「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:妙見石原荘( 4 )

 

2015GWの旅(18)- 妙見石原荘-4 - お食事編

2015年GWの旅、妙見温泉「妙見石原荘」の紹介、お食事です。

食事は、夕食、朝食ともにレストラン「石蔵」に移動します。「蔵」の建物は別棟ですが、地下でつながっており、本館からはいることができます。

d0080998_23334070.jpg
d0080998_23391451.jpg
d0080998_23395970.jpg


まずは夕食です。
こちらがメニューです。

d0080998_23335021.jpg


飲み物がかなり充実しています。
メニューの写真を撮りました。

d0080998_23340511.jpg
d0080998_23340577.jpg


一献の濁り酒が食前酒にでます。竹筒で注いでいただきました。
写真撮り損ねて、飲んじゃったあとです^^。

d0080998_23343673.jpg
d0080998_23344389.jpg


そのあと日本酒を2種類いただきました。
ひとつは佐賀の鍋島だったのですが、もう一つはなんだったかしら?九州はどうしても焼酎中心ですから、日本酒というとやはり福岡か佐賀になってしまいますね。鹿児島県のお宿に行ったのに、焼酎呑まないなんてね。。。
器とプレゼンテーションがセンス良くでてきますね。

d0080998_23344716.jpg
d0080998_23372782.jpg


そら豆のすり流し 雲丹の煮凝りです。
春らしい香り、おいしかったですよ。

d0080998_23345357.jpg
d0080998_23345355.jpg


前菜の盛り込みです。
5月なのでちまき寿司、よもぎ、稚アユなどあり、季節感があふれます。どれもきちっとした丁寧なつくりですね。中央に2名分もりこまれ、取り皿でいただきます。取り皿も楽しいデザインです。


d0080998_23353965.jpg
d0080998_23360316.jpg
d0080998_23361085.jpg
d0080998_23361569.jpg



お造りです。おいしかったです。
旅館料理のお造りは、鮮度以外に差別化はななか難しいところですね。

d0080998_23364941.jpg
d0080998_23365302.jpg


椀の物は、タケノコ真薯です。
これはふわっとした香りと食感がおいしい!焼麩もいい。
真薯のできが宿の腕だったりしますね。

d0080998_23371805.jpg
d0080998_23371816.jpg


甘鯛のからすみ粉焼です。
からすみの香りを楽しむ焼き魚ですね。こごみを添えて、春らしい息吹を感じます。

d0080998_23374060.jpg


トマトの薄甘煮です。
思わず、あさばのトマトを思い出しましたね。
素材に自信のある一品です。

d0080998_23374073.jpg


若竹煮を鯛の子と炊き合わせています。

d0080998_23375134.jpg


鹿児島黒牛のステーキです。
風味、軟らかさ、うまみともに申し分ないです。和の流れを邪魔しない、ほんの少しがいい^^。

d0080998_23380282.jpg


最後のお食事は、干し貝柱の炊き込みご飯です。土鍋であつあつ、旨みがギュッと!
新玉ねぎのすり流しがお椀替わりです。

d0080998_23382162.jpg
d0080998_23382107.jpg
d0080998_22253462.jpg


デザートはアイス最中と果物です。
最後までしっかりいただけました。おいしかったです。

d0080998_23382722.jpg


翌朝の朝食です。
席が移って違うテーブルです。気分がかわりますね。

炊き立てのご飯が迎えてくれます。

d0080998_23392394.jpg

おかずも素材も手抜きはありません。
全体に量は多めです。手作り豆腐を出す宿って多いのですが、ここは湯葉すくいの形になっています。私はこの方が好きですが、量がちょっと多いかも。

d0080998_23392842.jpg
d0080998_23395004.jpg
d0080998_23395045.jpg
d0080998_23395034.jpg
d0080998_23395038.jpg
d0080998_23395008.jpg

