_21292475.jpg

このデイベッドがから眺める景色がとってもいいですよ。実はタナメラではなく、シンガポールの内海側なのですが、けっこう森、ビル、クレーン車の建設中建物などあるんですが、これがけっこう遠景に面白いんです。
d0080998_21283559.jpg

d0080998_21294957.jpg


さて、ちょいとおまけな愚痴を・・・

More
[PR]

by totoro6008 | 2012-09-17 21:59 | シンガポール:カペラ  

2012夏休みアジアリゾート(15)-カペラ・シンガポール 到着

コタキナバルからシルクエア便で2時間余り、シンガポールに到着しました。

荷物もイミグレもばっちりスムース、ホテルへはタクシーで向かいました。まだ14時台なので、明るい早い時間にホテルに到着です♪セントーサ島にある「カペラシンガポール」です。写真で何度もみたこの建物、英国タナメラ港駐留軍時代の建物を利用したそうです。
d0080998_2119531.jpg

d0080998_2119572.jpg

エントランスとロビーは本当に小ぢんまりとしています。私たちの到着は土曜日の午後で、日本同様、週末だけ泊まる地元の人もたくさん来るので、かなり混雑していました。小ぢんまりが狭い感じに・・・。
d0080998_21201188.jpg

ウェルカムドリンクのアイスピーチティをいただきます。セルフでこちらでいつでもいただけます。
d0080998_21202652.jpg


チェックインはこのロビーで行うようです。このホテルはバトラーシステムをとっているので、お部屋でかとおもった・・・。最初に担当者から案内がありました。

「ご滞在中担当させていただきます●●と申します。何なりとお申し付けくださいませ。」

「リーディングホテル・オブ・ザ・ワールドの会員様ですので、アップグレードのコンステレーションルームをご用意いたしました。少々お待ちください。」


お、ネットでみたジャグジーバルコニー付きの部屋だ!わくわく・・・
ところが、この案内後、実は30分以上待たされ・・・。
次のご案内は・・・

「実はご案内のアップブレードのお部屋はご準備ができておりませんで、数時間ほどかかります。2階のプレミアルームでしたらすぐにご用意できますが、いかがされますか?」

うーん、そんなに待たされるの?でも、お話だけでは見たことのない部屋の判断はできません。比較したくて、私たちはお願いしました。

「では部屋が用意できていなくてもいいですから、そのコンステレーションルームとプレミアルームを先に見せていただけますでしょうか?」
「プレミアルームは案内できますが、コンステレーションルームはまだ用意できてなくて・・・もごもご」

と切れの悪い回答。最初はまだ前のお客様がチェックアウトしてないのかなと思ったら、そうじゃなくて、ジャグジーの水入れ替えやら点検などでかなり時間がかかるというのです。とにかく、掃除前でもいいから・・・といってようやく見せてもらえるようになったのは、また数十分待ってから。

とにかく、まずは用意できている2Fのプレミアルームに案内されました。77平米と聞いていたので十分に広くて書いてきそうな部屋です。海側ですが、低層なので木々で遮られあまり遠くは見えません。
d0080998_21351499.jpg

ベッドは大きくゆったり。
d0080998_21354977.jpg

このベッドの後ろ側にダブルシンクのベイシンがあります。
d0080998_21351975.jpg

ベッドの横にあるバスルームはバルコニーに向かって外が眺められます。
d0080998_21352528.jpg

バルコニー側からみるとこんな感じ。幅が狭いながらもバルコニーには、椅子やテーブル、デイベッドもセッティングされています。
d0080998_21352862.jpg

びっくりしたのは広いトイレ。広さだけならともかく、扉がめっちゃ大きい!このスーツケースのサイズと扉のサイズを比べていただくとわかるように(笑)(スーツケースは機内持ち込みで一番大きいサイズです)
d0080998_2135568.jpg

d0080998_21355861.jpg

うーん、まあ悪くないかな・・・

その後見学Okがでた5Fのコンステレーションルームへ行きました。
うわ~広い、バルコニーが!そして眺めが!海は見えませんが、街と森が見えてこれも悪くないです。お風呂はガラス越しにすぐに絶景。こちらで文句なく決定です♪(ちなみにこの写真は部屋に案内されてからのきれになったもの)
d0080998_21422042.jpg

d0080998_21424733.jpg

d0080998_21424987.jpg

というわけで、私たちは、館内ぷらぷらして、このコンステレーションルームの用意ができるのを待つことにしました。館内のお散歩してますので、用意ができたら荷物を移して案内してほしいとお願いしておきました。

それでは、ぷらぷらしてみたガーデンや建物を少し先に紹介しましょう。
建物はドーナツ型になっており、中庭を抜けて向かい側の建物やレストランに移動するような形となります。廊下なども本当にレトロな建物の佇まいを感じさせます。
d0080998_2147432.jpg

d0080998_21462856.jpg

丸くカーブした建物は、旦那曰く「まるで仙寿庵だ~」と(笑)どっちが先かね?
d0080998_21464448.jpg

d0080998_21471672.jpg

バーのあるエリアです。
d0080998_21561643.jpg

お部屋へ行く廊下も皆このカーブです。
d0080998_21481326.jpg


というわけで、コンステレーションルームの本格的な紹介はこの次に!

[PR]

by totoro6008 | 2012-09-13 22:04 | シンガポール:カペラ