カテゴリ:万葉亭( 2 )

 

御宿 万葉亭(2)-貸切露天とお食事

貸切風呂のご紹介をしましょう。
1時間(実際には40分)の無料貸切露天風呂があります。正確にはオープンエアなだけで、露天とはいわないかも^^。チェックイン後にあいてる時間に順次予約をお願いする形です。私たちは4時の予約をとりました。

大浴場の横に出口があります。「和合の湯」という名前がついています。
d0080998_227642.jpg


ここからは着物に履き替えてこの石畳を行くと・・・
d0080998_2265764.jpg

和合の湯の小屋があり、この中にはいります。
d0080998_2271441.jpg


大小の桶型の湯船が2つ、小屋の中にあり、片側がオープンエアで、お庭の緑を見ます。お庭といってもかなり迫っているので、あまり解放感はありませんが。お湯がちょっと熱い目なので、けっこうお水を足しながらはいりました。プライベートな時間を過ごすにはよいですね。
d0080998_226466.jpg

d0080998_2264968.jpg


お水を足しながらだったのでちょっと忙しいというのもあったし、湯船が小さいので、やっぱりあの大浴場内にある露天風呂が一番よかったかな!

さてお食事です。
夕食は夜19時からにしました。お部屋でいただきます。
サービスしてくださったお部屋係の方は若い人でしたが、なかなかきちっとしていて気さくさもあり、いい感じでしたよ。

会席風の料理を数品ずつまとめて出してくださる形です。
最初はこれだけセッティングされました。

岩魚のお造りはおいしかったです!珍味に出たにしん山椒漬は福島県の名物ですが、こちらのを食べて、向瀧のがいかにおいしいかというのが分かりました。ちょっとにしんの臭みが抜け切れてなかったというか・・・
d0080998_2273039.jpg


先付けの 長いもの羊羹。緑鮮やかに食感もよかったです。
d0080998_2273848.jpg

白いも茎 シイタケ 阿蘭陀独活 楚蟹 白酢 ・・・これ、白和えを別にして、食べるときにいっしょにあえて口にいれるんです。少し酢を効かせた白和え、ゴマの風味もあって、これがなかなかおいしかったです。
d0080998_2274026.jpg

前菜の 梅甘煮 ソラマメ 玉ねぎ薄衣揚げ みょうが寿司 彩済みきゅうりと陸蓮根もろみ 朝どり赤ナス 連田楽
うーむなんだかわからない名前もありますが、きれいに見た目も仕立てています。まずまずのできってところかな。
d0080998_2273299.jpg

次はこの三品。
おしのぎの冷やしそば高遠風(豆乳の出汁)
夏野菜の冷やし鉢 冬瓜 南京 蓮根 白茸 青芽 旨ゼリーかけ
ヤマメの唐揚げ 野菜庵 人参 白絞め時 甘唐辛子 梅肉 山椒

冷やしそばがユニークで豆乳出汁でけっこうおいしかったです。 山女魚の唐揚げはさっぱりといただけ、野菜あんかけとの相性もよかったです。添えてある梅肉をつけていただくとおいしかった!
d0080998_2275661.jpg


最後のご飯に味噌汁の食事は写真をとりそこねました。最初からあったしゃぶしゃぶをご飯でいただきました。
d0080998_228376.jpg


窓の外はライトアップで、こんな感じに木々が照らされていました。なかなかいい雰囲気ですよ。
d0080998_228770.jpg


朝食は、大広間で、お膳にセットされます。温泉白かゆとご飯が両方出されます。名物のこづゆも出ましたね。かなり盛りだくさんに並びました。お味はまずまずといったところでしょうか。お魚は自分で干物を焼くスタイルなのでアツアツです。
d0080998_2281522.jpg


この宿は、やはりお湯です。それも森林浴の眺めと木のぬくもりに、こっくりと体に効く酸性泉にはいり、何度も湯あみする楽しみですよね♪このお湯のためにまた行きたい宿です。

しつこいですが、またこの写真を!

More
[PR]

by totoro6008 | 2012-07-21 22:40 | 万葉亭  

御宿 万葉亭(1)-お部屋とすばらしい温泉

皆さま、こんにちは。
7月3連休にまたまた福島県に行ってきました。今回の初めて訪れる宿は中の沢温泉「御宿 万葉亭」です。前回日帰りで中の沢温泉に立ち寄り、お湯の濃厚さがとても気に入り、以前から気になっていたこのお宿に泊まることにしました。今回は帰ってきてすぐの紹介でほやほや写真ですよ~♪

そうそう、ここは「日本秘湯を守る会」の会員宿でもあります。
d0080998_2249798.jpg


お宿に到着!建物と入口がとてもすてきな佇まいです。
d0080998_22462223.jpg

ゆったりしたラウンジでチェックインです。
d0080998_22465739.jpg


お部屋は10畳のすっきりとした和室です。
d0080998_2247524.jpg

この窓側の緑がとっても目に染みいります。ここでくつろぐと、いい感じです。
d0080998_22475488.jpg


さて、すばらしいお湯、お風呂・・・これを紹介しなくては!
d0080998_2251510.jpg


入口のスリッパ入れがあります。お部屋番号のところにいれるので、ほかの人に間違ってはいていかれることがなくて気持ちいい対応ですね。
d0080998_22493998.jpg


脱衣所はこんな感じ。
d0080998_22494336.jpg

d0080998_22504448.jpg

女性用は衝立のあるこの化粧スペースがあっていいですね。
d0080998_2305256.jpg


さて肝心のお風呂です!
扉を開き中に入ると、まず内湯の大浴場です。木のぬくもりと緑の森林を窓から眺めてとても気持ちいいです。温泉の泉質は、源泉は70度の酸性泉なのですが、お湯がもまれて柔らかくなっており、40度台まで下げています。ぴりぴりしなくてお肌にやさしいのではいりやすいです。でもちゃんと舐めると酸っぱい!酸性です、やっぱり!
内湯はけっこうお湯が熱めのことが多かったので、どちらかというと露天風呂をメインに利用しました。
d0080998_2372976.jpg

d0080998_22515885.jpg

d0080998_22514653.jpg

d0080998_22515031.jpg

d0080998_2252259.jpg


内湯の右側から出ると、露天風呂です。森林浴しながらの雰囲気、お湯ともにすばらしい!詳細の説明不要です。
外の空気に触れながら、半身浴と全身浴を繰り返し、何度も湯あみしました。満室のようでしたが、それほど多くの人と会って混み合うことなく、ゆっくり利用できました。
d0080998_22533797.jpg

d0080998_2315411.jpg

d0080998_22534224.jpg

d0080998_2256956.jpg

d0080998_22563390.jpg


夜もライトアップでよい雰囲気です。
d0080998_2257261.jpg


ついでに・・・

More
[PR]

by totoro6008 | 2012-07-16 23:10 | 万葉亭