旅館料理としては大変秀逸です。どれも凝った演出ともに、空間、食材など楽しむことができました。演出ばかりの宿だとがっかりですが、味もちゃんとついてきていましたよ。渓流を臨む窓側の席だったことも、眺めフェチなPockieのツボにはまったかもしれませんね。

以上、妙見石原荘の紹介でした。

全般にとてもよい宿です。
お風呂が満足、狭い部屋と思っていたところが意外に広めだったのが高評価の原因でもあるのですが、九州でいただく料理のおいしい宿いうものよかったですね。問題は「価格」です。まあ、GWの特別料金だったので、ちょっと高すぎたですね。今度行くときは通常料金の時に限りますね(笑)あとは、やはり渓流を眺めて部屋露天のある石蔵の部屋がよさげです。価格抑えめの時なら泊まれるかな。




More
[PR]

by totoro6008 | 2015-06-23 21:00 | 妙見石原荘  

2015GWの旅(17)- 妙見石原荘-3 - お風呂編

2015年GWの旅、妙見温泉「妙見石原荘」の紹介、充実のお風呂です。

お湯は、霧島火山帯の火山ガスの成分からなる「妙見温泉」、炭酸泉で、ナトリウムも含み、自噴源泉かけ流し100%のとてもよい湯質です。パブリックスペースに男女別大浴場と露天風呂、貸切露天2つ、そして混浴の野天風呂があります。

まず、お風呂エリアは本館から一度出て湯殿エリアに行きます。
天気の悪い時はちょっと大変かもしれませんね。廊下に飲泉用の薬泉があります。


d0080998_21504164.jpg
d0080998_21504963.jpg
d0080998_21582936.jpg
d0080998_21512624.jpg


廊下の向こうは湯上りラウンジです。とてもおしゃれなラウンジスペースで、セットされた冷たい水のサーバーエリアは、夜などさながらバーです。朝にはコーヒーもあります。

森林に囲まれ、くつろぐ場所ですが、満室にもかかわらず、あまり人にあったことがありません。本当にとても静かでした。皆どこにいるのでしょう??お部屋で団らんしているのかしら?

d0080998_21513217.jpg
d0080998_21514468.jpg
d0080998_21514578.jpg
d0080998_21515287.jpg
d0080998_21515962.jpg
d0080998_21530483.jpg
d0080998_21531052.jpg
d0080998_21583507.jpg


まずは、チェックインの時に最初に予約した「睦の湯」に行きました。
ラウンジの横の階段を降ります。

d0080998_21532247.jpg
d0080998_21532839.jpg
d0080998_21535476.jpg


「睦の湯」につきました。こちらは有料で50分1000円です。
となりに無料の露天があるので、有料のせいかあまり予約が入っていないようです。
はいるとすぐに脱衣スペースと簡単なかけ湯の洗い場があります。タオルはたっぷり準備されています。オープンエアですね。冬はちょっと寒いかもしれません。

d0080998_21540363.jpg
d0080998_21540907.jpg
d0080998_21561467.jpg


壁の向こう側に行くと・・・・
茶褐色のお湯がちらっと見えます。
半円の形をした露天風呂です。ユニークですね。炭酸泉のガスがとても強く、もう汗が出るほど温まりが早いお湯です。

d0080998_21542338.jpg
d0080998_21560595.jpg


ここの醍醐味はこちらです!
半円の川側はインフィニティ露天!
緑、空、渓流、日差し・・・すばらしい露天風呂です。これが1000円なら価値あると思いますよ。

ひたすらお湯と眺めを楽しむ場所です。脱衣所のところに椅子がありますので、お湯からでて休憩はそちらで。

d0080998_21545092.jpg
d0080998_21545077.jpg
d0080998_21545005.jpg
d0080998_21545129.jpg
d0080998_21561419.jpg


