2015GWの旅(16)- 妙見石原荘-2 - 客室編

2015年GWの旅、妙見温泉「妙見石原荘」の紹介、客室です。

今回はGW中ということで、本館の「山側」の一間+団らんスペースタイプしかとれませんでした。GW中は広い部屋は3名以上だけらしいです。石蔵はいいらしいですが予約もとれず、已む得ずそうなりました。

客室は本館2Fの「千草」です。エレベータで上がってすぐ横の部屋になりsます。

d0080998_23064679.jpg
d0080998_23080499.jpg
d0080998_23080502.jpg

8畳が標準ですが、「広めをご用意しました」ということで10畳のお部屋でした。


どれだけ狭いのかな・・・と心配して入ってみると・・・。踏み込み、廊下、床の間、クローゼットテレビのスペース、キチネット、化粧スペースなどあり、思ったよりとても広くて逆に驚きました。

d0080998_23083100.jpg


10畳の本間です。廊下の左手になります。
床の間、テレビスペースが広めに感じさせます。

d0080998_23073522.jpg
d0080998_23073545.jpg
d0080998_23070696.jpg

談話室といわれる場所には、4.5畳程度の広さでしょうか、ゆとりのソファと大き目なテーブル、その後ろ側にシンクもある水屋、冷蔵庫、デスク兼化粧スペースなどがあります。

d0080998_23070688.jpg
d0080998_23070697.jpg

d0080998_23072429.jpg
d0080998_23084348.jpg
d0080998_23072468.jpg



窓からの眺めは、エントランスにはいる前の道路です。木々があるのでそれほど道路は気になりませんが、川側ではないので、やはりどうしても開放感と風情には欠けます。


d0080998_23070676.jpg
d0080998_23074352.jpg


クローゼットも別スペース、浴衣やタオル、籠、アメニティ類がセットされています。

d0080998_23072433.jpg
d0080998_23072591.jpg
d0080998_23080476.jpg
d0080998_23080598.jpg


水回りは入口廊下から右側、本間の反対側です。
細長いベイシンスペースはダブルシンク、その奥に脱衣所もあります。奥にはバスルームがあり、バスタブ、シャワースペースが洗い場になっているタイプです。トイレは男女用スペースがあってユニークですが、衝立隔てて両方あるので、二人が同時に入れるわけではありませんね(笑)。


d0080998_23075449.jpg
d0080998_23075460.jpg
d0080998_23075481.jpg
d0080998_23075406.jpg
d0080998_23075482.jpg


全体として、やや暗さは否めませんでしたが、広さは十分ありました。窓側に申し訳程度の縁側スペースにソファ&テーブルが置かれている1間タイプとは違い、二間タイプといっても過言ではないゆとりです。廊下と広い水回りもそう感じさせるのだと思います。

さて、次はパブリックスペースのお風呂の紹介です。

[PR]

by totoro6008 | 2015-06-15 21:00 | 妙見石原荘  

<< ぼちぼち引っ越しを・・・ 2015GWの旅(15)- 妙... >>