お宿 花かんざし(2) - 客室編

福島県岳温泉「お宿 花かんざし」、次は客室の紹介です。

案内されたのは1Fの露天ぶろ付きの客室「片栗」です。
d0080998_2343062.jpg

この部屋、はいるといきなりどーんと壁!...どうも昔の和室ふた部屋を改装でつないだらしく、この壁は改築できなかった模様です。ちょっとびっくりです^^。
d0080998_2343351.jpg

お部屋のカギは2つあり、便利です♪
d0080998_2343980.jpg

まず右側の部屋が座卓と座イスの8畳和室です。床の間あたりのつくりが少し古風で、そのまま雰囲気の残しています。障子の職人技がわかる部分も活かしていますね。テレビの右奥にわかりますか?
d0080998_2345021.jpg

d0080998_2345243.jpg

アメニティはクローゼットの中にセッティングされています。
d0080998_2352198.jpg


縁側が広くて、ここにゆったりしたリクライニングのソファがあります。
d0080998_2345856.jpg

となりの和室に行くには、この縁側からはいって・・・
こちらにも大きなソファです。奥には元茶室のつくりが残され、食器やお茶類をセッティングした水やの役割をしています。写真が見えませんが、手前には冷蔵庫もありますよ。
d0080998_235710.jpg

となりの和室も8畳です。こちらはテーブルとチェアで食事用のダイニングになっています。
d0080998_2351057.jpg

d0080998_2351274.jpg

リビング側の縁側に洗面スペースがあります。
d0080998_2353041.jpg

ダイニング側の前にトイレです。昔のつくりの和室に無理やりトイレをつけ足したようなレイアウトですね。よこの障子の丸窓がいい感じですよ。(トイレが丸見えなのは撮影用にあけただけで普段は閉まってますよ)
d0080998_235395.jpg

洗面前には脱衣場があります。ここから部屋露天に出るのです。
d0080998_2353284.jpg

といっても、縁側のガラス戸も普通にではいりできます・・・はい、どこからでもお風呂にざブーンです♪お風呂をお互いに入っているのが見えるのはちょっと、という方には恥ずかしいかもしれませんね。気にならない方にはとてもゆったりお風呂にはいれます。
d0080998_23242465.jpg

どど~ん!この大きなお風呂!大人4人以上ゆうにはいれる、パブリックバスなみの露天風呂を部屋に着けてしまったのです、このお宿♪環境を考えてか、お風呂はすっぽり屋根に覆われています。ですので、雨でも雪でもOKですよ。この屋根の隙間から上をみると隣の宿の2Fが見えます。これは目隠しの役割もあるのでしょうね。眺めがよくなかった部屋を工夫してこのようなレイアウトにしたものと思われます。
d0080998_2354360.jpg

お風呂からみたお部屋の縁側です。
d0080998_2355620.jpg

朝の雪がしっかり振ったあとのお風呂です。
d0080998_2372599.jpg

露天スペースにシャワーとカランがあります。冬はちょっと寒くて使いづらいですね。私は体を洗うのとシャンプーは大浴場に行きました。
d0080998_23225569.jpg


では次は大浴場と他のパブリックスペースの紹介です♪

もうひとつ



こんなきれいな欄間がありました♪
d0080998_23271139.jpg

[PR]

by totoro6008 | 2013-01-30 23:28 | 花かんざし  

<< お宿 花かんざし(3) - パ... お宿 花かんざし(1) - 到着編 >>