ちなみに、この露天の手前に無料でいつでもはいれる「七味の湯」があります。最初覗いたときはこっちでもよかったな、と思ったのですが、ダイナミックさと、眺め、ユニークな体験では断然違います。お風呂好きの方はぜひ「睦実の湯」もどうぞ。

d0080998_21533285.jpg

d0080998_21534604.jpg


さて、大浴場です。
こちらは本当に人が少ないようです。軽く1回洗う以外はみな露天か部屋風呂なんでしょうか。夜と朝に行きました。注ぎ口がユニークな口の形で思わず笑っちゃいましたね。アメニティ充実の快適なお風呂です。やはり朝日の時間がいいですよ。

d0080998_22190217.jpg

d0080998_22000356.jpg

d0080998_22185304.jpg
d0080998_22185346.jpg
d0080998_22185239.jpg
d0080998_22185292.jpg
d0080998_21593855.jpg
d0080998_21593842.jpg


次は、メインイベントのお風呂「椋の木や天風呂」です。
宿のHPやいろんなブログの紹介などで見ていたこのお風呂、ここに入りたくて来たようなものです!

d0080998_21562318.jpg


大浴場の棟を出てさらに奥に行きます。

d0080998_21562343.jpg
d0080998_21573488.jpg
d0080998_21572741.jpg

林の中に脱衣所がありました。
この写真は下のお風呂から見た脱衣所です。
左の幕のようなものが上下の目隠しになっているようです。

d0080998_21565136.jpg


うわ~、すごい迫力です。川にそのまま入るお風呂のようです。大自然丸ごと体で感じられます。休憩するおしゃれなチェアもありますね。ただ、お向かいの川などから見えるので女性の方が嫌がる人もあり、結構勇気がいります。ちなみにこのお風呂はバスタオル巻いてOKです。なので私ははいっちゃいました^^。

お天気にも恵まれ、ダイナミックな野天風呂を惜しみなく楽しむことができましたよ。お風呂好きにはたまりませんね。

d0080998_21562314.jpg
d0080998_21564419.jpg
d0080998_21565816.jpg

d0080998_21564421.jpg
d0080998_21585821.jpg
d0080998_21585871.jpg

さて、つぎはお食事の紹介です。


[PR]

by totoro6008 | 2015-06-20 23:00 | 妙見石原荘  

2015GWの旅(16)- 妙見石原荘-2 - 客室編

2015年GWの旅、妙見温泉「妙見石原荘」の紹介、客室です。

今回はGW中ということで、本館の「山側」の一間+団らんスペースタイプしかとれませんでした。GW中は広い部屋は3名以上だけらしいです。石蔵はいいらしいですが予約もとれず、已む得ずそうなりました。

客室は本館2Fの「千草」です。エレベータで上がってすぐ横の部屋になりsます。

d0080998_23064679.jpg
d0080998_23080499.jpg
d0080998_23080502.jpg

8畳が標準ですが、「広めをご用意しました」ということで10畳のお部屋でした。


どれだけ狭いのかな・・・と心配して入ってみると・・・。踏み込み、廊下、床の間、クローゼットテレビのスペース、キチネット、化粧スペースなどあり、思ったよりとても広くて逆に驚きました。

d0080998_23083100.jpg


10畳の本間です。廊下の左手になります。
床の間、テレビスペースが広めに感じさせます。

d0080998_23073522.jpg
d0080998_23073545.jpg
d0080998_23070696.jpg

談話室といわれる場所には、4.5畳程度の広さでしょうか、ゆとりのソファと大き目なテーブル、その後ろ側にシンクもある水屋、冷蔵庫、デスク兼化粧スペースなどがあります。

d0080998_23070688.jpg
d0080998_23070697.jpg

d0080998_23072429.jpg
d0080998_23084348.jpg
d0080998_23072468.jpg



窓からの眺めは、エントランスにはいる前の道路です。木々があるのでそれほど道路は気になりませんが、川側ではないので、やはりどうしても開放感と風情には欠けます。


d0080998_23070676.jpg
d0080998_23074352.jpg


クローゼットも別スペース、浴衣やタオル、籠、アメニティ類がセットされています。

d0080998_23072433.jpg
d0080998_23072591.jpg
d0080998_23080476.jpg
d0080998_23080598.jpg


水回りは入口廊下から右側、本間の反対側です。
細長いベイシンスペースはダブルシンク、その奥に脱衣所もあります。奥にはバスルームがあり、バスタブ、シャワースペースが洗い場になっているタイプです。トイレは男女用スペースがあってユニークですが、衝立隔てて両方あるので、二人が同時に入れるわけではありませんね(笑)。


d0080998_23075449.jpg
d0080998_23075460.jpg
d0080998_23075481.jpg
d0080998_23075406.jpg
d0080998_23075482.jpg


全体として、やや暗さは否めませんでしたが、広さは十分ありました。窓側に申し訳程度の縁側スペースにソファ&テーブルが置かれている1間タイプとは違い、二間タイプといっても過言ではないゆとりです。廊下と広い水回りもそう感じさせるのだと思います。

さて、次はパブリックスペースのお風呂の紹介です。

[PR]

by totoro6008 | 2015-06-15 21:00 | 妙見石原荘  

2015GWの旅(15)- 妙見石原荘-1 - 霧島観光&宿到着

2015年GWの旅、熊本を後にして向かったのは、えびのから霧島方面です。ところが、天気が悪く、えびの高原にはいったら、霧がかかっていてもやもや真っ白!「キリシマ」ですか^^

ということで、もう完全にスルーして、霧島へ向かいました。

d0080998_22495933.jpg
次に向かったのは、霧島神宮です。
そうしたら、鳥居の前で車がずらっと・・・そうなんです。駐車場まで長蛇の列でした。GWですねぇ、やっぱり。30分ほど並んでなんとか駐車場スペースを確保することができました。


d0080998_22504304.jpg
d0080998_22505961.jpg


つつじがきれいな季節、緑も鮮やかに、雨上がりの木々のにおいをかぎながら境内を歩きました。

d0080998_22512033.jpg
d0080998_22512020.jpg
d0080998_22512057.jpg


でもねぇ・・・こちらも、お参りに人・ひと・ヒト・・・並ぶのは萎えて、横から眺めてましたよ。

d0080998_22522418.jpg
d0080998_22523277.jpg
d0080998_22525979.jpg

おみくじだけ引いてきました。
「幸福みくじ」200円なり。
無事「吉」が出ました~!

d0080998_22524746.jpg
d0080998_22524790.jpg
d0080998_22521296.jpg


さて、お疲れです。
温泉はいりた~い!
どんよりの中、宿に向かいました。

d0080998_22531472.jpg


到着したのは妙見温泉「妙見石原荘」です。お泊りとグルメに詳しい方がお褒めの宿で、行ってみようということになりました。もともと雑誌等でここの渓流沿いの野天風呂にはいりたくて、「行きたいリスト」のひとつでした。

坂を下りて本館の建物があります。両方の坂にきれいにスタッフが駐車してくれるのですが、すごい立地ですね。

d0080998_22562187.jpg
d0080998_22562150.jpg
d0080998_22562112.jpg

エントランスです。
昔からある宿なのですが、温泉宿のイメージとは違ったスマートなデザインです。入口にはっぴきたおじさんや着物の女性がお出迎えに来る感じを想像していましたので^^。

d0080998_22542099.jpg
d0080998_22542814.jpg
d0080998_22551722.jpg


ロビーでお茶と柏餅をいただきました。そうですね、翌日がお節句の日だったのね。

d0080998_22545275.jpg

ロビーからは渓谷が見えます。
d0080998_22550261.jpg

対岸、お向かいは、よく引き合いに出されるお宿「忘れの里 雅叙苑」です。まったく雰囲気が違いますね。

d0080998_22560181.jpg

本館のとなりには、石蔵の建物があり、こちらは露天風呂付きオールスィートです。今回は本館しかとれませんでした。

d0080998_22562107.jpg

お部屋に案内されます。
お部屋の紹介は次に。


[PR]

by totoro6008 | 2015-06-13 18:00 | 妙見石原荘